アポロ (菓子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明治 アポロ
アポロのモチーフとなったアポロ11号の司令船

アポロは、株式会社の明治[注 1]1969年8月7日から製造販売している粒チョコレートである[1]

全体は円錐形で、側面にギザギザが入っている。この形は1969年7月21日に人類初の月面着陸に成功した後、同年7月24日に帰還したアポロ11号司令船(地球への帰還モジュール)がモチーフとなっている[1]。ただし、明治製菓が「アポロ」を商標登録したのは1966年で、ギリシャ神話の太陽神のアポロンに由来している[1][注 2]。 下部はミルクチョコレート、上部はイチゴ味のチョコレートの2層になっているが、上下のチョコレートを逆にした「逆さアポロ」が稀に入れられている。逆さアポロの混入比率や導入開始時期は不明だが、ロッテコアラのマーチが『まゆげコアラ』の口コミ情報で売り上げが増大した例を参考に口コミによる売り上げ増を図って導入されたといわれている[誰によって?]。 バリエーションとして、上部のイチゴ味チョコレートをブルーベリー味に変えたアポロブルーベリーも一時発売されていた。

内容量はかつては48gであったが、カカオ豆の価格高騰等のため2015年4月21日発売分から46gに変更されている[2]

なお同じ明治から発売されているマーブルチョコ同様、アポロにもジャンボサイズ(内容量は82g)が存在する。

ジャンボサイズには、上部がストロベリーチョコ、下部がミルクチョコレートというアポロチョコのスタイルに、ホワイトチョコレートをかけて仕上げたアポロチョコの “赤富士”バージョンもある。[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 発売当時の社名は明治製菓
  2. ^ アポロ計画で最初の無人ロケットが発射されたのは同じ1966年である。
出典

関連項目[編集]

  • きのこの山 - 「アポロの製造機械で作れるもの」として誕生した明治のチョコスナック。