アマル・オシム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アマル・オシム Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Amar OSIM
キリル文字
基本情報
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日 1967年7月18日(48歳)
出身地 サラエヴォ
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アマル・オシムAmar Osim1967年7月18日 - )はボスニア・ヘルツェゴビナのサッカー選手・監督。サラエヴォ出身。父親はイビチャ・オシム。イビチャの長男である。現在は、FKジェリェズニチャルの監督である。

選手としては主にボスニア紛争以前のFKジェリェズニチャルで活躍した。2000年から2004年までFKジェリェズニチャル監督。2006年から2007年までジェフユナイテッド市原・千葉監督。ジェリェズニチャルでの選手、監督、ジェフ千葉での監督のキャリアは父と同一である。

経歴[編集]

  • 1967年 サラエヴォに生まれる
  • 1970年 父の仕事の都合によりフランスストラスブールに移住
  • 1972年 父の仕事の都合によりスダンに転居
  • 1975年 父の仕事の都合によりヴァランシエンヌに転居
  • 1976年 再びストラスブールに転居
  • 1978年 サラエヴォに戻る。この時までにセルビア・クロアチア語を忘れかける。
  • 1986年 FKジェリェズニチャル・サライェヴォに入団
  • 1991年 ジェリェズニチャル退団。以降フランス・ドイツの3部リーグでプレー。内戦前夜のボスニアを去る。母と妹はサラエヴォに包囲される。弟と父は直前にベオグラードに移動。
  • 1997年 ボスニアでのリーグ再開を受けてジェリェズニチャルに復帰
  • 1998年 現役を引退。ジェリェズニチャルユース監督に就任
  • 2000年 トップチーム監督に就任
  • 2000年/01年 プレミイェル・リーガ優勝。
  • 2001年/02年 プレミイェル・リーガ優勝。UEFAチャンピオンズリーグ予選1回戦でレフスキ・ソフィアに敗北
  • 2002年/03年 ボスニア・ヘルツェゴビナ・フットボール・カップ優勝。UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦でニューカッスル・ユナイテッドに敗北、UEFAカップ1回戦敗退
  • 2003年/04年 プレミエル・リーガでの不振(最終的には10位)によりシーズン途中にジェリェズニチャル監督を解任。サポーターから解任反対運動が起こる。
  • 2004年 ジェフユナイテッド市原(当時)コーチに就任
  • 2006年 日本代表監督に就任した父・イビチャの後任として、ジェフユナイテッド千葉監督に就任、Jリーグヤマサキナビスコカップ優勝(チームとしては連覇)
  • 2007年 成績不振により千葉監督を解任される。
  • 2008年 解任後も父・イビチャ看病のため、日本に滞在していたが6月にボスニアに帰国。ジェリェズニチャル本拠地近くでカフェを営む。12月にジェリェズニチャルより監督就任の打診があったが、クラブフロントへの不信と給与未払い未解決により就任せず。
  • 2009年 6月に再度ジェリェズニチャルより監督就任の打診あり、給与の未払い問題の解決、経営陣の総入れ替えなどにより、7月上旬、同クラブ監督に二度目の就任。
  • 2009/10シーズン プレミイェル・リーガ優勝。監督復帰1年目から8シーズンぶりにタイトルをもたらす。ボスニア・ヘルツェゴビナ・フットボール・カップ準優勝。
  • 2010/11シーズン プレミイェル・リーガ3位。ボスニア・ヘルツェゴビナ・フットボール・カップ優勝。来期UEFAヨーロッパリーグへの出場権を得る。
  • 2011/12シーズン プレミイェル・リーガ優勝。ボスニア・ヘルツェゴビナ・フットボール・カップ優勝。少ない予算とボスニアリーグの混乱にもかかわらず、チームをまとめ上げ、2冠を達成。リーグ戦・カップ戦合わせて、35試合連続負け無し(間に5連勝2回、6連勝、8連勝含む)のボスニアリーグ記録を達成。来期UEFAチャンピオンズリーグへの出場権を得る。
  • 2012/13シーズン プレミイェル・リーガ優勝。ボスニア・ヘルツェゴビナ・フットボール・カップ準優勝。監督に復帰してから毎年タイトル獲得。来期UEFAチャンピオンズリーグへの出場権を得る。通算リーグ優勝5回、準優勝1回、カップ戦優勝5回、準優勝3回。
  • 2013/14シーズン シーズン始めのUEFAチャンピオンズリーグ予選2回戦でFCプルゼニに敗退後、監督を退任し、クラブのスポーツディレクターに就任。

関連項目[編集]