アメデ・ド・ノエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメデ・ド・ノエ

アメデ・ド・ノエ、ペンネームは "Cham"(Amédée Charles Henri de Noé、1819年1月26日 - 1879年9月6日)はフランスの漫画家(cartoonist)である。ペンネームの"Cham"は、ノエのファーストネーム、Charles Amédéeの短縮名でもあるが、聖書のノアの3人の息子の一人、ハム (フランス語では"Cham")を意識していたとされる。

略歴[編集]

パリで生まれた。父親は植民地の農園主で、美術品収集家で母親はイギリス人であった。絵の才能を示し、肖像画家のニコラ=トゥッサン・シャルレ(Nicolas-Toussaint Charlet)、版画家のポール・ドラローシュに学んだ。1839年に画集、"Monsieur Lajaunisse"を出版したのにはじまり多くの画集を出版した。1840年ころからロドルフ・テプフェールが開いた「漫画」の技法、スタイルに進むことになった。1842年にパリの絵入り雑誌「シャリバリ」(Le Charivari)に最初の挿絵を描き、その後、この雑誌には、36年間、彼の作品は掲載されることになった。

著作[編集]

  • Histoire de monsieur Lajaunisse (1839)
  • Monsieur Mélasse (1839)
  • Histoire de monsieur Jobard (1840)
  • Deux vieilles filles vaccinées à marier (1840)
  • Histoire de monsieur Vertpré et de sa ménagère aussi (1840)
  • Monsieur Barnabé Gogo (1841)
  • Aventures de Télémaque, fils d'Ulysse (1842)
  • Histoire du prince Colibri et de la fée Caperdulaboula (1842)
  • Folies du jour: caricatures politiques et sociales (1849)
  • Voyage de Paris dans l'Amérique du Sud : Poussé jusqu'au Hâvre inclusivement (1860)

作品画像[編集]

参考文献[編集]

  • Félix Ribeyre:Cham, sa vie, son œuvre, Paris, Plon 1884 (Vorwort von Alexandre Dumas der Jüngere).
  • Alain Lemoine Rodolphe Trouilleux:Cham, caricaturiste et humoriste: une oeuvre méconnue (Webunterlage)
  • Ursula E. Koch, Pierre-Paul Sagave: Le Charivari. Die Geschichte einer Pariser Tageszeitung im Kampf um die Republik (1832–1882). Verlag Leske, Köln 1984, ISBN 3-921490-29-4, S. 388f.