アプレミラスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アプレミラスト
Apremilast Structural Formula V1.svg
Apremilast molecule ball.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
発音 ə-PRE-mi-last
販売名 オテズラ, Otezla
Drugs.com entry
MedlinePlus a614022
ライセンス EMA:リンクUS FDA:リンク
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 経口
薬物動態データ
生物学的利用能 73%;[1] Tmax = 約 2.5 時間
血漿タンパク結合 約68%[1]
代謝 肝臓 (CYP3A4, 一部CYP2A6, CYP1A2)[1]
代謝物質 O-デスメチルアプレミラスト・グルクロン酸[2]
半減期 6–9 時間 [1]
排泄 尿中 (58%), 糞中 (39%)[1]
識別
CAS番号
608141-41-9
ATCコード L04AA32 (WHO)
PubChem CID: 11561674
DrugBank DB05676
ChemSpider 9736448
UNII UP7QBP99PN
KEGG D08860
ChEBI CHEBI:78540
ChEMBL CHEMBL514800
別名 CC10004
化学的データ
化学式 C22H24N2O7S
分子量 460.500 g/mol
テンプレートを表示

アプレミラスト (Apremilast, 製品名 オテズラ, Otezla)は 尋常性乾癬 および乾癬性関節炎の治療薬。免疫系関連の炎症性疾患での有用性が期待されている。ホスホジエステラーゼ4 (PDE4)の選択的阻害作用と、関節リウマチ滑膜細胞からのTNF-αの生成を抑制する[3]。経口で投与される。

医療[編集]

アプレミラストは米国 食品医薬品局 から2014年に成人の活動性乾癬性関節炎および重症尋常性乾癬に対し承認を受けた[4][5]。アプレミラストは メトトレキサートと同様に経口投与される。[6]

禁忌[編集]

日本、欧州では、この薬は妊婦には禁忌である。マウスサルを用いた高用量アプレミラスト投与で流産や他の妊娠異常が観察されているからである[2]。米国では、利益がリスクを上回る場合投与とされている。[7]

副作用[編集]

一般にみられる軽症から中等症の副作用は、頭痛、腰痛、吐き気、下痢、疲労、上気道感染症である。[8]

その他の副作用:

  • うつ病: うつ病が悪化し、希死念慮や気分の変化が発生する可能性がある。[9]
  • 体重減少 : 臨床研究では、5-10%の体重減少が、10%の患者でみられた。(プラセボ群では3.3%)

相互作用[編集]

シトクロムP450 酵素を強く誘導する薬剤と併用すると、アプレミラストの効果が減弱する。シトクロムP450酵素を誘導するリファンピシン( rifampicin)、フェノバルビタール( phenobarbital)、carbamazepineは、フェニトイン、セイヨウオトギリソウは併用が推奨されない。[10]

薬理学[編集]

作用機序[編集]

アプレミラストは 低分子のPDE4阻害剤である[11]。PDE4は環状アデノシン一リン酸二ナトリウム (cAMP)を分解する酵素である。炎症性細胞では、PDE4が主要な酵素である。細胞内でのcAMPを増加させることにより、炎症因子である腫瘍壊死因子α (TNFa)、インターロイキン17、インターロイキン23などを抑制し、抗炎症作用のあるインターロイキン10は促進させる。これらの作用はまだ明らかではない。

薬物動態[編集]

アプレミラストは消化管(73%)良好に吸収され、食事の影響を受けない。最高血漿濃度は摂取後2.5時間である。 プラズマのタンパク質の結合 は68%であった。 肝臓で代謝される。主に CYP3A4であるが、一部 CYP1A2、 CYP2A6でも代謝される。 主要代謝産物O-デスメチルアプレミラスト グルクロニドである。

半減期は6-9時間である。 腎臓(58%)と糞(39%)経由で、、主に代謝物として排泄される。 3%は未代謝のままで、多くが尿へ、7%だけが糞中へ排泄される。

化学[編集]

アプレミラストはフタルイミド 誘導体である。 白色~淡黄色で、非吸湿性 である。粉末は、広い範囲の pH で、水や緩衝液に溶解しない。脂溶性 溶媒であるアセトンアセトニトリル、ブタノン(butanone)、ジクロロメタンテトラヒドロフランには溶解する。[12]

セルジーン社は 結晶形態7つのA、B、C、D、E、F、G農地、結晶Bが無水状態では熱力学的に安定した ものと報告している。しかし、Utopharmは無水結晶IIは結晶Bよりも熱力学的に安定だと報告している。[13]

流通[編集]

オテズラ(Otezla)は、米国で処方されているが、特定のネットワークの薬局でしか処方されない 。一年間の治療に必要な推定卸売価格は$22,500である。 オーストリアのすべての薬局で処方を受ける事ができ、年間治療費用は健康保険を用いて11,000ユーロである。[14]

2017年、日本でも処方開始された。

参照[編集]

  • サリドマイドとその誘導体の発見と開発

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Otezla (aprelimast) dosing, indications, interactions, adverse effects, and more”. Medscape Reference. WebMD. 2014年3月28日閲覧。
  2. ^ a b Haberfeld, H, ed (2015) (German). Austria-Codex. Vienna: Österreichischer Apothekerverlag. 
  3. ^ Apremilast
  4. ^ "Oral Otezla (apremilast) Approved by the U.S. Food and Drug Administration for the Treatment of Patients with Moderate to Severe Plaque Psoriasis" (Press release).
  5. ^ FDA approves Otezla to treat psoriatic arthritis
  6. ^ Apremilast for the Treatment of Psoriatic Arthritis American College of Rheumatology (14 June 2014).
  7. ^ en:Drugs.com: Otezla 妊娠授乳期の使用(英語)
    Use During Pregnancy and Breastfeeding
    .
  8. ^ Mease, PJ (25 February 2014). “Managing Patients with Psoriatic Disease: The Diagnosis and Pharmacologic Treatment of Psoriatic Arthritis in Patients with Psoriasis”. Drugs 74 (4): 423–41. doi:10.1007/s40265-014-0191-y. PMID 24566842. 
  9. ^ "Otezla (Prescribing Information)".
  10. ^ OTEZLA Product Monograph”. Celgene Corporation. 2015年4月3日閲覧。
  11. ^ 専門家向け情報(英語)
    FDA Professional Drug Information
    for Otezla.
  12. ^ Assessment report for Otezla”. EMA (2014年11月20日). 2017年4月2日閲覧。
  13. ^ A novel stable and non-solvate crystal form II on Apremilast and processes for the preparation thereof”. Utopharm} (2015年4月18日). 2017年4月2日閲覧。
  14. ^ (ドイツ語) Warenverzeichnis. I. Österreichischer Apothekerverlag. (January 2016).