アメリカ碁コングレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

アメリカ碁コングレス (: U.S Go Congress) とは、全米最大規模の囲碁イベント[1]であり、1985年の第1回からアメリカ囲碁協会が主催している。全米囲碁オープンや北米INGマスターズ (2014年に合併) など、様々な行事[2]が並行開催される。

これまでの開催状況[編集]

アメリカ碁コングレスはアメリカ本土において、西海岸側から中部や東海岸側にいたるまでの様々な都市で開催されている。

開催年 回数 場所 スポンサー 全米囲碁オープン優勝者 マスターズ優勝者
1985 1st ウェストミンスター Thomas Hsiang
1986 2nd シアトル Ji Young Yoo
1987 3rd en:South Hadley, Massachusetts Western MA Go Club Chuang Zhuan Yu
1988 4th バークレー Hong Soo Shin
1989 5th ニューブランズウィック (ニュージャージー州) Paul Hu
1990 6th コロラドハイツ大学 Jung Ho Lim
1991 7th ロチェスター Empty Sky Go Club Si Yeon Li Charles Huh
1992 8th en:Salem, Oregon Woo Jin Kim Dae Yol Kim
1993 9th South Hadley, Massachusetts Western MA Go Club John Lee Charles Huh
1994 10th ワシントンD.C. Keun-Young Lee John Lee
1995 11th シアトル Danning Jiang Thomas Hsiang
1996 12th クリーブランド Danning Jiang Jong Moon Lee
1997 13th ランカスター Thomas Hsiang Keun Young Lee
1998 14th サンタフェ Jie Li Jong Moon Lee
1999 15th サンフランシスコ Danning Jiang
2000 16th デンバー Ted Ning Thomas Hsiang
2001 17th ヨーク (ペンシルベニア州) Baltimore Go Club Yongfei Ge Ke Huang
2002 18th シカゴ Jung Hoon Lee Jie Li
2003 19th ヒューストン Houston Go Club Jie Li Joey Hung
2004 20th ロチェスター Empty Sky Go Club Jie Li
2005 21st タコマ Tacoma Go Club and Seattle Go Center Xuefen Lin
2006 22nd ブラックマウンテン Triangle Go Group Andy Liu Zhaonian (Michael) Chen
2007 23rd ランカスター Penn Go Society Yongfei Ge Mingjiu Jiang
2008 24th ポートランド Portland Go Club Myungwan Kim Yun Feng
2009 25th Washington, D.C. NOVA Go Club Andy Liu
2010 26th コロラドスプリングス Springs Go Club Huiren Yang
2011 27th サンタバーバラ Orange County Go Club & LA Go Club Yongfei Ge Zi Yang Hu
2012 28th Black Mountain, North Carolina The Triangle Go Group Zi Yang Hu Zi Yang Hu
2013 29th Tacoma, Washington Tacoma Go Club and Seattle Go Center Yuhan Zhang Zi Yang Hu
2014 30th ニューヨーク Mark Lee
2015 31st en:Twin Cities, Minnesota Yulin Tong
2016 32nd ボストン Bao Yun
2017 33rd サンディエゴ Wu Hao
2018 34th ウィリアムズバーグ National Go Center Tim Song
2019 35th マディソン 牛栄子
2020 36th en:Estes Park, Colorado

全米囲碁オープンの歴代入賞者[編集]

全米囲碁オープンはクラス別戦なので、以下では最上位クラスの入賞者を掲載する。

開催年 優勝者 準優勝者 3位 4位 5位 6位
2013[3] Yuhan Zhang
2012[4] Zi Yang Hu Ge Liu Zhiyuan (Andy) Liu Pengwang Song Curtis Tang Beomgeun Cho
2011[5] Yongfei Ge ZhaoNian Chen Zi Yang Hu Mingming Yin Mengchen Zhang Tianyu (Bill) Lin
2010[6] Myungwan Kim
2009[7]
2008[8] Kuo Yin Yongfei Ge Bi Jang 江鳴久 Eric Lui
2007[9] Yongfei Ge 江鳴久 Guangjiong Chen Zhaonian Chen Eric Lui

[Jie Liang

2006[10] Zhiyuan Liu (Andy) 江鳴久

[Seung Hyun Hong

Curtis Tang Zhaonian Chen Dal Soo Kim
2005[11] Xuefen Lin Takahiro Kitagawa Yongfei Ge Haifeng Liu Lu Wang (Jeffrey) & Zhaonian Chen
2004[12] Jie Li Lu Wang Yongfei Ge Xuefen Lin Minshan Shou Mozheng Guan

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コングレスは本来なら「会議」という意味だが、このイベントは座って話を聞くというよりも、「囲碁の全米大会」という性格がとても強い。
  2. ^ 他にも、早碁、ペア碁、囲碁講座、大盤解説などが行われる。
  3. ^ 2013 US Open
  4. ^ 2012 US Open
  5. ^ 2011 US Open
  6. ^ 2010 US Open
  7. ^ 2009 US Open
  8. ^ 2008 US Open
  9. ^ US Open 2007 Final standings
  10. ^ 2006 US Open
  11. ^ 2005 US Go Congress
  12. ^ AMERICAN GO E JOURNAL August 9, 2004