アメリカ合衆国シークレットサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメリカ合衆国シークレットサービス
United States Secret Service
Flag of the United States Secret Service.svg
シークレットサービスの旗
Logo of the United States Secret Service.svg
シークレットサービスのロゴマーク
組織の概要
設立年月日 1865年7月5日
継承前組織
  • ホワイトハウス警察隊
管轄 アメリカ合衆国連邦政府
本部所在地 ワシントンD.C.
人員 6,500人以上[1]
年間予算 16億6700万ドル(2010年度)[2]
監督大臣
  • ((etc.))
行政官
  • ジョセフ・クランシー (en)(長官代行)
上位組織 アメリカ合衆国国土安全保障省
ウェブサイト United States Secret Service(英語)

アメリカ合衆国シークレットサービス(アメリカがっしゅうこくシークレットサービス、: United States Secret ServiceUSSS)は、主にアメリカ合衆国大統領の警護を行う執行機関。

沿革[編集]

変遷[編集]

元々は南北戦争時に、偽造通貨の横行に対しての防諜捜査機関として創設された、アメリカ合衆国として最初の国内諜報機関で、後の財務省の麾下となる。その後連邦捜査局(FBI)・アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(ATF)・入国税関管理局(ICE)・内国歳入庁(IRS)等へ警察機構の任務は移行されていったが、財務省傘下に、貨幣の取締とともに伝統的に[3]大統領警護の業務も置かれていた(2001年まで)。

2001年のアメリカ同時多発テロ事件の影響で、国土安全保障省(DHS)が設置され、シークレットサービスも財務省から同省へと移管された。

年表[編集]

  • 1865年:7月5日、財務省に「Secret Service Division(秘密捜査部)」として設置
  • 1883年:財務省内の個別の機関として正式に承認される
  • 1894年:非公式に、グロバー・クリーブランド大統領の非常駐警護を始める
  • 1901年マッキンリー大統領暗殺事件を受け、議会が大統領警護を非公式に依頼
  • 1902年:フルタイムでの大統領警護を引き受ける
  • 1908年セオドア・ルーズベルト大統領が、職員の一部を司法省に移管し、建国当時からの大統領直轄の法執行機関「連邦保安官」とは別の新たな捜査機関「捜査局」(BOI)とする。現在の連邦捜査局(FBI)。
  • 1913年:議会が大統領の恒久的な護衛権限を承認
  • 1922年:10月1日、ウォレン・ハーディング大統領の要請に基づき「ホワイトハウス警察隊(White House Police Force)」が創設される
  • 1930年:ホワイトハウス警察隊が指揮下に置かれる
  • 1951年:議会が大統領等の護衛をシークレットサービスが行うことを正式に立法化
  • 1970年:ホワイトハウス警察隊が行政府保護局(Executive Protective Service)に改称される
  • 1977年:11月15日、行政府保護局がシークレットサービス制服部隊に改称される
  • 1984年:議会がカード詐欺・重大なコンピュータ詐欺・本人確認書類偽造に対する捜査権を承認
  • 1986年:10月5日、財務省警察がシークレットサービス制服部隊に統合される
  • 2001年愛国者法に基づき、電子犯罪特別対策部隊の設立が承認される
  • 2002年:国土安全保障省の設立に伴い、傘下に移管される
  • 2004年:バーバラ・リッグスが女性初の副長官に任命される
  • 2006年:電子犯罪特別対策部隊の支部が15から24に拡大される
  • 2013年:3月27日、初の女性長官ジュリア・ピアソン英語版が就任[4]
  • 2014年:10月1日、ホワイトハウスへの侵入事件等の相次ぐ警備上の不祥事の責任を取り、ピアソン長官が辞任。長官代行に幹部のジョセフ・クランシー英語版が就任[5]

組織[編集]

シークレットサービスは、特別捜査官(Special Agent)3,200人、制服部隊(Uniformed Division)1,300人、技術・管理部門2,000人からなる6000人以上の職員を抱えている[1]

