アマブル=ギヨーム=プロスペ・ブルジエール・ド・バラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バラント男爵アマブル=ギヨーム=プロスペ・ブルジエール、アンヌ=ルイ・ジロデ・ド・ルーシー=トリオゾン英語版作、1814年。

バラント男爵アマブル=ギヨーム=プロスペ・ブルジエールフランス語: Amable-Guillaume-Prosper Brugière, baron de Barante1782年6月10日 - 1866年11月22日)は、フランスの政治家、外交官、歴史家。中道左派とされたバラント男爵[1]はフランスで自身を「自由主義者と称することに恥じる必要もなければ、制約もない」(without any embarrassment or restriction, a Liberal)人物の第一人者である[2]

生涯[編集]

クロード=イニャス・ブルジエール・ド・バラントフランス語版男爵の息子として、1782年6月10日にリオンで生まれた。16歳のときにパリエコール・ポリテクニークに入学した後、20歳のときに公務員になった[3]。以降は昇進をつづけ、1806年には国務大臣の監査役を務めるようになった[3]。ドイツ、ポーランド、スペインに相次いで派遣された後、ヴァンデ県知事に就任した[3]。1815年の百日天下が始まったときにはナント知事を務めていたが、すぐに辞任、第二次王政復古の後に国務大臣と内務省の事務局長に任命された[3]間接税局の事務総長を数年間務めた後、1819年にフランスの貴族に叙された[3]。同時期には自由主義者の間でも目立った存在になっていた[3]

1830年の七月革命の後、トリノ駐在フランス大使に任命され、1835年にはサンクトペテルブルク駐在フランス大使に任命された[3]。以降国王ルイ・フィリップの治世に一貫して政府を支持、1848年のフランス革命で王政が崩壊すると、同年2月に政界を引退してオーヴェルニュにある領地に戻った[3]。政界引退の直前、レジオンドヌール勲章グランクロスを授与された[3]。1866年11月22日に死去した[3]

著作[編集]

  • Tableau de la littérature française au dixhuitième siècle(1809年)
  • Des communes et de l'aristocratie(1821年) - フリードリヒ・フォン・シラーの著作のフランス語翻訳[3]
  • Histoire des ducs de Bourgogne de la maison de Valois(1824年 - 1828年) - バラントはこの著作によりアカデミー・フランセーズ会員に選出された[3]
  • Questions constitutionnelles(1850年)[3]
  • Histoire de la Convention Nationale(1851年 - 1853年、6巻)[3]
  • Histoire du Directoire de la République française(1855年)[3]
  • Études historiques et biographiques(1857年)[3]
  • La Vie politique de M. Royer-Collard(1861年)[3]
  • Souvenirs(1890年 - 1899年、パリ) - 孫により出版[3]

脚注[編集]

  1. ^ Takeda, Chinatsu (2018). Mme de Staël and Political Liberalism in France. Springer. p. 182. 
  2. ^ Crăiuțu, Aurelian (2003). Liberalism Under Siege: The Political Thought of the French Doctrinaires. Lexington Books. p. 30. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Barante, Amable Guillaume Prosper Brugiére, Baron de" . Encyclopædia Britannica (in English). 3 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 379–380.


前任:
レーモン・ド・セーズ
アカデミー・フランセーズ
席次33

第10代:1828年 - 1866年
後任:
ジョゼフ・グラトリー