アメリカンコミックス (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アメリカンコミックス
AMERICAN COMICS
メンバー 飯島翔平
鈴木祐介
結成年 2015年
解散年 2018年
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 2015年 - 2018年12月4日
出身 ワタナベコメディスクール15期(飯島)
出会い 大学のお笑いサークル
旧コンビ名 しまいにゃショパン(飯島)
エイリアンGOGO(飯島)
けつばん(鈴木)
現在の活動状況 解散(鈴木は別コンビで活動)
芸種 コント
漫才
過去の代表番組 新しい波24
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

アメリカンコミックスは、かつてサンミュージックプロダクションで活動していたお笑いコンビ2015年結成。2018年12月4日解散。

メンバー[編集]

  • 飯島 翔平(いいじま しょうへい、1990年2月7日)(31歳)
    ボケ担当。立ち位置は向かって左。
    東京都出身、身長180cm、血液型O型。
    早稲田大学文化構想学部卒業。明治大学のお笑いサークル「木曜会Z」出身。
    ワタナベコメディスクール15期生。
    過去には現トンツカタンの森本晋太郎とのコンビ「しまいにゃショパン」としてフリーで[1]、元ぼれろ渡辺敬介とのコンビ「エイリアンGOGO」としてサンミュージックで活動した[2]
    趣味は映画小説漫画
    特技は「もらった単語ですぐ嘘のウンチクを言う」。
    小説家か芸人を目指していたが、同じ堀江敏幸ゼミに所属していた朝井リョウに勝てないと思ったため芸人の道を選んだ[3]
    新しい波24』で共演していた霜降り明星M-1グランプリ王者となった翌日に解散を表明。理由は「芸人を続ける気力がなくなったから」というもので、相方の慰留を振り切り、芸能界を引退し、現在はTikTokerとして活躍している。喜劇衆「ギガンティックシアター」の一員としても活動。
  • 鈴木 祐介(すずき ゆうすけ、1988年6月23日)(30歳)
    ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。
    神奈川県出身、身長164cm、血液型O型。
    國學院大學卒業。
    過去には「けつばん」というコンビで活動していた[4]
    趣味はサッカーフットサル
    特技は「暗算」「春高バレーモノマネ」。
    解散後、2019年6月2日放送の「ニノさん」の企画内にて、元カルマラインの柳原聖とコンビ「スペシャルワン」を結成。所属事務所も柳原が所属するホリプロコムに移籍した。なおスペシャルワンではボケに転向している。しかし、柳原の体調不良により2021年1月31日をもって解散し、再びピン芸人となった[5][6]

出演[編集]

テレビ

ラジオ

受賞歴[編集]

主なライブ[編集]

  • 第一回 単独ライブ「Action」

(2018年3月4日、東京・ユーロライブ)[7]

  • 第二回 単独ライブ「Magazin」

(2018年7月16日、東京・関交協ハーモニックホール)[8]

  • 第三回 単独ライブ 「Evening」

(2018年10月8日、東京・ユーロライブ)[9]

脚注[編集]

  1. ^ 芸人名鑑 しまいにゃショパン
  2. ^ 芸人名鑑 エイリアンGOGO
  3. ^ お笑いと本気で向き合う頭脳派コンビ、アメリカンコミックス SANSPO 2016年7月23日
  4. ^ 芸人名鑑 けつばん
  5. ^ スペシャルワンに関するご報告” (日本語). ホリプロコム. 2021年3月17日閲覧。
  6. ^ 柳原の2021年1月31日のツイート” (日本語). Twitter. 2021年3月17日閲覧。
  7. ^ アメリカンコミックス、初単独ライブ「Action」へ自信「絶対に面白い」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2018年2月16日). 2018年10月8日閲覧。
  8. ^ アメリカンコミックス第2回単独ライブ開催「アメコミ旋風を巻き起こします」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2018年7月5日). 2018年10月8日閲覧。
  9. ^ アメリカンコミックス、第3回単独ライブは「ネタ、映像含め最高傑作」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2018年10月6日). 2018年10月8日閲覧。