制服部隊[編集]

2011年4月4日、制服部隊を前に演説を行うバラク・オバマ大統領。

このうち、1922年にホワイトハウス警察隊英語版として設立され、1930年のシークレットサービスへの完全統合で誕生した制服部隊は、ホワイトハウス一帯・副大統領官邸・財務省(ホワイトハウスの敷地内の部署)・ワシントンD.C.内の在外公館の安全を担っており、以下の部隊が存在する。[6]

  • カウンタースナイパー支援部隊(The Countersniper Support Unit:CS)…1971年創設。シークレットサービスのカウンタースナイパーに対する支援を行う。
  • 爆発物探知犬部隊(The Canine Explosives Detection Unit:K-9)…1976年創設。シークレットサービスの爆発物対策に対する支援を行う。
  • 緊急対応部隊(The Emergency Response Team:ERT)…1992年創設。ホワイトハウス及びその敷地内への不法侵入とその他の攻撃に対する戦術的な対応を行う。ERTの全職員は高度に専門的な訓練を積み、常に身体と戦術的技量を高度に維持しなければならない。
  • 金属探知機(Magnetometers)…シークレットサービスの警護地帯へ入る人物が、非武装であることを保証するために金属探知機による検査を行う。

任務[編集]

警護・警備[編集]

大統領専用リムジンのドアを開ける特別捜査官
2005年、ブッシュ大統領の就任式パレードで大統領の車列を警護する特別捜査官。

シークレットサービスの任務として広く知られているものは、

  • アメリカ合衆国正副大統領とその一家
  • 大統領選挙投票日まで120日を切って以降は、正副大統領候補とその配偶者、選挙結果確定以降就任までの次期正副大統領
  • 元大統領の一家(当人と離婚していない配偶者(当人が辞退した場合を除き、生涯警護対象となる[7])及び夫妻の16歳以下の子)
  • 訪米中の各国元首と、同行するその配偶者
  • その他の高位にある外国人訪米者
  • 外国で特別任務を行う合衆国の公式代表者
  • その他の大統領令で定められた個人
  • 国土安全保障省長官が定めた国家特別警備行事(NSSE)

警護警備[8]である(ちなみに、彼らのうち現職正副大統領及び次期正副大統領以外は、警護を拒否することもできる[9])。

合衆国大統領とその家族が旅行する際には、地元警察(アメリカ国内なら訪問先の州警察、日本外遊時なら訪問先の都道府県に関わらず警視庁警備部)及び軍と協力してエアフォースワンマリーンワン等の内部、また大統領専用車両から警護を行う。

シークレットサービスの大統領護衛部門の仕事はシフト制であり、2週間単位で昼勤、深夜勤、夜勤が入れ替わる。これが終わると2週間のトレーニング期間に入り、トレーニング期間が終了すればまた仕事に戻る形となっている。警護中は食事を摂ることも、雨の中で傘をさすことも出来ないなど肉体的に過酷であり[10]、だいたいは4、5年で限界が来るとされる[11]

捜査[編集]

しかしながら、シークレットサービス設立時の本来の任務は、偽造通貨などの取り締まり、様々な不正経理犯罪・個人情報窃盗の捜査、地域犯罪における科学捜査情報の提供である[12]。これらの任務では、政府小切手・トラベラーズチェックのような通貨等価物の偽造、いわゆるナイジェリアの手紙として有名なナイジェリア刑法第419条に抵触するような詐欺、クレジットカード詐欺の調査を行う。

また、連邦コンピュータ犯罪法に対する司法権も有している。シークレットサービスは合衆国全域に15の電子犯罪特別対策部隊 (Electronic Crimes Task Forces:ECTF) を設立している[13]。ここでは、技術的な犯罪を防止するためにシークレットサービス、連邦/地方警察、民間部門、学術部門との協力関係が構築されている。

権限[編集]

