アマチュア倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アマチュア倶楽部
監督 トーマス・栗原
脚本 谷崎潤一郎
原作 谷崎潤一郎
出演者 葉山三千子
高橋英一
撮影 稲見興美
製作会社 大正活映
配給 大正活映
公開 日本の旗 1920年11月19日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

アマチュア倶楽部』(アマチュアくらぶ)は、1920年(大正9年)に製作・公開された日本映画である。大正活映(略称:大活)の設立第1作であり、谷崎潤一郎のオリジナルシナリオ[注釈 1]を基に、トーマス・栗原が監督した。

夏の湘南の海を舞台に、若者たちを中心として起こる様々な騒動を描く、アメリカ風のドタバタ喜劇で、クロスカッティング[注釈 2]クローズアップなどの技法が用いられたり、コンテを使用するなど、アメリカ式の技術を取り入れた画期的な作品となった。また、日本映画において初めて水着女性が写しだされた作品でもあり[2]、主演の葉山三千子が水着姿を披露し、彼女は日本最初の「水着美人」と言われた[3]

俳優には大活の俳優養成所の新人俳優を起用し、「型」にとらわれない自由な演技を要求した[4]。その、本作に出演した新人俳優の中には岡田時彦(高橋英一名義)、内田吐夢(閉田富名義)、井上金太郎(栗井饒太郎名義)らもおり、他に葉山や紅沢葉子、谷崎夫人(千代)とその娘(鮎子)、本作の装置担当の尾崎庄太郎、活動弁士の内藤紫漣・杉浦市郎・白石紫紅らも出演している。

1920年(大正9年)8月20日に撮影が開始され、9月下旬に完成[5]、同年11月19日有楽座で封切られた。冒頭字幕直後の最初のカットで、煙草を吸う谷崎の顔がクローズアップで写しだされ、話題となった[6][7][8]

あらすじ[1][9][10][編集]

鎌倉由比ヶ浜の海水浴場。村岡繁ら湘南ボーイたちは浜辺で戯れていたところに水着姿の三浦千鶴子が現れ、ボーイたちの視線を釘付けにさせる。その頃千鶴子の家では家宝の土用干しを行っていたが、そこへ二人の泥棒が忍びこむ。一方、村岡の別荘では繁を始め、素人の歌舞伎グループ「アマチュア倶楽部」のメンバーたちが『太閤記十段目』と『先代萩 床下の場』の芝居を公演するためにその稽古に余念がなかった。三浦家へ入った泥棒は帰って来た千鶴子に発見されて逃げ出す。村岡の別荘の大広間では歌舞伎の公演が行われていた。父の留守を狙っての公演だったが、公演中に突然父が帰って来てしまう。父は激怒し、「アマチュア倶楽部」のメンバーは先代萩の衣装のまま家を飛び出す。泥棒は再度千鶴子の家へ忍び込むが、そこへ鎧を着ていた千鶴子と遭遇し、泥棒は浜辺目がけて逃走し、千鶴子は鎧のまま彼らを追いかける。さらに繁と千鶴子の親の通報で警察も駆けつけ、四つ巴の追っかけが展開される。

出演者[編集]

  • 三浦千鶴子:葉山三千子
  • 千鶴子の父:内藤紫漣
  • 千鶴子の母:神田千代子
  • 村岡繁:上野久夫
  • 繁の父:白石紫紅
  • 繁の姉・村岡夏子:三田小枝子
  • 井上秀雄(劇中劇で初菊):高橋英一
  • 加藤健三(劇中劇で光秀):杉浦市郎
  • 服部(劇中劇で操):竹村信夫
  • 大野(劇中劇で皐月):村上鉄次
  • 鈴木(劇中劇で久吉):大橋荘吾
  • 中村(劇中劇で仁木):堀切森之助
  • 渡辺(劇中劇で鼠):板野広吉
  • 小泉(劇中劇で男女之助):村田武雄
  • 紳士:村松亀一
  • 通行人:尾崎庄太郎
  • 泥棒:英猛
  • 女中:紅沢葉子
  • 端役:谷崎千代、谷崎鮎子、閉田富栗井饒太郎

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 当初の題名は『避暑地の騒ぎ』
  2. ^ 日本映画で初めてクロスカッティングが用いられた作品である[1]
出典
  1. ^ a b 田中純一郎著『日本映画発達史Ⅰ 活動写真時代』p.298
  2. ^ 『横浜開港資料館紀要 第25号』p.35
  3. ^ 『小田原事件 谷崎潤一郎と佐藤春夫』p.48
  4. ^ 初期時代の日本映画における演技形態の変遷――型の演技から表情の演技へ――
  5. ^ 千葉伸夫著『映画と谷崎』p.62
  6. ^ 大正活映と谷崎潤一郎|元町歴史散歩
  7. ^ 筈見恒夫著『映画五十年史』p.71
  8. ^ 山口昌男『敗者学のすすめ』p.166
  9. ^ 『日本喜劇映画史』p.26
  10. ^ 『よみがえる幻の名作 日本無声映画篇』p.7

参考文献[編集]

  • 笠原伸夫編 『新潮日本文学アルバム7 谷崎潤一郎』 新潮社、1985年1月。ISBN 978-4-10-620607-8。 
  • 文藝別冊 谷崎潤一郎――没後五十年、文学の奇蹟』 河出書房新社〈KAWADE夢ムック〉、2015年2月。ISBN 978-4309978550。