アヤックス・アムステルダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アヤックス
原語表記 Amsterdamsche Football Club Ajax
愛称 de Godenzonen (Sons of the Gods),[1][2] de Joden (the Jews), I Lancieri (The Lancers), Lucky Ajax
クラブカラー 赤と白
創設年 1900年
所属リーグ エールディヴィジ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン アムステルダム
ホームスタジアム ヨハン・クライフ・アレナ
収容人数 54,990[3]
代表者 オランダの旗 ヘニー・ヘンリフス
監督 オランダの旗 エリック・テン・ハフ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

AFCアヤックスAmsterdamsche Football Club Ajax (オランダ語発音: [ˈaːjɑks]))、略称アヤックス・アムステルダムアヤックスは、オランダ北ホラント州アムステルダムに本拠地を置くサッカークラブ。エールディヴィジに所属。

エールディヴィジ優勝は最多の26回、UEFAチャンピオンズリーグは3連覇を含む4回、インターコンチネンタルカップ2回の優勝をしており、リーグ優勝10回のフェイエノールト、21回のPSVと共に、オランダの強豪クラブと認識されている。オランダで最も人気のあるクラブである[4]。フェイエノールトとの対戦はデ・クラシケルと呼ばれる。

1900年に創立。1971年から1973年にかけUEFAチャンピオンズカップ3連覇を達成、優勝カップ「ビッグイヤー」の永久保持を認められた。1972年にはエールディヴィジKNVBカップ、チャンピオンズカップを制覇してトレブルを達成。また、1972年のインターコンチネンタルカップで優勝。同じ年にリーグ、チャンピオンズカップ、コンチネンタルカップ優勝を果たした3つのクラブの1つ(他にユヴェントスバイエルン・ミュンヘンが達成している)。

歴史[編集]

1900-1950[編集]

1900年3月18日にアムステルダムの小さなカフェからアヤックスは生まれた。創設者はフロリス・ステンペルオランダ語版

1902年 クラブ名をFCアイウス (Footh-Ball Club Ajax) と名づける。名前の由来はギリシャ神話に登場するアイアースという人物で(Aiasをオランダ語でAjaxと読む)、ステンペル自身この人物をとても尊敬している。

1908年 クラブ名をAFCアヤックス (Amsterdamsche Football Club Ajax) に改名。

1910年 初のコーチとしてジョン・キーワンを雇う。とてもフットボールと呼べる状態ではなかったチームを監督の指導によって常勝チームにまで押し上げる。1911年にクラブ史上初の1部昇格を果たす。

1917年 イギリス人監督ジャック・レイノルズの下で初のリーグ優勝とカップタイトルを獲得する。当時の彼のトレーニング方法は現在に至る世界有数の育成プログラムの基礎となっている。28年から40年の間に5度のリーグ優勝へ導き、最初の黄金時代を迎える。しかし、第二次世界大戦の影響で一時クラブは弱体化。約10年間タイトルから遠ざかる低迷期へと続く。戦争中、オランダ人が立て篭もるスタディオン・デ・メールオランダ語版だけは制圧できなかったという逸話もある。

1950-2000[編集]

1956年 オランダのプロリーグ化が進む。プロ第一号はピート・カイザーである。

1965年リヌス・ミケルスが就任。ミケルス監督がトータルフットボールと呼ばれる戦術を作り、ヨハン・クライフピート・カイザーシャーク・スワルトらがそれを実践し、黄金時代が訪れた。ミケルス就任当時のアヤックスはまだヨーロッパの第一線を行くクラブではなかった。チャンピオンズカップは一度も獲得したことがなく、オランダリーグの代表といえば、フェイエノールトであった。ミケルスの最初の2年間は厳しく、困難なものであった。チームはうまく機能せず、イタリア、スペイン、イングランドの有力クラブのような巨大な経済力は持ち合わせていなかった。生え抜き選手、そしてオランダ人だけという限られた条件の下、最高レベルの試合に挑戦していった。