シークレットサービスの捜査官と職員には、合衆国法典第18編2部203章3056条により以下の権限が認められている[9][14]

  • 銃火器の携行
  • 連邦法の下に発行された令状を遂行する
  • 身辺で違法行為を行ったもの・重罪を犯した者を令状無しで逮捕する
  • シークレットサービスの管轄する法に反する者の逮捕を導く情報等の、提供の依頼と報酬の付与
  • 本人確認書類の偽造・詐欺商法・架空証券の捜査
  • 法で認可されたその他の職務の遂行

装備[編集]

特別捜査官[編集]

シークレットサービスの私服部隊は、TPOに応じた服を着用する。これは多くの場合、控えめなビジネススーツを意味する。 しかしながら、前述のようにTPOに応じた服を着用することから、彼らの衣服はタキシードからジーンズ、スポーツウェアまで多岐にわたるようである。例えば大統領がパーティーに出席するにはタキシード、大統領が乗馬ジョギングゴルフなどのスポーツを楽しむ際にはジーンズやスポーツウェアを着ている警護官を写真や映像などで確認することが出来る。

また、写真や映像などでも多く確認されるように、任務中は無線のアコースティックチューブ(透明シリコンのコイルイヤホン)を着用していることが多いほか、外での警護任務の際などには状況に応じてサングラスを着用する[15]

制服部隊[編集]

制服部隊については、ホワイトハウス警護官向けに儀礼服が用意されている。この儀礼服に関しては、通常の警察官の制服とほぼ同様のものとなっている。

また、専門的な作業・任務にあたる職員には、専用の衣服が用意されている。調査官のためには専用の作業服が、カウンタースナイパー(ホワイトハウス屋上から狙撃銃双眼鏡を手に24時間外周監視に当たっている[16])のためには作業服・識別ベストが用意されている。

使用する銃器[編集]

ウージーを構えるシークレットサービス(レーガン大統領暗殺未遂事件の発生直後)

2009年の時点で、特別捜査官と制服部隊の警護官がSIG SAUER P229.357SIG弾仕様[17]、およびFN Five-seveNを携行している[18]。 また、特別捜査官に関してはレミントンM870FN P90H&K MP5などの近接戦闘用武器の訓練も積んでいる[17]

1981年に起こったレーガン大統領暗殺未遂事件の際に、警護官がIMI ウージーを隠し持っていることが明らかになり、そこから彼らがサブマシンガンを携帯していることが知られるようになった。

訓練[編集]

シークレットサービスの新人職員は全員、犯罪捜査官訓練プログラム(Criminal Investigator Training Program (CITP))下のジョージア州グリンコの連邦法執行訓練センター(Federal Law Enforcement Training Center)で、法運用・銃火器操法・防御戦術・報告書の書き方等の基礎的な警察技術についての訓練を11週間受ける[19]

その後、彼らはワシントンD.C.に戻り、郊外のシークレットサービス訓練学校で17週間に及ぶ追加的な訓練を積む。ここでは、偽札クレジットカード詐欺の見破り方・物理的防護の方法・特殊な車両運転法など、シークレットサービスの二つの任務である「警護」と「経済犯捜査」に焦点を当てた訓練を行う。

これらの訓練終了後も、シークレットサービスの職員と捜査官は現役の間常に、銃火器操法・緊急医療などの訓練を行う[20]

警護官[編集]

シークレットサービスの捜査官の中でも、警護・警備の任務に就く者は、警護対象に関する様々な緊急事態シナリオをシミュレーションした訓練に参加する[20]。これらは、シークレットサービス以外の様々な捜査機関・司法機関等と連携して行われる場合もある。

有名な活動・不祥事[編集]

トルーマン大統領襲撃事件[編集]

大統領に対する襲撃を防いで死亡したエージェントは、ホワイトハウス警察隊(White House Police Force)に所属していたレスリー・コッフェルト (w:Leslie Coffelt) ただ一人である[21]。ホワイトハウスが改築中のため、ハリー・S・トルーマン第33代大統領は通りを隔てたブレアハウスに滞在していた。

