アマゾンLab126

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Amazon Lab126, Inc.
種類 子会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サニーベール 94089
設立 2004年; 13 年前 (2004)
業種
事業内容
  • Amazon Kindle
  • Fire Phone
  • Fire TV
  • Amazon Alexa
  • Amazon Echo
  • 代表者 Gregg Zehr 社長
    従業員数 3,000
    所有者 Amazon.com
    テンプレートを表示

    Amazon Lab126[1] (Lab126) はカリフォルニア州サニーベールに拠点を置く研究開発とハードウェア企業でAmazon.comの子会社[2]パームのハードウェアエンジニアリング担当の副社長だったGregg Zehrによって2004年に設立された[3]。アマゾンの電子ブックリーダータブレットKindleを開発している事で広く知られている[4][5][6]。 

    名前[編集]

    Lab126の名前はアルファベットのAからZまでを示すアマゾンのロゴの矢印に由来している[7]

    製品[編集]

    2007年、Lab126による3年の研究開発の後、電子書籍リーダーのアマゾンKindleが発売された。Kindleの新規モデルは発売され続けており、2016年中盤の最新モデルはKindle Oasisと呼ばれる[8]

    2011年にLab126はKindle fireタブレットを発売し、2012年にはKindle Fire HDと呼ばれる新モデルを発売した[9]。 2013年にハイエンドタブレットであるFire HDXを発売した。

    2014年にLab126はAmazon Fire TVを発売し、2014年後期には小型のFire TV  Stickを販売した。

    2014年にLab126はFire Phoneを発売したが商業的に成功しなかった[10]

    2015年に Lab126は音声コマンドデバイスのAmazon Echoを発売した。

    2016年にEchoのホッケーパックサイズ版のEcho DotとEchoの持ち運び可能なバージョンのAmazon Tapを発売した。

    参考文献[編集]

    1. ^ Lab126 Designs and Engineers Hand-held Consumer Electronics in Sunnyvale, CA”. Amazon Lab216. 2016年10月30日閲覧。
    2. ^ "Following Fire Phone Flop, Big Changes At Amazon's Lab126". Fast Company.
    3. ^ Amazon research unit Lab 126 agrees to big lease that could bring Sunnyvale 2,600 new workers”. 2016年8月21日閲覧。
    4. ^ Catherine Shu. "Amazon's R&D Group Lab126 Embarks On Hiring Spree As Kindle Business Expands". TechCrunch. AOL.
    5. ^ Amazon Kindle Product Page”. 2008年3月22日閲覧。
    6. ^ Amazon Grows A Startup In Cupertino”. 2011年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月22日閲覧。
    7. ^ Work with Us § Our Story”. Amazon Lab126. 2016年10月30日閲覧。
    8. ^ Amazon’s Kindle Oasis is the funkiest e-reader it’s ever made The Verge Retrieved April 13, 2016
    9. ^ Amazon preparing 'up to six' new Kindle Fire tablets 23 July 2012
    10. ^ "Amazon Fire Phone Flops". TechCrunch. AOL.