アムールカナヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アムールカナヘビ
保全状況評価
準絶滅危惧環境省レッドリスト
Status jenv NT.png
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : トカゲ下目 Scincomorpha
上科 : カナヘビ上科 Lacertoidea
: カナヘビ科 Lacertidae
亜科 : カナヘビ亜科 Lacertinae
: クサカナヘビ属 Takydromus
: アムールカナヘビ T. amurensis
学名
Takydromus amurensis
(Peters, 1881)
和名
アムールカナヘビ

アムールカナヘビTakydromus amurensis)は、爬虫綱有鱗目トカゲ亜目カナヘビ科クサカナヘビ属に分類されるカナヘビ。

分布[編集]

種小名amurensisは「アムール産の」を意味する。

韓国中国北東部、朝鮮民主主義人民共和国日本対馬)、ロシア沿海地方

形態[編集]

全長22-26cm。尾は全長の3/2を占める。体色は背面は褐色で、黒い斑点がある。腹面は淡黄色。太腿部内側の鱗にある穴(大腿孔)は4対。

生態[編集]

草原荒地等に生息する。性質は臆病で危険を感じると茂みや石の下等に素早く逃げる。

食性は肉食性で昆虫類節足動物等を食べる。

繁殖形態は卵生で、日本では4-8月に1回に1-2個の卵を数回に分けて地中に産む。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもある。

開発による生息地や獲物の減少により生息数が減少している。

関連項目[編集]