アプサラス (ガンダムシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 > ジオン公国の機動兵器 > アプサラス (ガンダムシリーズ)

アプサラス (Apsaras) は、「ガンダムシリーズ」のうち、1996年から1999年にかけて発売されたOVA機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する架空の兵器。有人操縦式の大型機動兵器「モビルアーマー (MA)」のひとつ。

作中の軍事勢力のひとつであるジオン公国軍の試作機で、技術少将のギニアス・サハリンが開発責任者を、ギニアスの妹で本作のヒロインであるアイナ・サハリンがテスト・パイロットを務める。巨体でありながら重力下での浮遊能力をもち、機体中央の大口径ビーム砲「メガ粒子砲」と、その上部に配置されているモビルスーツ(MS)ザクIIの頭部が特徴。アニメでは仕様の異なる3機が登場するが、コミカライズ版ではそれ以前の試作機であるアプサラス0が登場する(後述)。

メカニック・デザインカトキハジメ(アプサラス0を除く)。

概要[編集]

ジオン公国公王デギン・ソド・ザビによって裁可され[1]、ジオン本国の名家出身であるギニアス・サハリン技術少将が開発を主導する。

ジオン公国に不利な戦況を覆すべく、地上基地からミノフスキークラフトをもちいて、敵の防空圏外である成層圏まで上昇し、地球連邦軍総本部ジャブロー上空に降下、強力なメガ粒子砲で奇襲攻撃を仕掛けるという、ギニアスの妄想とも解釈できる壮大な計画であった[2]

このことは地球連邦軍も、中破したアプサラスIIを回収してそのデータをもとにしたシミュレーションの結果から把握しており、もしこれが実行された場合、地球連邦軍は宇宙や地球上では止めることができず、ジャブローは火の海になるであろうという結論が出される。

アプサラスI、アプサラスII[編集]

テスト・パイロットはギニアスの妹であるアイナ・サハリン。半球状の胴体の上部にザクIIの頭部を設置している。中央にメガ粒子砲口、前後4箇所に降着脚が収納され、球体下部にひと回り小さい半球部分がある。1号機の「アプサラスI」はおもにミノフスキークラフトの実験機で、その後、メガ粒子砲を取り付けた2号機を「アプサラスII」と呼ぶ。

アプサラスIは非武装の機体で、機体中央のメガ粒子砲用スペースに赤いカバーがかけられている。やむをえず戦闘をおこなう際には、ミノフスキークラフトの出力を瞬間的に上げ、その際に生じる衝撃波を攻撃手段とする。

劇中での活躍
アプサラスIは第4話に登場する。護衛のドップ2機とともに試験飛行中、シロー・アマダの指揮する第08MS小隊と遭遇。テストパイロットのアイナは、被弾したノリス大佐のドップを掩護すべく戦闘に介入。ミノフスキークラフトの衝撃波攻撃で08小隊を圧倒するが、陸戦型ガンダムビーム・サーベルと100ミリマシンガンの攻撃で損傷する。
アプサラスIIは第6話に登場する。テスト飛行中、08小隊の仕掛けた罠に落ちる。メガ粒子砲の威力で罠をうちやぶるが、シローの操縦する陸戦型ガンダムに取り付かれ、至近距離からのバルカン砲の斉射で推進器系が暴走、陸戦型ガンダムとともに雪山へ墜落し、機密保持のため自爆処分される。

目次へ移動する

アプサラスIII[編集]

アプサラスの完成型。パイロットは引き続きアイナが務め、ギニアス本人も後部座席に同乗する。戦局の悪化、および実験機であるアプサラスIIが失われたせいもあり、完成時期が遅れ正式な量産は認可されない。

先行の2機に搭載されたジェネレーターは、ミノフスキークラフトを安定稼働させるためには出力が不足しており、さらにアプサラスIIIではミノフスキー・クラフトを2基装備させる予定であったため、より多量の電力を供給するためにリック・ドム3機分のジェネレーターを搭載している[3]

