アベル・キヴィアット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル

アベル・キヴィアット
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1912 ストックホルム 男子3000m団体
1912 ストックホルム 男子1500m

アベル・リチャード・キヴィアット (Abel Richard Kiviat、1892年6月23日- 1991年8月24日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の陸上競技選手。1912年ストックホルムオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

キヴィアットは、第一次世界大戦前を代表する中距離ランナーであった。一時期、室内の600ヤード(550m)、1000ヤード(910m)、1マイル(1610m)の3種目の世界記録を同時に保有しており、これは、史上彼一人しか達成していない記録である。

キヴィアットは、ストックホルムオリンピックの1500mの出場選手を決める選考会の1マイル走で、1500mを3分55秒8ので通過し、世界新記録を達成。1マイルでも4分15秒6の世界新記録をマークした。

オリンピックの決勝では、同じアメリカのノーマン・テーバーとともに先頭争いを行う展開となる。最後の直線、テーバーがキヴィアットを抜こうとするが、イギリスアーノルド・ジャクソンが2人を追い抜いてゆきジャクソンが金メダル。キヴィアットとテーバーは写真判定の末、キヴィアットは銀メダルを獲得した。

キヴィアットは第一次世界大戦では西部戦線に従軍。除隊後は1925年まで競技を続けた。