アベサンショウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:画像全般の画像提供をお願いします。2008年12月
アベサンショウウオ
保全状況評価[1]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Caudata/Urodela
亜目 : サンショウウオ亜目
Cryptobranchoidea
: サンショウウオ科 Hynobiidae
: サンショウウオ属 Hynobius
: アベサンショウウオ H. abei
学名
Hynobius abei Sato, 1934[2][3]
和名
アベサンショウウオ[4]
英名
Abe's salamander[1][3][4]

アベサンショウウオHynobius abei)は、有尾目サンショウウオ科サンショウウオ属に分類される有尾類。佐藤井岐雄によりその師である阿部余四男に因んで命名された。

分布[編集]

日本京都府京丹後市与謝野町>、石川県南西部<小松市能美市>、兵庫県豊岡市>、福井県あわら市越前市越前町美浜町若狭町>)[3]

模式標本の産地(模式産地)は長善村(現京都府京丹後市)[2]。多くの分布域は1990年代以降に発見され、2004年に石川県・2006年に福井県嶺南若狭地方からも新しい分布域が発見されている[3]

形態[編集]

オス10.7センチメートル、メス9.6センチメートル[3][4]。体側面に入る皺(肋条)は左右に12本ずつ[3][4]。尾が著しく側偏する[3][4]。背面の色彩は暗褐色で、腹面の色彩は淡褐色[3][4]

上顎中央部に並ぶ歯の列(鋤骨歯列)はアルファベットの「U」字状[3][4]。四肢はやや短く[4]、胴体に沿って前肢(および指)を後方へ後肢(および趾)を前方に伸ばしても1 - 2肋条分の隙間があり接することは無い[3]。趾は5本[3]

卵嚢の表面に入る縦皺が明瞭[3][4]。オスは尾が鰭状になる[3][4]

生態[編集]

低地にある二次林に生息するが、京都府の一部や兵庫県では山地の混交林にも生息する[3]

クモミミズなどを食べる[3]。幼生は節足動物環形動物などを食べ、共食いも行う[3]

繁殖形態は卵生。11-12月に竹藪や雑木林の周辺にある湧水、溝などに、26-109個の卵を1対の卵嚢に包んで産む。卵は2月に孵化する[4]。幼生は7月初旬。遅くても8月下旬に変態し幼体になるが、幼生のまま越冬する個体もいる[3]。生後2 - 3年で性成熟すると考え[4]、オスは生後4年・メスは生後6年以上の個体が繁殖に参加することが多い[3]

人間との関係[編集]

農地開発や道路建設・スキー場・ゴルフ場開発などによる生息地の破壊、ゴミの不法投棄などにより生息数は激減している[3][4]。ペット用の密猟も懸念され[4]、人為的に移入されたアメリカザリガニによって幼生・アライグマによって成体が捕食されている[3]。2004 - 2008年における石川県での成体の生息数は200匹以下と推定されている[3]1995年種の保存法によって国内希少野生動植物種に指定されている[5]1998年に兵庫県豊岡市内にある大岡山の南東部が「大岡アベサンショウウオ生息地保護区」、2006年に京丹後市内にある丘陵が「善王寺長岡アベサンショウウオ生息地保護区」として生息保護区に指定されている[5]

絶滅危惧IA類 (CR)環境省レッドリスト[3]

Status jenv CR.svg

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui. 2004. Hynobius abei. The IUCN Red List of Threatened Species 2004: e.T10613A3204803. . Downloaded on 03 March 2016.
  2. ^ a b Hynobius abei. Frost, Darrel R. 2015. Amphibian Species of the World: an Online Reference. Version 6.0 (Date of access). Electronic Database accessible at http://research.amnh.org/herpetology/amphibia/index.html. American Museum of Natural History, New York, USA. (Accessed: 03/03/2016)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 松井正文 「アベサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、96-97頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 松井正文 「アベサンショウウオ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』小原秀雄、浦本昌紀、太田英利、松井正文編著、講談社2000年、230頁。
  5. ^ a b 生息地等保護区一覧 国内希少野生動植物種一覧環境省・2016年3月3日に利用)

関連項目[編集]