アブバカル・カマラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アブバカル・カマラ Football pictogram.svg
Aboubakar Kamara, Fulham FC.jpg
フラムFCでのカマラ(2017年)
名前
本名 アブバカル・カマラ
Aboubakar Kamara
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
モーリタニアの旗 モーリタニア
生年月日 (1995-03-07) 1995年3月7日(24歳)
出身地 ゴネス
身長 177cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 フラムFC
ポジション FW
背番号 47
利き足 右足
ユース
モナコの旗 ASモナコ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2015 モナコの旗 ASモナコ B 26 (15)
2014-2015 モナコの旗 ASモナコ 2 (0)
2015-2016 ベルギーの旗 KVコルトレイク 12 (0)
2016-2017 フランスの旗 アミアンSC 46 (15)
2017- イングランドの旗 フラムFC 45 (10)
2019 トルコの旗 イェニ・マラティヤスポル (loan) 10 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月30日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アブバカル・カマラAboubakar Kamara , 1995年3月7日 - )は、フランスヴァル・ドワーズ県ゴネス出身のプロサッカー選手フラムFCに所属している。ポジションはFW

来歴[編集]

2013年にASモナコのBチームでプロデビューし、翌2014年にトップチームデビュー。しかしトップリーグ1年目の2014-15シーズンは2試合の出場で終了。

2015年7月、ベルギージュピラー・プロ・リーグに移籍。2016-17シーズンはリーグ・ドゥアミアンSCでプレーし、45試合15ゴールを記録。チームのリーグ・アン昇格に貢献。

2017年7月31日、イングランドフラムFCと4年契約を締結[1]。加入1年目の2017-18シーズンは2部リーグで32得点7ゴールを記録し、2013-14シーズン以来のプレミアリーグ復帰に貢献した。

2018年12月30日のハダースフィールド・タウンFC戦、前半終了間際にPKを獲得した際、PKを蹴る予定だったアレクサンダル・ミトロヴィッチと激しく口論となり、PKを強奪したものの、結局は失敗。試合の方は、皮肉にもミトロヴィッチが試合終了間際にゴールを決め、1-0で勝利したものの、試合後クラウディオ・ラニエリは激怒[2][3]。以降カマラは無期限の活動禁止処分が下された。しかし、2019年1月21日、今度はフラムのチーム施設に釈明の為に訪れた際にチームスタッフを暴行した疑いで逮捕され[4][5]、後に釈放されたものの、1月31日にシーズン終了までのローン移籍の形でイェニ・マラティヤスポルに放出された[6]

脚注[編集]

  1. ^ Kamara Signs”. Fulham F.C. (2017年7月31日). 2018年6月26日閲覧。
  2. ^ 7試合ぶり勝利も喜び半減?「殺したいと思ったほど」ラニエリがA・カマラの造反に激怒” (2018年12月30日). 2019年2月2日閲覧。
  3. ^ 「彼はリスペクトを欠いた」とラニエリ監督激怒 フランス人FWを批判した理由とは?” (2018年12月31日). 2019年2月2日閲覧。
  4. ^ ミトロヴィッチと喧嘩したフラムFWカマラ、今度はスタッフ暴行で逮捕”. Qoly.jp (2019年1月24日). 2019年2月2日閲覧。
  5. ^ フルアムのFWカマラが傷害容疑で逮捕…昨年末には同僚とPKめぐり口論”. サッカーキング (2019年1月24日). 2019年2月2日閲覧。
  6. ^ Lazar Markovic: Fulham sign winger from Liverpool as Aboubakar Kamara departs”. BBC.com (2019年1月31日). 2019年2月2日閲覧。