アメリカ合衆国住宅都市開発省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国行政機関
住宅都市開発省
United States Department of
Housing and Urban Development

Seal of the United States Department of Housing and Urban Development.svg


Flag of the United States Department of Housing and Urban Development.svg
住宅都市開発省本部
住宅都市開発省本部
役職
長官 マルシア・ファッジ英語版
概要
所在地 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
定員 10,600人(2004年)
年間予算 285億ドル(2006年度)
設置 1965年9月9日
ウェブサイト
www.hud.gov
テンプレートを表示

アメリカ合衆国住宅都市開発省(アメリカがっしゅうこくじゅうたくとしかいはつしょう、: United States Department of Housing and Urban Development略称: HUD)は、アメリカ行政機関のひとつ。

1965年リンドン・ジョンソン大統領によって設立された。

HUD報告書[編集]

1960年代末にHUD報告書を提出してこれが、自動運転による新交通システムの導入の契機になった。その後、各国で類似の概念の新交通システムの導入が1970年代から1980年台にかけて進んだ。当時はコンピュータの水準が現在よりも遥かに劣っていたものの、宇宙開発が一段落してオイルショックの後、石油を大量に消費する自動車による交通への反省から新交通システムの開発は精力的に進められた[1]

脚注[編集]