アメリカ合衆国駐箚イギリス大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アメリカ合衆国駐箚イギリス大使(アメリカがっしゅうこくちゅうさつイギリスたいし)は、アメリカ合衆国に派遣されるイギリスの外交使節である。正式名は、女王陛下のアメリカ合衆国駐箚大使 (Her Majesty's Ambassador to the United States of America) 。

大使公邸はワシントンD.C.のマサチューセッツ通りに面した位置に建つ。エドウィン・ラチェンス卿 (Edwin Lutyens) によって設計され、1928年に建造された。

目次

任務

駐米大使の地位は、欧州連合の常任議員や英国外務省の常任次官のそれと共に、英国の外交機関における最重要職の1つとされる。

大使の主たる義務は、米国の政府や国民に英国の政策を提示し、米国の政策と見解をイギリス政府に報告することである。大使は2国間の主要な連絡経路として奉仕し、条約交渉の際に重要な役割を演じる。

大使は、駐米英国領事部の長である。取引を支持して外交活動を指示するのみならず、査証の発給や、米国内の英国市民に対する領事の支援に関する最終的責任を有する。また、両国の文化的関係を管轄する。

歴史

初の駐米英国使節ジョージ・ハモンド (George Hammond) は、1791年7月5日に任命された。彼は、在ワシントン公使 (Minister in Washington)、またはアメリカ合衆国駐箚公使 (Minister to the United States of America) の肩書きを有した。

1809年、デイヴィッド・モンタギュー・アースキンと大統領ジェームズ・マディスンは大西洋上での船舶輸送に関する英米の論争に際して和解交渉をした。これが成功すれば米英戦争を回避できたかもしれない。しかし、この取引は国王ジョージ3世に拒絶され、英国政府はアースキンを召還した。

1850年代まで、使節の職名は「アメリカ合衆国駐箚の皇后陛下の特命使節および全権公使 (Her Majesty's Envoy Extraordinary and Minister Plenipotentiary to the United States of America) 」であり、英国は米国内のいくつかの都市に領事館を置いていた。ジョン・クランプトン卿在任中の1854年から1855年にかけて、英国領事は米国に対し、クリミア戦争への義勇兵徴募を求めた。米国政府は猛反対し、大統領フランクリン・ピアースはクランプトンの本国召還を要求した。イギリスがこれを拒絶したため、米国政府は1856年5月、ニューヨークフィラデルフィアシンシナティに駐在する英国領事らと共に、クランプトンを解雇した。幾多の交渉の末、翌年英国は公使館をワシントンに再び設置することを認められ、フランシス・ネイピアが新任の公使に就任した。

1893年、ワシントンの英国在外公館は公使館から大使館に昇格し、ジュリアン・ポーンスフット卿が「アメリカ合衆国駐箚のイギリス女王陛下の特命全権大使(Her Britannic Majesty's Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary to the United States)」の職名で、英国初の駐米大使に任命された(1889年着任)。

現大使ナイジェル・シェインウォールド卿は、2007年10月に任命された。

歴代大使

特命使節および全権公使(1791年-1893年)

ジョージ・ハモンド
  • 1791-1795: ジョージ・ハモンド
  • 1796-1800: ロバート・リストン
  • 1803-1806: アンソニー・メリー[1]
  • 1807-1809: 第2代アースキン男爵デイヴィッド・アースキン
  • 1809-1811: フランシス・ジェームズ・ジャクソン[2]
  • 1811-1812: オーガスタス・ジョン・フォスター
  • 1812-1815: 米英戦争により、派遣せず
  • 1815-1820: チャールズ・バゴット[3]
  • 1820-1824: 初代ストラットフォード・ド・ラドクリフ子爵ストラットフォード・カニング[4]
  • 1825-1835: チャールズ・リチャード・ヴォーン[5]
  • 1835-1843: ヘンリー・スティーヴン・フォックス[6]
  • 1843-1847: リチャード・パケナム[7]
  • 1849-1852: 初代ドーリング・アンド・ブルワー男爵ヘンリー・ブルワー[8]
  • 1852-1856: 第2代準男爵ジョン・クランプトン[9]
  • 1857-1858: 第10代ネイピア卿フランシス・ネイピア[10]
  • 1858-1865: 初代ライアンズ子爵リチャード・ライアンズ[11]
  • 1865-1867: フレデリック・ブルース[12]
  • 1867-1881: エドワード・ソーントン[13]
  • 1881-1888: 第2代サクヴィル男爵ライオネル・サクヴィル=ウェスト[14]
  • 1889–1893: 初代ポーンスフット男爵ジュリアン・ポーンスフット[15]

