アマ四強 (囲碁)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アマ四強(アマよんきょう)は、1950年代以降に台頭し、長らく活躍した囲碁のアマチュア強豪棋士4名、菊池康郎平田博則村上文祥原田実を指す[1]

1950年代から1960年代にかけては、各アマチュア棋戦で4名で優勝をほぼ独占。1976年、安永一とアマ四強には、「アマチュア初の七段位」が日本棋院から贈られた。その後も2000年代ごろまでアマチュア棋戦で実績を重ねた。

のちに西村修を含めてアマ五強三浦浩を含めてアマ六強、中園清三を含めてアマ七強とも呼ばれた[1]。彼らはその実績から、アマチュア棋戦で地方予選を免除され「招待選手」として全国大会から出場した。

関連項目[編集]

脚注[編集]