1950年11月1日午後2時過ぎ、プエルトリコ国家主義者グリセリオ・トレソーラとオスカー・コラッツオの2人が大統領を暗殺する目的で近づき、コッフェルトを含むホワイトハウス警護官3名に対して発砲した。コッフェルトはルガーから発射された3発の銃弾を胸部と腹部に受けながらも応戦し、トレソーラの頭を打ち抜いて射殺している。 コラッツオは負傷するものの生き残り、1979年にプエルトリコに戻る前に29年間服役している。

同時多発テロにおける救助活動[編集]

シークレットサービスニューヨーク事務所は、2001年9月11日同時多発テロニューヨーク世界貿易センタービルのノースタワー (1WTC) とサウスタワー (2WTC) と共に崩壊した7WTCに位置していた。 攻撃の直後、ニューヨーク事務所に駐在していた特別捜査官と他の職員は真っ先に応急処置の対応を行った。ニューヨーク事務所に配置されていた67人の特別捜査官は、トリアージエリアの設置やタワーからの避難の手助けをすることで地元消防・警察救助隊の支援を行った。シークレットサービスの職員、Master Special officerのクレイグ・ミラーがこの救助作業中に命を落としている。[22]

2002年8月20日、長官のブライアン・スタフォードは救助活動に参加したすべての特別捜査官と従業員に対してディレクターズ・バロー賞を授与し、彼らの勇敢さを讃えた。[23]

米州サミットでの不祥事[編集]

2012年4月コロンビアで開催される米州首脳会議に向けて事前に派遣されていた特別警護官と制服部隊の11名が、宿泊していたカルタヘナの「ホテルカリブ」[24]のバーで出会った女性11名を自室に連れ込んだとして本国に送還された[25]。このうち一部の隊員は、連れ込んだ女性が売春婦であることを認めた[25]

ホワイトハウス侵入事件[編集]

2014年9月19日、刃物を持った男が柵を乗り越えてホワイトハウスの敷地内に入り込んだあと、さらに建物内部に上がり込み、大統領居住地区の近くにあって記者会見などがおこなわれる「イーストルーム」と呼ばれる大広間まで侵入して取り押さえられる事件が発生した[26]。大統領一家は事件数分前にホワイトハウスを離れていて、怪我人は出なかった[27]。事件を巡っては取り押さえられた場所が当初「玄関」とされていたものが、実際には建物の奥深くまで侵入していたことが内部告発で発覚するなど発表が二転三転し[28]、さらに同年9月にオバマ大統領がアトランタを訪問した際には、規律に反して武器を持った前科のある民間警備員と乗り合わせてしまうなど不祥事が続いたことから、ジュリア・ピアソン長官が引責辞任することとなった[29]

事務所[編集]

シークレットサービスの事務所の一覧[30]

類似組織[編集]

仕事の満足度[編集]

連邦政府職員の仕事の満足度に関する調査で、シークレットサービスは満足度最下位の機関となっている[31]

シークレットサービスが登場するフィクション作品[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

24 -TWENTY FOUR-
アーロン・ピアースが所属している。
ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル〜
『サバイバー・宿命の大統領』
エンド・オブ・キングダム
エンド・オブ・ホワイトハウス
ザ・シークレット・サービス
ザ・センチネル/陰謀の星条旗
バンテージ・ポイント
不機嫌な赤いバラ
ホワイトハウス・ダウン
ホワイトハウスが主要な舞台となるため、多数の人物が登場する。
ホワイトハウスの陰謀
ワイルド・ワイルド・ウエスト

ゲーム[編集]

SECRET SERVICE
コール オブ デューティ ブラックオプス2
国際テロ組織「コルディス・ダイ」によって攻撃を受けているロサンゼルスから大統領を脱出させるためにアメリカ軍FBILAPDらと協力して脱出地点まで大統領を護衛する。武装が強化されており、M8A1 アサルトライフルUH-60 ブラックホークを使用する。