特命全権大使 (1893年以降)

  • 1893-1902: 初代ポーンスフット男爵ジュリアン・ポーンスフット
  • 1902-1903: マイケル・ヘンリー・ハーバート[16]
  • 1903-1906: モーティマー・デュラン[17]
  • 1907-1913: 初代ブライス子爵ジェームズ・ブライス[18]
  • 1913-1918: セシル・スプリング=ライス[19]
  • 1918-1919: 初代リーディング侯爵ルーファス・アイザックス
  • 1919-1920: 初代グレイ・オヴ・ファロドン子爵エドワード・グレイ
  • 1920-1924: オークランド・ゲッデス
  • 1924-1930: 初代ハワード・オヴ・ペンリス男爵エスメ・ハワード
  • 1930-1939: ロナルド・リンジー
  • 1939-1940: 第11代ロージアン侯爵フィリップ・カー
  • 1940-1946: 第3代ハリファックス子爵エドワード・ウッド
  • 1946-1948: 初代インヴァーチャペル男爵アーチボルド・クラーク・カー
  • 1948-1952: オリヴァー・フランクス
  • 1953-1956: ロジャー・メイキンズ
  • 1956-1961: カッチア男爵ハロルド・カッチア
  • 1961-1965: 第5代ハーレック男爵デイヴィッド・オーンズビー=ゴア
  • 1965-1969: パトリック・ディーン
  • 1969-1971: ジョン・フリーマン
  • 1971-1974: 第3代クローマー伯爵ローランド・ベアリング
  • 1974-1977: ピーター・ラムズボサム
  • 1977-1979: ピーター・ジェイ
  • 1979-1982: ニコラス・ヘンダーソン
  • 1982-1986: オリヴァー・ライト
  • 1986-1991: アントニー・アクランド
  • 1991-1995: ロビン・レンウィック
  • 1995-1997: カー・オヴ・キンロックハード男爵ジョン・カー
  • 1997-2003: クリストファー・マイヤー
  • 2003-2007: デイヴィッド・マニング
  • 2007-現職: ナイジェル・シェインウォールド[20]

フィクション内での大使

  • ジョン・マーベリー卿(NBC放映「ザ・ホワイトハウス」)
  • マーク・ブライドン卿(BBC放映「ザ・ステイト・ウィズイン」)

  1. ^ London Gazette: no. 15553, page 114, 25 January 1803.
  2. ^ London Gazette: no. 16260, page 736, 23 May 1809.
  3. ^ London Gazette: no. 17020, page 1076, 6 June 1815.
  4. ^ London Gazette: no. 17617, page 1430, 22 July 1820.
  5. ^ London Gazette: no. 18121, page 513, 26 March 1825.
  6. ^ London Gazette: no. 19310, page 1791, 25 September 1835.
  7. ^ London Gazette: no. 20279, page 3705, 14 November 1843.
  8. ^ London Gazette: no. 20972, page 1378, 27 April 1849.
  9. ^ London Gazette: no. 21284, page 183, 23 January 1852.
  10. ^ London Gazette: no. 21961, page 239, 23 January 1857.
  11. ^ London Gazette: no. 22209, page 5415, 14 December 1858.
  12. ^ London Gazette: no. 22945, page 1324, 3 March 1865.
  13. ^ London Gazette: no. 23330, page 6704, 6 December 1867.
  14. ^ London Gazette: no. 24994, page 8404, 8 July 1881.
  15. ^ London Gazette: no. 25917, page 1863, 2 April 1889.
  16. ^ London Gazette: no. 27471, page 5751, 5 September 1902.
  17. ^ London Gazette: no. 27614, page 6854, 10 November 1903.
  18. ^ London Gazette: no. 27995, page 1065, 15 February 1907.
  19. ^ London Gazette: no. 28713, page 2975, 25 April 1913.
  20. ^ The British Ambassador

今日は何の日(5月19日

もっと見る