アメリカ大統領選挙 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカ大統領選挙
ジャンル シミュレーションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ヘクト
アクシズアートアミューズ
発売元 ヘクト
人数 1人
メディア 2メガビット+64キロRAMロムカセット[1]
発売日 日本 198810281988年10月28日
その他 型式:HCT-AQ/002
テンプレートを表示

アメリカ大統領選挙』(アメリカだいとうりょうせんきょ)は、1988年10月28日ヘクトから発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。1988年アメリカ合衆国大統領選挙の本選挙直前に発売された。

概要[編集]

アメリカ合衆国大統領選挙政党予備選挙、全国党大会、そして本選挙を勝ち抜き、アメリカ合衆国大統領を目指すゲームである。

共和党、民主党ともにプレイヤーは3人の候補から1人選んでプレイすることができ、州ごとに強く主張する政策を選んで大統領候補を目指す内容となっていた。

作中において、プレイヤーを含めた5人の候補が各州における予備選(党員集会を含む)と本選で、政策決定や世論調査や選挙運動(演説やテレビCM)を行う。ただし、予備選は全ての州で行われる訳ではなく、一部の州ではコンピューターで自動処理される場合もある(獲得代議員数は固定数)。また、スーパー・チューズデーでは同日に多数の州で予備選が行われるため、予備選が行われる各州を3地域に分けそれぞれで選挙活動の設定を行った後に一斉に開票が行われる(開票は地域単位で行われ、獲得代議員数のゲームオーバー規定の対象となる)。全国党大会で党の候補者に選ばれた場合には、党内の予備選で競った他の4名の候補者から副大統領候補を選択して本選挙に臨む。

予備選挙中に2州続けて獲得代議員数15%未満となると、予備選辞退という形で強制的にゲームオーバーとなる。また、使用できる選挙資金にも上限があり、これを上回るとゲームオーバーとなる(一部の州の予備選ではコンピューターで自動処理される際の政治資金の出費に場合に関してはゲームオーバー規定の対象外である)。

政策項目は48あるが、1988年にゲームが発売されたため、ソ連ココムが存在していたり(1991年ソ連崩壊1994年にココム解散)、南アフリカアパルトヘイトを施行していたり(1991年に廃止)、パナマ運河が返還されていなかったり(1999年に返還)、反米ニカラグア政権に対する親米反政府勢力(コントラ)への支援が課題であったり(1990年に親米政権樹立によるコントラの武装解除と組織解体)、など後の政治情勢と異なる点がある。また、「エイズ患者の隔離」という差別政策はエイズの感染ルートに関する認識が一般国民に浸透していなかった時代の世相を現している。

ゲーム監修として、報道番組『CNNデイウォッチ』(1984年 - 1993年)のメインキャスターを務めた伊藤信太郎(後の衆議院議員)が務めた。

ゲーム内容[編集]

政策[編集]

環境問題
防衛問題
経済問題
教育モラル問題
対日本問題
外交問題

登場人物[編集]

大統領候補[編集]

共和党
  • プッシュ(P)
副大統領。テキサス州出身。中道派。WASP自由貿易主義。
  • サッシャー(P)
上院議員。ミシガン州出身。保守派。鉄の女。対日強硬派。
  • ロバート(P)
テレビ伝道師。バージニア州出身。ウルトラ派。キリスト教ニューライト。反共産主義。
  • ダール
  • サンダーソン
民主党
  • デカキス(P)
マサチューセッツ州知事。マサチューセッツ州出身。中道派。ギリシア系。労組に強い支持。
  • ザクソン(P)
牧師。イリノイ州出身。リベラル派。黒人。長年公民権運動に従事。
  • スズキ(P)
上院議員。カリフォルニア州出身。保守派。日系二世。農業議員。
  • レーダー
  • コア

スタッフ[編集]

  • アラン
元エージェンシー勤務。マーケティング調査が得意。
  • スコット
国務省勤務。政財界に顔が利く。
  • ペネロープ
元テレビ局特派員。五ヶ国語堪能。
  • バージル
ニュースキャスター。情報通。

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 23/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine 17.80/30点[1]

ゲーム誌『ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.80点(満30点)となっている[1]。同誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「思考力がモノを言うシミュレーションゲーム」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.23 2.89 2.92 2.90 2.63 3.23 17.80

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 305頁。
  2. ^ a b アメリカ大統領選挙 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年11月23日閲覧。