降格の危機にあったが、ミケルス就任の翌年からリーグ3連覇を成し遂げた。UEFA主催のリーグにおいてはUEFAチャンピオンズカップの1968-69シーズン決勝でACミランに1-4で敗れたものの、この敗戦が、それから続く全ての栄光の始まりとなる。翌シーズンはクライフの他ヨハン・ニースケンスアリー・ハーンなどの若手が育ち、1970-71シーズンからチャンピオンズカップ3連覇を果たす。ロンドン(ウェンブリー)でのパナシナイコス戦2-0、監督はシュテファン・コヴァチに代わるも、ロッテルダムでの対インテル戦2-0、ベオグラードでの対ユヴェントス戦1-0。アヤックスにとって輝かしい3シーズンであった。これらの成功の多くは選手達を鍛え上げたミケルスの功績であった。

<4-3-3>、1973年、チャンピオンズカップ3連覇時のメンバー

1985年ヨハン・クライフテクニカルディレクターに就任。アヤックス・ユースアカデミー (Ajax Youth Academy) を設立。

1986-87シーズンはフランク・ライカールトマルコ・ファン・バステンらを擁し、チームはUEFAカップウィナーズカップを獲得した。

1991-92シーズンはアシスタントコーチからトップチームの監督へと昇格したルイ・ファン・ハールの指揮の下、UEFAカップを獲得した。

チャンピオンズリーグ1994-95シーズン決勝では、エトヴィン・ファン・デル・サールミハエル・ライツィハーダニー・ブリントフランク・ライカールトロナルド・デ・ブールフランク・デ・ブールの兄弟、エドガー・ダーヴィッツクラレンス・セードルフヤリ・リトマネンパトリック・クライファートフィニディ・ジョージマルク・オーフェルマルスなどを率いてイタリアのACミランを1-0で下し、4度目の欧州制覇を成し遂げている。またこの年には、トヨタカップでブラジルのグレミオFBPAをPK戦の末辛くも勝利、クラブ世界一のタイトルを手にしている。

1995-96シーズンには、再びチャンピオンズリーグ決勝の舞台に上がったが、ペルッツィデル・ピエロなどを擁したユヴェントスにPK戦の末敗れている。なお1994-95シーズンから1995-96シーズンでユヴェントスに敗れるまでチャンピオンズリーグ19戦無敗という記録を打ち立てている。当時ルイ・ファン・ハール監督が「我々は負けることに慣れていない」という名言を残している。以後は、ボスマン判決の影響を受け、チームの主力や有望な若手を他国の有力クラブから引き抜かれる傾向が強まったこともあり、ファン・ハールが指揮した第二次黄金期の強さを維持しながら世代交代を進めることができず、欧州の大会で好成績を残せていない状況が続いている。

2000-[編集]

ボスマン判決以降、ユース育成に「谷間の世代」ができた分を外国籍選手で補った。アヤックスのスカウト網は世界中に及んだ。そして、獲得してきたのがイブラヒモビッチ(現ACミラン)、トラベルスィーミドといった選手である。

2002-03シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝ACミラン戦の激闘では、ACミランのサポーターが健闘を称え、ロナルド・クーマン率いるアヤックスのイレブンにスタンディングオベーションを送っている。これ以降のシーズンも、2005-06シーズンまでチャンピオンズリーグ本戦に連続出場をし、2005-06シーズンにおいては決勝トーナメント1回戦まで進出した。

しかし、2006-07と2007-08シーズンは、予備戦3回戦にてそれぞれコペンハーゲンSKスラヴィア・プラハといったクラブに敗れ、チャンピオンズリーグ本戦出場を逃した。特に2007-08シーズンは、チャンピオンズリーグ予備戦3回戦敗退で出場することとなったUEFAカップにおいて、1回戦にてディナモ・ザグレブに敗れる失態を演じた。

