アメリカ (強襲揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメリカ
USS America (LHA-6) off Rio de Janeiro in August 2014.JPG
基本情報
運用者  アメリカ海軍
級名 アメリカ級強襲揚陸艦
モットー "Bello vel pace paratus"
("Ready for War or Peace")
母港 佐世保海軍基地
艦歴
発注 2007年6月1日
起工 2009年7月17日
進水 2012年6月4日
就役 2014年10月11日
要目
満載排水量 45,693トン
全長 844ft(257m)
最大幅 106ft(32m)
機関 CODLOG方式
主機 高速機
LM2500+ガスタービン(35,000hp)×2基
巡航機
・APS、4,000kW ディーゼル発電機×6基
・補助電動機(5,000hp)×2基
推進 ロールス・ロイス製直径5m可変ピッチスクリュープロペラ×2軸
出力 70,000hp
速力 約22ノット
航続距離 9,500海里(20ノット巡航時)
乗員 士官:65名
曹士:994名
海兵隊員:1,687名~1,871名
兵装発展型シースパロー短SAM Mk 29 8連装発射機×2基
RAM近SAM Mk 49 21連装発射機×2基
Mk 15 20mm ファランクスCIWS×2基
Mk 38 25 mm 機関砲×3門
Mk 95 12.7mm連装機銃[1]7基
搭載機 制海艦運用の場合
V/STOL機を中心に20機前後
通常時
V/STOL機6機及び回転翼機を加えて合計約30機[2]
テンプレートを表示

アメリカ英語: USS America, LHA-6)は、アメリカ海軍強襲揚陸艦であり、アメリカ級強襲揚陸艦の1番艦である。

艦歴[編集]

2009年7月17日ミシシッピ州パスカグーラインガルス造船所で起工。2012年6月4日に進水、2014年10月11日サンディエゴ海軍基地で就役した。

2019年1月30日、「ワスプ」に代わって在日米軍佐世保基地に配備される方針が発表され[3][4][5]、同年4月26日、ドック能力補完のためのドック型輸送揚陸艦「ニューオーリンズ」と共に日本に配備されることが発表された[6]

同年12月6日、午前7時40分頃、佐世保基地に配備された[7]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 軍事研究 2015年7月号 217頁
  2. ^ 世界の艦船』2012年12月号 150-153頁
  3. ^ “佐世保に強襲揚陸艦配備へ 米軍、航空攻撃力強化か”. 産経ニュース. (2019年1月30日). https://www.sankei.com/smp/photo/daily/news/190130/dly1901300022-s.html 2019年1月31日閲覧。 
  4. ^ “佐世保に大型強襲艦配備検討=「小型空母」並み、F35B重視-米海軍”. 時事通信. (2019年2月3日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2019020300281&g=int 2019年2月18日閲覧。 
  5. ^ “揚陸艦「アメリカ」の日本配備、アジア太平洋地域での新たな軍拡競争開始が目的なのか”. Sputnik 日本. (2019年2月7日). https://jp.sputniknews.com/opinion/201902075893241/ 2019年2月18日閲覧。 
  6. ^ “USS America, USS New Orleans to Forward Deploy to Japan, USS Stethem and USS Wasp to Return to U.S.”. COMMANDER, U.S. 7TH FLEET. (2019年4月26日). https://www.c7f.navy.mil/Media/News/Display/Article/1824792/uss-america-uss-new-orleans-to-forward-deploy-to-japan-uss-stethem-and-uss-wasp/#.XMK4IHYdKE8.twitter 2019年4月27日閲覧。 
  7. ^ “米海軍「ミニ空母」を長崎・佐世保港に配備 中国をけん制か”. テレビ長崎. (2019年12月6日). http://www.ktn.co.jp/news/20191206284629/ 2019年12月6日閲覧。 

参照[編集]

関連項目[編集]