アミノサプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アミノサプリ
販売会社 キリンビバレッジ
種類 清涼飲料水
販売開始年 2002年2月
日本での製造 あり
完成国 日本の旗 日本
関係する人物 麒麟戦隊アミノンジャー
テンプレートを表示

アミノサプリは、キリンビバレッジから製造・販売されていた清涼飲料水のブランド。2002年2月15日販売開始。サプリアミノ版とも言われており、アミノ酸系飲料のリーディングブランドである。

商品概要[編集]

5種類の必須アミノ酸が含まれていることを売りにしている。体脂肪、疲れ、集中力、美、おの飲みすぎに効果があるとされる。

2006年に、9種類の必須アミノ酸が含まれているという「アミノサプリ9」も発売。「水とスポドリの中間」を目指し、薄味に仕上げた(これまでのスポーツドリンクは、味が濃いためスポーツ選手は水で薄めて飲んでいたという)。

2007年4月3日には、500ミリリットルあたり200ミリグラムローヤルゼリーを配合した「ローヤルゼリーのアミノサプリ」を発売した。これにあわせ、KONAMIのゲーム機・クイズマジックアカデミー4で「アミノサプリキャンペーン」を実施。キャンペーン中はアミノサプリに関連した問題が出題されたほか、「アミノサプリ杯」と銘打った全国大会も開催された。

2008年1月29日には、クエン酸ビタミンB6ナイアシンを新配合し、2007年から食品として使用可能になったシトルリンも配合した「アミノサプリトリプル」にリニューアル。

2009年3月24日には、アラニングリシンプロリンを新配合しカロリーオフに設計してリニューアルし、発売当初のアミノ酸系飲料に特化。商品名を再び「アミノサプリ」に戻した。

2012年4月9日には、派生製品として、「回復系アミノ酸オルニチン」とビタミンCを配合し、レモンとアセロラ果汁を使用した「アミノサプリC」を発売。本品は555mlの増量ペットボトルで、発売当初はグループ横断ブランド「キリン プラス-アイ」の1製品として発売された。

2014年2月に最後まで製造されていた2Lボトルが製造終了[1]となったことで、既存ラインナップは前述の「アミノサプリC」を残すのみとなった。

CM[編集]

2003年から2005年までは、麒麟戦隊アミノンジャーシリーズが展開された。2004年春にCMキャラクターが「サイボ」というキャラクターに変更され、アミノンジャーシリーズは一旦中断されたが、「アミノサプリといえばアミノンジャー」という消費者からの要望がキリンビバレッジに寄せられ、同年夏から復活した。

2006年には、このシリーズのCMに替わって新発売された「アミノサプリ9」のCMが流された。2007年には、プロゴルファー古閑美保選手が出演するCMが流された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]