2007年クルゼイロEC2008年3月にFCバルセロナと業務提携を結んだ。

2009-10シーズンはマルティン・ヨル監督の下、34試合で106ゴールと圧倒的な攻撃力を見せるも、首位のトゥウェンテに勝点1届かず2位に終わる。

2010-11シーズンはチャンピオンズリーグの予備予選とプレーオフを勝ち抜き、5シーズンぶりにチャンピオンズリーグ本戦出場を果たす。 ヨル監督がシーズン途中で辞任するなど、パフォーマンスが安定しない前半戦だったが、後任のフランク・デ・ブール監督がチームに安定性をもたらし、首位決戦となった最終節のFCトゥウェンテ戦で勝利し、劇的な7シーズンぶりのエールディヴィジ制覇を達成。

2011年4月13日、東日本大震災の被災者支援慈善試合としてアヤックス側からJリーグクラブ清水エスパルスを招待し、入場料などの収益と約2週間の募金活動で合計約600万ユーロ(約7億2600万円)が集まり、オランダ赤十字を通して義援金として寄付されることとなった[5]

2012年5月2日、VVVフェンローを2-0で下し、エールディヴィジ2連覇を達成。連覇は1993年〜1996年以来16年振りの出来事。

2013年5月5日、ヴィレムIIを5-0で下し、エールディヴィジ3連覇達成。

2014年4月27日、ヘラクレス・アルメロ戦で引き分けるも、クラブ史上初となるエールディヴィジ4連覇を達成。

2016年、これまで4年半の間監督を務めていたフランク・デ・ブールが退任。新監督にピーター・ボスが就任。

2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは予選2回戦から出場。SKシュトゥルム・グラーツスタンダール・リエージュディナモ・キエフに勝利し、本大会出場を果たした。グループリーグではバイエルン・ミュンヘンSLベンフィカAEKアテネと対戦。ドイツ王者を相手に2度引き分けるなど無敗で2位通過し、2015-16シーズンのPSV以来オランダ勢3シーズンぶりのベスト16入りを果たした。決勝トーナメント1回戦では大会3連覇中のレアル・マドリードを相手にホームの1stレグを1-2で落とすも2ndレグで4-1(合計スコア5-3)と逆転勝利し、2006-07シーズンのPSV以来オランダ勢12シーズンぶりの準々決勝進出を果たした。準々決勝では前々回準優勝のユヴェントスと対戦し、ホームの1stレグで1-1で引き分けるも2ndレグで2-1(合計スコア3-2)と競り勝ち、2004-05シーズンのPSV以来オランダ勢14シーズンぶりの準決勝進出を果たした。準決勝トッテナム戦ではアウェイの1stレグを1-0で勝ち、ホームでも前半のうちに2点を追加。合計スコア3-0として通過を決定づけたかに思われたが、トッテナムMFルーカスに後半だけで3点を返されアウェイゴールの差で逆転敗退となった。それでも予選出場チームのベスト4進出は史上初の快挙であり、欧州トップクラスの強豪クラブを相手に一歩も引かず渡り合った若手たちの戦いぶりは世界中から称賛された。

19-20シーズンのチャンピオンズリーグには前シーズンオランダ王者として3次予選から出場し、PAOKサロニカとAPOELニコシアを下して本選への切符を掴んだ。グループステージではチェルシーバレンシアリール・メトロポールと対戦。トップクラブ不在の混戦の末、最終節バレンシア戦はホームで引き分け以上なら突破という状況であったが、先制されて取り返せないまま0-1で敗北し、グループ3位でELに回った。ELラウンド32ではスペインのヘタフェと対戦。アウェイの1stレグを0-2で落とし、ホームの2ndレグでも先制され、その後2点を返すが力尽き敗退した。なお直近2シーズンの欧州カップ戦においてアウェイで敗れたのはこれが初めてであった。一方エールディヴィジでは序盤から優勝争いのポジションを維持。25節時点でAZと勝点で並び得失点差で上回って1位であったが、ここで同時期の新型コロナウィルス感染拡大によりリーグ戦の中止が決定し、そのままシーズンを終了した。なお、1位ではあるが優勝クラブとしては扱われない[6]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • エールディヴィジ:26回
    • 1956-57, 1959-60, 1965-66, 1966-67, 1967-68, 1969-70, 1971-72, 1972-73, 1976-77, 1978-79, 1979-80, 1981-82, 1982-83, 1984-85, 1989-90, 1993-94, 1994-95, 1995-96, 1997-98, 2001-02, 2003-04, 2010-11, 2011-12, 2012-13, 2013-14, 2018-19
  • KNVBカップ:19回
    • 1916-17, 1942-43, 1960-61, 1966-67, 1969-70, 1970-71, 1971-72, 1978-79, 1982-83, 1985-86, 1986-87, 1992-93, 1997-98, 1998-99, 2001-02, 2005-06, 2006-07, 2009-10, 2018-19

