アメリカ合衆国サッカー連盟2部プロフェッショナルリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アメリカ合衆国サッカー連盟2部プロフェッショナルリーグ
加盟国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
越境参加 カナダの旗 カナダ
プエルトリコの旗 プエルトリコ
大陸連盟 CONCACAF
創立 2010
最終年 2010
カンファレンス USLカンファレンス
NASLカンファレンス
参加クラブ 12
リーグレベル 第2部
上位リーグ なし
下位リーグ なし
国内大会 ラマー・ハント・USオープンカップ
カナディアン・チャンピオンシップ
最新優勝クラブ プエルトリコ・アイランダーズ (2010)
公式サイト USSF D2 Pro League at ussoccer.com

アメリカ合衆国サッカー連盟2部プロフェッショナルリーグUSSF Division 2 Professional League (D2 Pro League)[1])は、2010年にアメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)より、1シーズンのみ暫定的に開催されたセミプロサッカーリーグである。対立していたユナイテッドサッカーリーグ(USL)と北米サッカーリーグ(NASL)が歩み寄りを見せ、12チームで行われた。リーグはアメリカ合衆国カナダによって構成されるメジャーリーグサッカーに次ぐ2部組織だった[2]

歴史[編集]

2009年8月27日、ユナイテッドサッカーリーグの法人スポンサーだったナイキがその資本を投資信託会社のNuRock社へ売却した。これに端を発したいくつかの参加クラブがUSLの方針に合わないとして、2009年のシーズン終了後、北米サッカーリーグを立ち上げ独立した。その後両リーグ間で訴訟問題に発展したが、アメリカ合衆国サッカー連盟が仲介を行い、2つのリーグを形式上再統合してこのリーグが誕生した。

12チームが「USLカンファレンス」と「NASLカンファレンス」2組に分かれてリーグ戦を行った。

翌2011年からNASLを2部リーグ相当、USLの1部リーグ「USL Pro」を3部相当とし、各クラブがそれぞれのリーグに所属。USSF2部プロリーグは1年で解散された。

参加チームの一覧[編集]

クラブ 設立
USLカンファレンス
オースティン・アズテックス 2008
NSCミネソタ・スターズ 2009
ポートランド・ティンバーズ 2001
プエルトリコ・アイランダーズ 2003
ロチェスター・ライノズ 1996
FCタンパベイ 2008
NASLカンファレンス
カロライナ・レイルホークス 2006
クリスタル・パレス・ボルチモア 2006
マイアミFC 2006
モントリオール・インパクト 1992
ACセントルイス 2009
バンクーバー・ホワイトキャップス 1986

ポット分け[編集]

ポット1 NSCミネソタ・スターズ · ポートランド・ティンバーズ · ACセントルイス · バンクーバー・ホワイトキャップス
ポット2 クリスタル・パレス・ボルチモア · カロライナ・レイルホークス · モントリオール・インパクト · ロチェスター・ライノズ
ポット3 オースティン・アズテックス · マイアミFC · プエルトリコ・アイランダーズ · FCタンパベイ

試合方式[編集]

予選リーグは年間30試合で、同じカンファレンスに属するクラブとは4回総当り(20試合)、異なるカンファレンスとは1回総当り(6試合)に加え、カンファレンスに関係なく本拠地の近い地域の4チームと更に1試合ずつ追加で対戦を行う。

勝ち点は勝ち3・引き分け1・負け0で、それぞれのカンファレンスの1位が自動的に決勝トーナメントに進出。2位以下のチームはカンファレンスに関係なく、全12チームの勝ち点上位8位までのチームが進出する。

決勝トーナメントは8チームがたすきがけの方式(通算成績1位対8位、2位対7位、3位対6位、4位対5位)でまず1回戦を行い、以後は勝ち抜き制である。試合は2試合(ホーム・アンド・アウェートーナメント)の合計得点で競い、2試合の得点の多いチームが次のステップに進む。ただし2試合を終了しての合計が同点の場合、第2試合終了後に延長戦PK戦を行う。

年度別カンファレンス予選・年間総合優勝一覧[編集]

年度 NASLカンファレンス USLカンファレンス 予選リーグ総合1位 年間総合優勝
2010 カロライナ ロチェスター ロチェスター プエルトリコ

ベストイレブン[編集]

脚注[編集]