アミュプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アミュプラザ小倉
アミュプラザ博多
アミュプラザ長崎
アミュプラザ鹿児島(手前がプレミアム館、奥が本館)
アミュプラザおおいた

アミュプラザ(AMU PLAZA)は、九州旅客鉄道(JR九州)系列のファッションビル

同系列の複合商業施設には「えきマチ1丁目」などがあるが、アミュプラザは主要都市のファッションビル形式の駅ビル再開発事業にあてられる。

概要[編集]

1998年3月に1号店が小倉駅ビル内に開業。その後、2000年のアミュプラザ長崎を皮切りに、九州内主要都市の駅ビル再開発事業で開業した大規模複合商業施設の名称として用いられ、2015年現在で5施設が営業している。なお、小倉駅のアミュプラザは、他施設の開業後も「アミュプラザ」という名称であったが、2009年に正式名称を「アミュプラザ小倉」に変更している。いずれの施設も、入居する駅ビルを管理するJR九州グループの駅ビル管理会社[1]が運営している。2019年4月1日にJR九州駅ビルホールディングス株式会社が設立され、全ての駅ビル管理会社は同社の子会社となる[2]

アミュプラザという名称は、「楽しませる」という意味の英語の"amuse"と、"plaza"から名付けられた[3]。また、シンボルマークは、グラフィックデザイナーの原田進が製作を担当。AMUの3文字を図案化してヤジロベエを表したものである[3]。なお、アミュプラザおおいたのみ、このシンボルマークは採用されていない。代わりに、JRおおいたシティのマークが使われている。

施設[編集]

  • アミュプラザ小倉福岡県北九州市小倉駅駅ビル内)
    • 開業日:1998年3月14日[4] 
    • 運営:JR小倉シティ(旧:小倉ターミナルビル株式会社、JR九州グループ)
    • フロア:地上8階-地下3階(建物は地上14階地下3階建て)
    • 面積:店舗面積は約16,000平方メートル[4]
    • 店舗数:180店舗(H25.4月現在)[4]
同じ駅ビル内にはJR九州ステーションホテル小倉(9-14階、フロントは1階)が同居している。
  • アミュプラザ長崎長崎県長崎市長崎駅駅ビル内)
    • 開業日:2000年9月21日[6]
    • 運営:株式会社JR長崎シティ(JR九州グループ)
    • フロア:地上5階(建物は地上10階建て)
    • 面積:売場面積は約23,300平方メートル[6]
    • 店舗数:約150(4階にはシネコンが入居している)
同じ駅ビル内にはJR九州ホテル長崎(6-10階)が同居している。
  • アミュプラザ鹿児島鹿児島県鹿児島市鹿児島中央駅駅ビル内)
    • 本館
      • 開業日:2004年9月17日[7]
      • 運営:株式会社JR鹿児島シティ(JR九州グループ)
      • フロア:地上6階-地下1階
      • 面積:営業面積は約33,000平方メートル[7]
      • 店舗数:約215 (SHIBUYA109 KAGOSHIMA全18店舗含む)[8](6階にはシネコンが入居している)
    • プレミアム館
      • 開業日:2014年9月26日[7]
      • 運営:株式会社JR鹿児島シティ(JR九州グループ)
      • フロア:地上7階
      • 面積:営業面積は約5,000平方メートル[7]
      • 店舗数:約20[8]
  • アミュプラザおおいた大分県大分市大分駅駅ビルJRおおいたシティ内)[9]
    • 開業日:2015年4月16日(豊後にわさき市場、JRおおいたシティ第2駐車場は2012年3月17日開業)
    • 運営:株式会社JR大分シティ(旧:大分ターミナルビル株式会社、JR九州グループ)
    • フロア:地上4階(建物は地上21階地下1階建て)
    • 面積:店舗面積は約3万6千平方メートル
    • 店舗数:183(4階にはシネコンが入居している)
同じ駅ビル内にはJR九州ホテルブラッサム大分(8-18階)、シティスパ てんくう(19階-21階)が同居している。

熊本駅駅ビル開発計画[編集]

九州旅客鉄道の唐池恒二社長は、2013年12月24日、熊本駅構内の「0番線」ホームや駅前のホテル敷地等の自社所有地に大規模な駅ビルを開発する考えを明らかにした。熊本駅の鹿児島本線等高架化事業が終了する2018年度をめどに事業に着手、2020年の完成を目指し、商業、オフィス、娯楽機能の集積に加え、周辺に住宅も整備していくとしている。2015年に入り、JR九州が「0番ホーム」跡地に加え、新たに熊本駅の南区画、あわせて7haに規模を拡大し、鹿児島中央駅や大分駅を上回り、博多駅に次ぐ規模の駅ビルが作られることを明らかにした。2017年11月、駅ビルの概要が発表され、シネコンやホテル、結婚式場などが入る地上12階、地下1階の大型ビルが建設されることになった。駅ビルは2021年春の完成を目指すとしている[10]

宮崎駅西口再開発計画[編集]

九州旅客鉄道と宮崎交通は、2018年10月18日、宮崎駅西口の再開発について、商業施設とオフィスフロアからなる複合ビルを共同で開発すると発表した。商業施設は「アミュプラザ宮崎」とし、2019年春に事業に着手、2020年秋の完成を目指す[11]。また、開発用地はJR九州の所有する駅前用地と県道341号を跨いだ宮崎交通の所有する広島用地からなるツインビル体制となる。

脚注[編集]

  1. ^ 博多駅及び大分駅は「株式会社(JR)+(駅名)+(シティ)」、他は「(駅名)+(ターミナルビル)株式会社」という社名である。なお、2019年4月に全施設の管理会社が「株式会社(JR)+(駅名)+(シティ)」へと変更になる。
  2. ^ 駅ビル事業及びホテル事業の再編に関するお知らせ - 九州旅客鉄道 2018年12月25日(2018年12月25日閲覧)
  3. ^ a b 施設案内 アミュプラザ鹿児島
  4. ^ a b c 会社概要小倉ターミナルビル株式会社
  5. ^ a b c d 施設情報 | 株式会社 JR博多シティ 会社案内/リクルート
  6. ^ a b アミュプラザ長崎について | アミュプラザ長崎
  7. ^ a b c d アミュプラザ鹿児島 | 会社案内
  8. ^ a b フロアガイド 1F | アミュプラザ鹿児島
  9. ^ 「大分駅ビル」の名称と施設概要について - ウェイバックマシン(2014年10月6日アーカイブ分) 九州旅客鉄道株式会社・大分ターミナルビル株式会社、2014年9月30日(「2 施設概要 (1) アミュプラザおおいた(商業施設)」参照)
  10. ^ 熊本駅ビルの開発概要について JR九州 2017年11月8日
  11. ^ 宮崎駅西口共同開発の概要決定~ 宮崎駅西口に“アミュプラザ宮崎”誕生 ~ JR九州 2018年10月18日

関連項目[編集]