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン KNVBカップ 欧州カップ その他 国内リーグ最多得点者
リーグ 順位 選手 得点数
1956-57 エールディヴィジ 34 22 5 7 49 64 49 1位 ヴィム・ブライエンベルフ 21
1957-58 エールディヴィジ 34 17 8 9 62 44 42 3位 ヨーロピアンカップ 準々決勝敗退 ルーク・デン・エデル 17
1958-59 エールディヴィジ 34 15 7 12 77 63 37 6位 準々決勝敗退 ヤン・セーレン 16
1959-60 エールディヴィジ 34 22 6 6 109 44 50 1位 ヘンク・フロート 41
1960-61 エールディヴィジ 34 22 7 5 102 51 51 2位 優勝 ヨーロピアンカップ 予選敗退 ヘンク・フロート 55
1961-62 エールディヴィジ 34 16 7 11 80 59 39 4位 4回戦敗退 カップウィナーズカップ 1回戦敗退 ヘンク・フロート 35
1962-63 エールディヴィジ 30 17 5 8 73 41 39 2位 4回戦敗退 セース・フロート 23
1963-64 エールディヴィジ 30 13 8 9 40 23 34 5位 準決勝敗退 セース・フロート 36
1964-65 エールディヴィジ 30 9 8 13 52 51 26 13位 1回戦敗退 クラース・ヌニンハ 15
1965-66 エールディヴィジ 30 24 4 2 79 25 52 1位 準々決勝敗退 ヨハン・クライフ 25
1966-67 エールディヴィジ 34 26 4 4 122 34 56 1位 優勝 ヨーロピアンカップ 準々決勝敗退 ヨハン・クライフ 41
1967-68 エールディヴィジ 34 27 4 3 96 19 58 1位 準優勝 ヨーロピアンカップ 1回戦敗退 ヨハン・クライフ 33
1968-69 エールディヴィジ 34 25 4 5 90 34 54 2位 3回戦敗退 ヨーロピアンカップ 準優勝 ヨハン・クライフ 34
1969-70 エールディヴィジ 34 27 6 1 100 23 60 1位 優勝 ヨハン・クライフ 33
1970-71 エールディヴィジ 34 24 5 5 90 20 53 2位 優勝 ヨーロピアンカップ 優勝 ヨハン・クライフ 27
1971-72 エールディヴィジ 34 30 3 1 104 20 63 1位 優勝 ヨーロピアンカップ 優勝 ヨハン・クライフ 33
1972-73 エールディヴィジ 34 30 0 4 102 18 60 1位 2回戦敗退 ヨーロピアンカップ 優勝 インターコンチネンタルカップ 優勝 ヨハン・クライフ 22
1973-74 エールディヴィジ 34 21 9 4 88 30 51 3位 準決勝敗退 ヨーロピアンカップ 2回戦敗退 ヨニー・レップ 17
欧州スーパーカップ 優勝
1974-75 エールディヴィジ 34 21 7 6 76 34 49 3位 ベスト16 UEFAカップ 3回戦敗退 ルート・ヘールス 30
1975-76 エールディヴィジ 34 21 8 5 74 38 50 3位 準々決勝敗退 UEFAカップ 3回戦敗退 ルート・ヘールス 29
1976-77 エールディヴィジ 34 23 6 5 62 26 52 1位 ベスト32 UEFAカップ 1回戦敗退 ルート・ヘールス 34
1977-78 エールディヴィジ 34 20 9 5 85 36 49 2位 準優勝 ヨーロピアンカップ 準々決勝敗退 ルート・ヘールス 30
1978-79 エールディヴィジ 34 22 6 6 77 41 50 1位 優勝 UEFAカップ 3回戦敗退 セーレン・レアビー 16
1979-80 エールディヴィジ 34 22 6 6 77 41 50 1位 準優勝 ヨーロピアンカップ 準決勝敗退 ディック・ショーナケル 13
1980-81 エールディヴィジ 34 22 4 8 88 54 48 2位 準優勝 ヨーロピアンカップ 2回戦敗退 ヴィム・キーフト 17
1981-82 エールディヴィジ 34 26 4 4 117 42 58 1位 ベスト16 カップウィナーズカップ 1回戦敗退 ヴィム・キーフト 32
