アムスクエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アムスクエア三重県四日市市に存在した複合商業施設である[1]

概歴[編集]

1982年(昭和57年)に日永地区に移転した三重県立四日市工業高等学校跡地[1]近鉄四日市駅西側街区を四日市市(四日市市土地開発公社)が三重県より購入。1987年(昭和62年)1月、四日市市は総面積27,000m2のうち15,000m2を民間公募で開発することを発表した[1]。その際、複合商業施設、シティホテル、駐車場の3つを備えることという条件を提示し、4つの共同企業体が応募した[1]。同年9月に四日市市開発公募委員会は三井不動産フジタ工業の案を採用することを決した[1]。その結果、公園、博物館と共に一体開発することとなった[1]

1991年(平成3年)11月3日松坂屋四日市店を核店舗として開業。商業棟・ホテル棟・立体駐車場棟からなる大型複合施設であった。四日市市ではアムスクエア開業に刺激を受け、他の商業施設でも増床や新規開業が相次いだ[1]

2001年(平成13年)に松坂屋が撤退した後、その他の専門店だけで営業していたものの、2002年(平成14年)7月に全館閉店となった。

その後は三井不動産グループによる再開発を経て、2005年(平成15年)より「ララスクエア四日市」という名称で営業されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 四日市市 編(2001):935ページ

参考文献[編集]

  • 四日市市 編『四日市市史第十九巻 通史編現代』四日市市、平成13年7月1日、1100p.