アマミセイシカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アマミセイシカ
Rhododendron latoucheae var. amamiense 1.JPG
東京大学小石川植物園 2010年4月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: ツツジ属 Rhododendron
: セイシカ R. latoucheae 
変種 : アマミセイシカ var. amamiense
学名
Rhododendron latoucheae Franch. var. amamiense (Ohwi) T.Yamaz.
シノニム

本文記載

和名
アマミセイシカ(奄美聖紫花)

アマミセイシカ(奄美聖紫花、学名:Rhododendron latoucheae var. amamiense)はツツジ科ツツジ属常緑小高木

特徴[編集]

高さは2-5mになる。若いは無毛で、若枝や若葉は緑色。は互生し枝先に集まってつき、葉柄は長さ7-15mmになる。葉は革質で、葉身は長さ4-8cm、幅1-2cmになり、狭長楕円形で、先はやや長くとがり先端に腺状突起があり、基部はくさび形で葉柄に流れ、両面は無毛で葉脈はあまり目立たない。

花期は3-5月。それぞれの1個の花芽に1個のをつけ、枝先に1-4個の花をつける。花柄は長さ1.5-2cmになり、花冠は白色[1]または淡桃紫色で、径4-5cmの漏斗状鐘形で5深裂し、花冠の上側内面に淡黄緑色[1]の斑点がある。雄蘂は10本で花糸の基部も無毛[1]花柱は長さ3.5-4cmになり無毛。果実蒴果で長さ2.5-4cmの円筒形になり、秋に開裂する。

分布と生育環境[編集]

奄美大島に分布し、川岸の岩場や林内に生育する。石垣島西表島に分布するセイシカ変種。独立種とする見解もある。

ギャラリー[編集]

若葉は緑色。 
花冠上側内面の斑点は淡黄緑色。 

シノニム[編集]

  • Rhododendron ellipticum Maxim. var. amamiense (Ohwi) Masam.
  • Rhododendron leiopodum Hayata var. amamiense (Ohwi) Ohwi
  • Rhododendron amamiense Ohwi

保護状態[編集]

絶滅危惧IA類(CR)環境省レッドリスト

Status jenv CR.png

2007年8月レッドリスト。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『樹に咲く花(合弁花・単子葉・裸子植物) 山溪ハンディ図鑑5』p.106-107

参考文献[編集]