1982-83 エールディヴィジ 34 26 6 2 106 41 58 1位 優勝 ヨーロピアンカップ 1回戦敗退 ヴィム・キーフト 19
1983-84 エールディヴィジ 34 22 7 5 100 46 51 3位 ベスト16 ヨーロピアンカップ 1回戦敗退 マルコ・ファン・バステン 28
1984-85 エールディヴィジ 34 24 6 4 93 46 54 1位 ベスト16 UEFAカップ 2回戦敗退 マルコ・ファン・バステン 22
1985-86 エールディヴィジ 34 25 2 7 120 35 52 2位 優勝 ヨーロピアンカップ 1回戦敗退 マルコ・ファン・バステン 37
1986-87 エールディヴィジ 34 25 3 6 92 30 53 2位 優勝 カップウィナーズカップ 優勝 マルコ・ファン・バステン 31
1987-88 エールディヴィジ 34 23 4 7 78 40 50 2位 ベスト32 カップウィナーズカップ 準優勝 ジョン・ボスマン 25
UEFAスーパーカップ 準優勝
1988-89 エールディヴィジ 34 22 6 6 74 32 50 2位 準々決勝敗退 UEFAカップ 1回戦敗退 デニス・ベルカンプ
シュテファン・ペテルソン
13
1989-90 エールディヴィジ 34 19 11 4 67 23 49 1位 準決勝敗退 UEFAカップ 1回戦敗退 アーロン・ヴィンター 10
1990-91 エールディヴィジ 34 22 9 3 75 21 53 2位 準々決勝敗退 デニス・ベルカンプ 25
1991-92 エールディヴィジ 34 25 5 4 83 24 55 2位 準々決勝敗退 UEFAカップ 優勝 デニス・ベルカンプ 22
1992-93 エールディヴィジ 34 20 9 5 87 30 49 3位 優勝 UEFAカップ 準々決勝敗退 デニス・ベルカンプ 26
1993-94 エールディヴィジ 34 26 2 6 86 26 54 1位 準決勝敗退 カップウィナーズカップ 準々決勝敗退 スーパーカップ 優勝 ヤリ・リトマネン 26
1994-95 エールディヴィジ 34 27 7 0 106 28 61 1位 準々決勝敗退 チャンピオンズリーグ 優勝 スーパーカップ 優勝 パトリック・クライファート 18
1995-96 エールディヴィジ 34 26 5 3 97 24 83 1位 ベスト16 UEFAスーパーカップ 優勝 スーパーカップ 優勝 パトリック・クライファート 15
チャンピオンズリーグ 準優勝 インターコンチネンタルカップ 優勝
1996-97 エールディヴィジ 34 17 10 7 55 31 61 4位 ベスト32 チャンピオンズリーグ 準決勝敗退 ヨハン・クライフ・スハール 準優勝 パトリック・クライファート
ヤリ・リトマネン
6
1997-98 エールディヴィジ 34 29 2 3 112 22 89 1位 優勝 UEFAカップ 準々決勝敗退 ショタ・アルベラーゼ 25
1998-99 エールディヴィジ 34 16 9 9 73 41 57 6位 優勝 チャンピオンズリーグ GS敗退 ヨハン・クライフ・スハール 準優勝 ヤリ・リトマネン
ベニー・マッカーシー
11
1999-00 エールディヴィジ 34 18 7 9 72 51 61 5位 ベスト16 UEFAカップ 3回戦敗退 ヨハン・クライフ・スハール 準優勝 リチャード・クノッペル
ニコス・マフラス
10
2000-01 エールディヴィジ 34 18 7 9 85 43 61 3位 ベスト16 UEFAカップ 2回戦敗退 ショタ・アルベラーゼ 17
2001-02 エールディヴィジ 34 22 7 5 73 34 73 1位 優勝 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退 ラファエル・ファン・デル・ファールト 14
UEFAカップ 2回戦敗退
2002-03 エールディヴィジ 34 26 5 3 96 32 83 2位 準決勝敗退 チャンピオンズリーグ 準々決勝敗退 ヨハン・クライフ・スハール 優勝 ラファエル・ファン・デル・ファールト 18
