アメリカン・ピーチパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメリカン・ピーチパイ
She's The Man
監督 アンディ・フィックマン
脚本 カレン・マックラー・ラッツ
キルステン・スミス
ユアン・レスリー
製作 ユアン・レスリー
ローレン・シュラー・ドナー
製作総指揮 マーティ・ユーイング
ゲイリー・ルチェッシ
トム・ローゼンバーグ
出演者 アマンダ・バインズ
チャニング・テイタム
ローラ・ラムジー
デイヴィッド・クロス
音楽 ネイサン・ワン
撮影 グレッグ・ガーディナー
編集 マイケル・ジャブロウ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント
ドリームワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年3月17日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 $33,741,133[1]
テンプレートを表示

アメリカン・ピーチパイ』(原題:She' the Man)は、2006年アメリカ映画パラマウント制作。ウィリアム・シェイクスピアのロマンティック・コメディ『十二夜』を原作に、現代風にアレンジした作品である[2]

ストーリー[編集]

女子サッカー部のストライカーとして活躍するヴァイオラ。ある日、彼女のサッカーチームが廃部となり、男子サッカー部への入部も断られるという憂き目にあう。そんなとき、ヴァイオラの双子の兄セバスチャンが新学期をサボり、ミュージシャンを目指してロンドンへ発つ、そこで、ヴァイオラはセバスチャンになりすまし学校へ潜入、男子サッカーチームに入部する。部員たちにも認められ順調にいくかに思われたヴァイオラ。しかし、偽セバスチャンの彼女は女子生徒のオリヴィアに惚れられ、自身はチームメイトのデュークに恋をし、デュークはオリヴィアに惹かれる、と思わぬ展開に。そんな中、何も事情を知らない本物のセバスチャンが帰ってくる。

キャスト[編集]

日本語吹替キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b She' The Man (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2015年8月10日閲覧。
  2. ^ 'Heavyweights' and 4 more kids' films that are smarter than you think”. 2015年8月10日閲覧。

関連項目[編集]

  • 彼女はハイスクール・ボーイ英語版 - 同じく『十二夜』を原作とするアメリカの学園もの映画。