脚注[編集]

  1. ^ a b How many people are employed by the Secret Service?
  2. ^ Reese, Shawn (January 8, 2013), [1] The U.S. Secret Service: An Examination and Analysis of Its Evolving Missions], Congressional Research Service, http://www.fas.org/sgp/crs/homesec/RL34603.pdf] 
  3. ^ 米国はその歴史的事情から、州と連邦との権限の分担に関して複雑であることが多く、財務省の全国的に強い権限を持つというのは他の省と比べて特殊な面があった。
  4. ^ A Look at New Secret Service Chief Julia Pierson
  5. ^ 米シークレットサービス統括責任者、ピアソン氏が辞任
  6. ^ UNIFORMED DIVISION
  7. ^ About the United States Secret Service > How long do former presidents receive Secret Service protection after they leave office?
  8. ^ PROTECTIVE MISSION(英語)
  9. ^ a b § 3056. Powers, authorities, and duties of United States Secret Service
  10. ^ これは全ての法執行官が同じであり、雨天の際はレインスーツ着用。休憩は指揮者の許可を受ける必要がある
  11. ^ DAN EMMETT (2014年10月2日). “「24時間睡眠なし食事なし」―シークレットサービスという仕事”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/articles/SB11102303130114484576704580189621538713734 2014年10月4日閲覧。 
  12. ^ Secret Service History”. United States Secret Service. 2008年3月9日閲覧。
  13. ^ Electronic Crimes Task Forces and Working Groups
  14. ^ What legal authority and powers do Secret Service agents have?
  15. ^ Why do agents seem to always wear sunglasses?
  16. ^ I saw people on the roof of the White House. What do they do?
  17. ^ a b A Stability Police Force for the United States: Justification and Options for Creating U.S. Capabilities”. http://rand.org — RAND Research Corporation (2009年). 2010年4月5日閲覧。
  18. ^ Jones, Richard D. Jane's Infantry Weapons 2009/2010. Jane's Information Group; 35 edition (January 27, 2009). ISBN 978-0710628695.
  19. ^ What kind of training do agents get?
  20. ^ a b What kind of training do Secret Service agents receive?
  21. ^ Has anyone ever been shot while guarding the President?
  22. ^ UNITED STATES SECRET SERVICE PRESS RELEASE PUB 12-02
  23. ^ UNITED STATES SECRET SERVICE PRESS RELEASE PUB 16-02
  24. ^ Nick Carbone (2012年4月14日). “Secret Service Misconduct in Colombia Embarrasses U.S. at Summit”. TIME. http://newsfeed.time.com/2012/04/14/secret-service-misconduct-in-colombia-embarrasses-u-s-at-summit/ 2013年1月9日閲覧。 
  25. ^ a b “ホテルに外国籍女性20人 米シークレットサービス買春問題”. The Wall Street Journal. (2012年4月18日). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-428613.html 2013年1月9日閲覧。 
  26. ^ [2]
  27. ^ [3]
  28. ^ [4]
  29. ^ [5]
  30. ^ U.S. SECRET SERVICE FIELD OFFICES
  31. ^ 米公務員の仕事満足度、首位はNASA 最下位は? CNN(2017年12月10日)2017年12月15日閲覧
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『In the President's Secret Service』Ronald Kessler ISBN 978-0307461353
  • 『The Secret Service: The Hidden History of an Engimatic Agency 』Philip H. Melanson Ph.D. ISBN 978-0786716173
  • 『Standing Next to History: An Agent's Life Inside the Secret Service』Joseph Petro, Jeffrey Robinson ISBN 978-0312332228
  • 『The U.S. Secret Service: Protecting Our Leaders』Connie Colwell Miller ISBN 978-1429612753
  • 『Confessions of an Ex-Secret Service Agent』George Rush ISBN 978-1556110542

関連項目[編集]