2003-04 エールディヴィジ 34 25 5 4 79 31 80 1位 ベスト16 チャンピオンズリーグ GS敗退 ズラタン・イブラヒモビッチ 13
2004-05 エールディヴィジ 34 24 5 5 74 33 77 2位 準決勝敗退 チャンピオンズリーグ GS敗退 ヨハン・クライフ・スハール 準優勝 ライアン・バベル
ヴェスレイ・スナイデル
7
UEFAカップ ベスト32
2005-06 エールディヴィジ 34 18 6 10 66 41 60 4位 優勝 チャンピオンズリーグ ベスト16 ヨハン・クライフ・スハール 優勝 クラース・ヤン・フンテラール 16
2006-07 エールディヴィジ 34 23 6 5 84 35 75 2位 優勝 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退 ヨハン・クライフ・スハール 優勝 クラース・ヤン・フンテラール 21
UEFAカップ ベスト32
2007-08 エールディヴィジ 34 20 9 5 94 45 69 2位 4回戦敗退 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退 ヨハン・クライフ・スハール 優勝 クラース・ヤン・フンテラール 33
UEFAカップ 1回戦敗退
2008-09 エールディヴィジ 34 21 5 8 74 41 68 3位 3回戦敗退 UEFAカップ ベスト16 ルイス・スアレス 22
2009-10 エールディヴィジ 34 27 4 3 106 20 85 2位 優勝 ヨーロッパリーグ ベスト32 ルイス・スアレス 35
2010-11 エールディヴィジ 34 22 7 5 72 30 73 1位 準優勝 チャンピオンズリーグ GS敗退 ヨハン・クライフ・スハール 準優勝 ムニル・エル・ハムダウィ 13
ヨーロッパリーグ ベスト16
2011-12 エールディヴィジ 34 23 7 4 93 36 76 1位 4回戦敗退 チャンピオンズリーグ GS敗退 ヨハン・クライフ・スハール 準優勝 シーム・デ・ヨング 13
ヨーロッパリーグ ベスト32
2012-13 エールディヴィジ 34 22 10 2 83 31 76 1位 準決勝敗退 チャンピオンズリーグ GS敗退 ヨハン・クライフ・スハール 準優勝 シーム・デ・ヨング 12
ヨーロッパリーグ ベスト32
2013-14 エールディヴィジ 34 20 11 3 69 28 71 1位 準優勝 チャンピオンズリーグ GS敗退 ヨハン・クライフ・スハール 優勝 コルベイン・シグソールソン
デイヴィ・クラーセン
10
ヨーロッパリーグ ベスト32
2014-15 エールディヴィジ 34 21 8 5 69 29 71 2位 ベスト16 チャンピオンズリーグ GS敗退 ヨハン・クライフ・スハール 準優勝 アルカディウシュ・ミリク 11
ヨーロッパリーグ ベスト16
2015-16 エールディヴィジ 34 25 7 2 81 21 82 2位 3回戦敗退 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退 アルカディウシュ・ミリク 21
ヨーロッパリーグ GS敗退
2016-17 エールディヴィジ 34 25 6 3 79 23 81 2位 3回戦敗退 チャンピオンズリーグ プレーオフ敗退 カスパー・ドルベリ 15
ヨーロッパリーグ 準優勝
2017-18 エールディヴィジ 34 25 4 5 89 33 79 2位 ベスト16 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退 ダヴィド・ネレス 14
ヨーロッパリーグ プレーオフ敗退
2018-19 エールディヴィジ 34 28 2 4 119 32 86 1位 優勝 チャンピオンズリーグ 準決勝敗退 ドゥシャン・タディッチ 28
2019-20 エールディヴィジ 25 18 2 5 68 23 56 1位[7] 準決勝敗退 チャンピオンズリーグ GS敗退 ヨハン・クライフ・スハール 優勝 クインシー・プロメス
ドゥシャン・タディッチ
16
ヨーロッパリーグ ベスト32
2020-21 エールディヴィジ 34 チャンピオンズリーグ

