アマンドラ・ステンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アマンドラ・ステンバーグ
Amandla Stenberg
アマンドラ・ステンバーグ Amandla Stenberg
生年月日 (1998-10-23) 1998年10月23日(20歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
職業 女優、歌手
活動期間 2011年 -
主な作品
ハンガー・ゲーム
ヘイト・ユー・ギブ
テンプレートを表示

アマンドラ・ステンバーグAmandla Stenberg1998年10月23日 - )は、アメリカ合衆国女優フェミニスト

来歴・人物[編集]

ロサンゼルス出身。父親はデンマーク人[1][2][3][4]、母親はアフリカ系アメリカ人

2011年、映画『コロンビアーナ』でゾーイ・サルダナ扮する主人公の少女時代を演じてデビュー[5]。2012年、映画『ハンガー・ゲーム』で大きな注目を集める[6]

女優のほかフェミニズム活動家としても知られ、フェミニズムを推進する「ミズ・ファウンデーション・フォー・ウーマン」と雑誌『コスモポリタン』がオンラインでの投票をもとに選ぶ「フェミニスト・セレブ・オブ・ザ・イヤー」2015年の第1位をローワン・ブランチャードと共に獲得した[7][8][9][10]

以前はバイセクシャルであると公言していたが[11][12]、2018年に同性愛者であることをカミングアウトした[13][14][15]。現在、シンガーソングライターのキング・プリンセスと交際している[16][17]

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fogarty, Lisa. “Amandla Stenberg Is An Intelligent, Talented Force”. bustle.com. 2017年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月28日閲覧。
  2. ^ “Why You Should Remember The Name Amandla Stenberg”. British Vogue. (2017年8月17日). https://www.vogue.co.uk/gallery/amandla-stenberg-actress-everything-everything 2019年6月8日閲覧。 
  3. ^ Colombiana in Mexico City”. amandlastenberg.com (2011年9月29日). 2012年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月28日閲覧。
  4. ^ Martin, Michel (2012年4月3日). “Should Kids See 'The Hunger Games'”. NPR. 2013年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月4日閲覧。
  5. ^ Jevon Phillips (2011年9月23日). “'Hunger Games' star on 'Colombiana' and life on the set”. Los Angeles Times. 2011年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月15日閲覧。
  6. ^ 'The Hunger Games' Pulls In Rue and Thresh”. The Film Stage (2011年4月18日). 2012年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月21日閲覧。
  7. ^ Gupta, Prachi (2015年12月16日). “Amandla Stenberg and Rowan Blanchard Named Feminist Celebrities of the Year”. Cosmopolitan. 2016年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月20日閲覧。
  8. ^ Gray, Emma (2015年12月17日). “Amandla Stenberg & Rowan Blanchard Were Named Feminists Of The Year. Hell Yeah.”. Huffington Post. オリジナルの2016年5月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160530075802/http://www.huffingtonpost.com/entry/amandla-stenberg-rowan-blanchard-the-future-of-feminism_us_5672c98be4b0688701dc6172 2016年4月20日閲覧。 
  9. ^ ““今年のフェミニスト”、1位はアマンドラ・ステンバーグとローワン・ブランチャード”. ELLE. (2015年12月18日). https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a259605/cce-feminists-of-the-year-15-1218/ 2019年6月8日閲覧。 
  10. ^ “アマンドラ・ステンバーグ、アメリカを揺らす20歳の女優活動家の挑戦。”. VOGUE JAPAN. (2019年4月25日). https://www.vogue.co.jp/celebrity/interview/2019-04-xx/making-a-splash/page/2 2019年6月8日閲覧。 
  11. ^ Morgan, Joe (2016年3月4日). “Hunger Games actress says she 'doesn't feel like a woman all the time'”. Gay Star New. 2016年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月20日閲覧。
  12. ^ Stenberg, Amandla. “hi folks”. Tumblr. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月20日閲覧。
  13. ^ “Hunger Games star Amandla Stenberg comes out as gay” (英語). PinkNews. https://www.pinknews.co.uk/2018/06/17/hunger-games-amandla-stenberg-comes-out-gay/ 2018年6月17日閲覧。 
  14. ^ “Hunger Games star and singer Amandla Stenberg comes out as gay” (英語). Gay Times. (2018年6月17日). http://www.gaytimes.co.uk/news/108776/hunger-games-star-and-singer-amandla-stenberg-comes-out-as-gay/ 2018年6月17日閲覧。 
  15. ^ “『ハンガーゲーム』アマンドラ・ステンバーグ、19歳で「ゲイ」だとカミングアウト”. エキサイトニュース. (2018年6月18日). https://www.excite.co.jp/news/article/Frontrow_17177210/ 2019年6月8日閲覧。 
  16. ^ “Chartbreaker: King Princess On Working With Mark Ronson and Finishing Her Debut Album Within the Year”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/columns/rock/8466335/king-princess-1950-interview-chartbreaker 2018年8月22日閲覧。 
  17. ^ “アマンドラ・ステンバーグ、恋人キング・プリンセスのMVを絶賛”. MTV Japan. (2018年8月24日). http://www.mtvjapan.com/news/79hhot/180824-01 2019年6月8日閲覧。