アベ (カトリック教会の聖職)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

18世紀フランスのアベを描いた絵画

アベフランス語: Abbé, アラム語の"abba"に基づく、ギリシャ語の"αββας"から転じたラテン語の"abbas"に由来)は、英語の"abbot"に相当するフランス語の単語。フランスではカトリック教会の下位聖職者の称号である(英語の"abbot"は修道院長を意味する)。

フランス王フランソワ1世教皇レオ10世の間に結ばれたコンコルダート以来、原義である修道院長から意味が拡張された。

16世紀中ごろ以降、フランスでは「アベ(Abbé)」は叙階の有無を問わず、若い奉職者に使われる称号となっている。

関連項目

出典・外部リンク


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
やすみりえ 中田敦彦 麻生祐未 成田空港問題の年表 大島優子 小坂一也 篠めぐみ 五明祐子 New York City 野々村友紀子 米津玄師 藤田紀子 森富美 本庄優花 ジュディ・オング 中村倫也 精華女子高等学校 坂下麻衣 床嶋佳子 日本の慰安婦
「アベ_(カトリック教会の聖職)」のQ&A
1  イエス・キリストに影響を受けた歴史上の人物や…
2  キリスト教についての質問
3  キリスト教における鬱病の扱い
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について