現所属メンバー[編集]

フォーメーション[編集]

2019-2020シーズン 基本フォーメーション

現在のメンバー[編集]

2020年9月19日現在
No. Pos. 選手名
1 オランダの旗 GK マールテン・ステケレンブルフ
2 オランダの旗 DF ユリエン・ティンバー (Flag of Curaçao.svg)
3 オランダの旗 DF ペール・スフールス
4 メキシコの旗 DF エドソン・アルバレス
7 ブラジルの旗 FW ダヴィド・ネレス
8 オランダの旗 MF ライアン・フラーフェンベルフ (Flag of Suriname.svg)
9 オランダの旗 FW クラース・ヤン・フンテラール
10 セルビアの旗 FW ドゥシャン・タディッチ
11 オランダの旗 FW クインシー・プロメス (Flag of Suriname.svg)
12 モロッコの旗 DF ヌサイル・マズラウィ(Flag of the Netherlands.svg)
16 オランダの旗 GK キエル・スヘルペン
17 オランダの旗 DF デイリー・ブリント
No. Pos. 選手名
18 オランダの旗 MF ユルヘン・エケレンカンプ
19 モロッコの旗 MF ザカリア・ラビアド(Flag of the Netherlands.svg)
20 ガーナの旗 MF モハメド・クドゥス
21 アルゼンチンの旗 DF リサンドロ・マルティネス
23 ブルキナファソの旗 FW ラシナ・トラオレ
24 カメルーンの旗 GK アンドレ・オナナ
27 オランダの旗 MF ノア・ラング
28 アメリカ合衆国の旗 DF セルジーニョ・デスト(Flag of the Netherlands.svg)
31 アルゼンチンの旗 DF ニコラス・タグリアフィコ (Flag of Italy.svg)
33 クロアチアの旗 GK ドミニク・コタルスキ
39 ブラジルの旗 FW アントニー

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

レンタル移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
No. Pos. 選手名
out
No. Pos. 選手名
-- オランダの旗 DF キク・ピーリー (FCトゥウェンテ)
-- アルゼンチンの旗 DF リサンドロ・マガジャン (FCクロトーネ)
No. Pos. 選手名
-- ルーマニアの旗 MF ラズヴァン・マリン (カリアリ・カルチョ)
-- オランダの旗 MF カレル・アイティンフ (ハダースフィールド・タウンFC)

スタッフ[編集]

2019-2020シーズン体制

歴代監督[編集]

