アベッツァーノ地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アベッツァーノ地震
震源の位置(USGS)
本震
発生日 1915年1月13日
発生時刻 7時52分(イタリア時間)
震源の深さ 15 km
規模    モーメント・マグニチュード7.6
最大震度    メルカリ震度階級XI (Extreme):イタリアアヴェッツァーノ
津波 なし
被害
死傷者数 30519人
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

アベッツァーノ地震(イタリア語: terremoto della Marsicaあるいはterremoto di Avezzano)とは、1915年1月13日7時52分ごろ(イタリア時間)に、イタリア中部のアブルッツォ州アヴェッツァーノ近郊で起きた地震である。 地震の規模はマグニチュード6.7(モーメント・マグニチュード)で、3万人を越える人々が命を落とした[1]

出典[編集]

  1. ^ 小谷眞男「イタリアにおける大規模災害と公共政策―2009年アブルッツォ州震災の事例を中心に―」『海外社会保障研究』第187巻、2014年、 46頁。