アメリカン・パイ (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

バウ・ミュージカル『アメリカン・パイ』は、宝塚歌劇団によって舞台化された作品。2幕。原作は同名の漫画で萩尾望都・作の『アメリカン・パイ』。

公演場所と公演期間[編集]

ストーリー[編集]

1970年代、アメリカのマイアミ。ある日、ロック・ミュージシャンのグラン・パの部屋に一人の少年が現われ、朝食を盗み出そうとする。やがて、グラン・パは、その少年が実は女の子であることを知るが、彼女はリューという名前以外は何も語ろうとしなかった。陽光溢れるマイアミを舞台に、売れなかったミュージシャンと自分の死への不安を抱えた少女の交流を、様々な人々との出会いと別れを交えながら綴っている。

スタッフ[編集]

  • 原作:萩尾望都
  • 脚本・演出:小柳奈穂子
  • 作曲・編曲:吉田優子甲斐正人
  • 振付:麻咲梨乃・若央りさ
  • 装置:大橋泰弘
  • 衣装:有村淳
  • 照明:勝柴次朗
  • 音響:加門清邦
  • 小道具:田中武彦
  • 演出助手:稲葉大地
  • 音楽助手:手島恭子
  • 振付助手:麗美花
  • 装置助手:國包洋子
  • 衣装助手:川崎千絵
  • 照明助手:氷谷信雄
  • 舞台進行(宝塚):西原徳充・片岡麻理恵
  • 舞台監督(東京):西澤明彦・藤村信一
  • 舞台美術製作:株式会社 宝塚舞台
  • 録音演奏:宝塚ニューサウンズ
  • 制作:樫原幸英

出演者[編集]

主な配役[編集]

  • グラン・パ:貴城けい
  • リュー(リュシエンヌ・クレー):山科愛
  • ジャクスン:壮一帆
  • マスター:磯野千尋
  • ウィーズバード:天勢いづる
  • ローダ:森咲かぐや
  • ネイズ:凰稀かなめ

参考文献[編集]

  • 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』p.238(ストーリーのみ)(阪急コミュニケーションズ
  • 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』p.168(ストーリー以外)(宝塚歌劇団)