アメリカンエクリプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アメリカンエクリプス
AmericanEclipse 250.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1814年5月25日
死没 1847年7月10日
デュロック
ミラーズダムゼル
生国 アメリカ合衆国
生産 Gen. Nathaniel Coles
馬主 Gen. Nathaniel Coles
→Cornelius W. Van Ranst
競走成績
生涯成績 8戦8勝
獲得賞金 56,700ドル
テンプレートを表示

アメリカンエクリプス(American Eclipse、1814年 - 1847年)は、19世紀初頭に活躍したアメリカ合衆国競走馬種牡馬である。アメリカ競馬最初期の名馬で、1970年にU.S. Racing Hall of Hame(アメリカ競馬殿堂)に選定されている。

1814年ニューヨークのGen. Nathaniel Colesのもとで生まれた。馬名は有名なエクリプスに由来しており、それとは区別するためにアメリカンエクリプスと呼ばれる。父系はアメリカに輸入された初代ダービー優勝馬ダイオメドの系統であり、エクリプス系ではなくヘロド系に属しているが、本物のエクリプスの血も母の母の父ポテイトーズの父として入っている。

アメリカンエクリプスは優れた競走馬で、4から5歳、および7から9歳にかけていくつかのヒート競走マッチレースを戦い、8戦全勝の成績を残した。この間5歳のときに3000ギニーでコーネリアスの手に渡っており、6、7歳時は種牡馬として使われた記録も残っている。競走成績のなかでも1823年5月27日にロング・アイランドのユニオン・コースで開催された南北対抗競馬は知られている競走で、北部馬アメリカンエクリプスは南部馬ヘンリー (Henry) と対決した。第一ヒートではヘンリーが先着したが、第二、第三ヒートではアメリカンエクリプスが先着し、アメリカンエクリプスの勝利に終わった。この競馬には6万人の大観衆が集まり、北部の人間はアメリカンエクリプスの勝利に大いに沸いたという。

1847年に33歳の長寿で死亡。123年後の1970年にU.S. Racing Hall of Hame(アメリカ競馬殿堂)に選ばれている。名誉の殿堂に選ばれている馬の中でアメリカンエクリプスは2番目に時代が古い。

おもな産駒[編集]

  • アリエル(57戦42勝)
  • メドック(1840,1841年アメリカチャンピオンサイアー)

血統表[編集]

アメリカンエクリプス血統ヘロド系/Gimcrack5×4=9.38% ) (血統表の出典)

Duroc
1806 栗毛
Diomed
1777 栗毛
Florizel I Herod
Cygnet Mare
Spectator Mare Spectator
Horatia
Amanda
1800 栗毛
Tayloe's Grey Diomed Medley
Sloe Mare
Virginia Cade Mare  Virginia Cade
Independence Mare

Millers Damsel
1802 芦毛
Messenger
1780 芦毛
Mambrino Engineer
Cade Mare
Turf Mare Turf
Regulus Mare
Pot 8O's Mare
1792 栗毛
Potoooooooo Eclipse
Sportsmistress
Gimcrack Mare Gimcrack
Snapdragon F-No.3-a
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典