横長の巨大な楕円型の機体に、下部には球状のミノフスキークラフトが左右に2基、中心に実験機と同じようにメガ粒子砲と、その上部にザクIIの頭部がある。通常は浮遊して移動するが、位置を固定する際には球状の構造物を途中に付けた、細長い足のような降着脚を2本、補助として後方にもう1本伸ばし、先端を接地させる。

なお、機体下部にブースター・ユニットを装着し、成層圏まで上昇させる「パーフェクトアプサラス」という案も存在していた。また、アプサラスIIIを構成するモジュールには、ALI AladdinIV、AMD-K6+、BSD、Cyrix6x86MX、DirectX SDKなどの名称が付けられている[4]

劇中での活躍
ギニアス率いる部隊がアプサラス開発に用いた極秘工場の所在が地球連邦軍側に発覚。基地防衛のためグフフライトタイプ2機を護衛に伴い山頂から飛び立つ。メガ粒子砲の一斉射で、基地周辺に展開していた連邦軍部隊をなぎ払い、周辺の山ひとつを吹き飛ばす。しかしこの攻撃はジオン側(アイナ)が申し込んだ休戦協定をギニアスが独断で破っておこなったものであり、ひそかに連邦軍が展開させていたジム・スナイパーの即座の報復攻撃により降着脚とミノフスキークラフトを撃ち抜かれて航行不能となる。その後、ジム・スナイパーを撃墜。最大出力でメガ粒子砲を発射して、後方にいた本隊のビッグ・トレーを粉砕しようする。しかし発射する直前にシローとアイナが乗るガンダムEz8に頭部下のコックピットを叩きつぶされて撃破され、その瞬間に放ったメガ粒子砲の一撃でビッグ・トレーを山ごと消滅させる。

目次へ移動する

アプサラス0[編集]

漫画『機動戦士ガンダム第08MS小隊 U.C.0079+α』に登場。

大気圏突入時のデータ収集機。胴体の上部にザクIIの上半身(デザインはアニメ版のMS-06RD-4 宇宙用高機動試験型ザクと同一)があり、胴体下部にミノフスキークラフトを搭載した半球部分がある。ザクIIの上半身部分はミノフスキークラフトのトラブルがあっても運用データを回収するための脱出装置として機能する。

劇中での活躍
アニメ原作における宇宙用高機動試験型ザクに近い役回りとなっている。HLVで大気圏離脱後に再突入しデータ収集する予定だったが、連邦軍のコバイユ部隊と遭遇しミノフスキークラフトを損傷したため、再突入できないままザクIIの上半身部分で脱出。コバイユ部隊のジムやシロー・アマダのボールと交戦するが、大破し爆砕する。

目次へ移動する

脚注[編集]

  1. ^ 『第08MS小隊』第4話。パーティー中のギニアスの発言より。
  2. ^ 小説版では、ギニアスの最終目標をジャブロー攻略ではなく「メガ粒子砲の拡散射撃」としている。ギニアスは少年時代に大量の宇宙放射線を被曝し、病身となった。この時ギニアスの網膜に宇宙放射線が「光のシャワー」として焼きつき、ギニアスはこの光景を現実空間に再現するために、拡散メガ粒子砲のプラットフォームとしてアプサラスを開発したという。ジャブロー攻撃計画は、予算と資材を確保するための方便であった。
  3. ^ 機動戦士ガンダム第08MS小隊WEB、「MS-ジオン軍編-アプサラスIII」
  4. ^ ギニアスの背後に写るディスプレイには、ALI Aladdin IV+、AMD-K6 3D+、BSD/863(BSD/386をもじったもの)、Cyrix 6x86MXDDC-1、DDC-2AB、DirectX SDK、Enhanced 46D4、Fast ATA-2、GMSK、?PIB(恐らくGPIB)などが表示されている。

関連項目[編集]