アベル・タドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アベル・タドル Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Abel Tador
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 1984年10月28日
出身地 ラゴス
没年月日 2009年6月14日
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アベル・タドルAbel Tador1984年10月28日 - 2009年6月14日)は、ナイジェリア出身のプロサッカー選手。2008–09年のシーズンは バイェルサ・ユナイテッドFCにでキャプテンを務め、ナイジェリアプレミアリーグの優勝へと導いた。

2009年6月14日のワッリ・ウルブス戦で2-2の引き分けで優勝を決めた。しかし優勝を決めて弟の運転する車で家へと戻ると途中の夜11時頃、南部デルタ州で武装強盗犯に襲われ射殺された[1][2][3][4]

出典[編集]

  1. ^ Bayelsa star killed after title win”. BBC Sport (2009年6月15日). 2009年6月15日閲覧。
  2. ^ Samm Audu (2009年6月15日). “Nigeria: Bayelsa Victory Marred As Skipper Abel Tador Is Shot Dead”. Goal.com. 2009年6月15日閲覧。
  3. ^ Bayelsa Utd captain shot dead after Nigeria league win”. Soccerway (2009年6月15日). 2009年6月15日閲覧。
  4. ^ “ナイジェリアで優勝の夜帰宅途中に射殺”. 海外サッカーニュース. (2009年6月18日). http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20090618-507879.html 2009年10月30日閲覧。