氏名 国籍 期間
ジョン・キーワン 1910-1915
ジャック・レイノルズ 1915-1925
ハロルド・ローズ 1925-1926
スタンリー・キャッスル 1926-1928
ジャック・レイノルズ 1928-1940
ヴィルモス・ハルパーン 1940-1941
ドルフ・ファン・コール 1941-1945
ジャック・レイノルズ 1945-1947
ロバート・スミス 1947-1948
ウォルター・クルーク 1948-1950
ロバート・トムソン 1950-1953
ウォルター・クルーク 1953-1954
カール・ヒューメンベルガー 1954-1959
ビク・バッキンガム 1959-1961
ケイス・シュプルゲオン 1961-1962
ペピ・グルーベル 1962-1963
ジャック・ローレイ 1963-1964
ヴィック・バッキンガム 1964-1965
リヌス・ミケルス オランダの旗 オランダ 1965-1971
シュテファン・コヴァチ  ルーマニア 1971-1973
ジョージ・クノベル 1973-1974
ハンス・クラーイ 1974-1975
リヌス・ミケルス オランダの旗 オランダ 1975-1976
トミスラヴ・イビッチ 1976-1978
コル・ブロム 1978-1979
レオ・ベーンハッカー オランダの旗 オランダ 1979-1981
クルト・リンデル 1981-1982
ア・デモス オランダの旗 オランダ 1982-1985
ヨハン・クライフ オランダの旗 オランダ 1985-1988
クルト・リンデル 1988-1989
レオ・ベーンハッカー オランダの旗 オランダ 1989-1991
ルイ・ファン・ハール オランダの旗 オランダ 1991-1997
モアテン・オルセン  デンマーク 1997-1998
ヤン・ボウタース オランダの旗 オランダ 1998-2000
ハンス・ベッセルホフ オランダの旗 オランダ 2000
コー・アドリアーンセ オランダの旗 オランダ 2000-2001
ロナルド・クーマン オランダの旗 オランダ 2001-2005
ダニー・ブリント オランダの旗 オランダ 2005-2006
ヘンク・テン・カテ オランダの旗 オランダ 2006-2007
アドリー・コスター オランダの旗 オランダ 2007-2008
マルコ・ファン・バステン オランダの旗 オランダ 2008-2009
マルティン・ヨル オランダの旗 オランダ 2009-2010
フランク・デ・ブール オランダの旗 オランダ 2011-2016
ピーター・ボス オランダの旗 オランダ 2016-2017
マルセル・カイザー オランダの旗 オランダ 2017
ミハエル・ライツィハー オランダの旗 オランダ 2017
エリック・テン・ハフ オランダの旗 オランダ 2017-

歴代所属選手[編集]

その他[編集]

サテライトクラブ[編集]

下部組織[編集]

スタジアム[編集]

上記2つはアムステルダム・アレナが完成するまで併用

永久欠番[編集]

スポンサー[編集]

メイン
テクニカル
パートナー
スポンサー
2014-15シーズンスポンサーシップ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Perryman, Mark (2013). Hooligan Wars: Causes and Effects of Football Violence. Mainstream. p. 167. ISBN 978-1-78057-813-2. https://books.google.com/books?id=XpzYlUPrKj0C&pg=PT167 
  2. ^ Stokvis, Ruud (2014). Lege kerken, volle stadions. Amsterdam UP. pp. 45–. ISBN 978-90-485-2180-7. https://books.google.com/books?id=vWmCAwAAQBAJ&pg=PT45 
  3. ^ Het Stadion.”. johancruijffarena.nl. 2019年5月22日閲覧。
  4. ^ Según una investigación, Boca no es la mitad más uno” (スペイン語) (2008年2月26日). 2013年5月14日閲覧。
  5. ^ 清水がオランダで慈善試合 義援金は約7億円 スポーツナビ 2011年4月14日
  6. ^ エールディヴィジ、欧州主要リーグ初の今季打ち切りを正式発表…優勝や昇降格はなし”. サッカーキング (2020年4月25日). 2020年6月14日閲覧。
  7. ^ 新型コロナウイルスの影響によるリーグ打ち切りのため、残り8試合が中止となった。また、アヤックスはリーグ優勝扱いとはならない
  8. ^ Ajax Cape Town primeur in professionele sportwereld” (Dutch). Ajax.nl. 2012年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月23日閲覧。
  9. ^ Ajax gaat technische samenwerking aan met FC Omniworld” (Dutch). Ajax.nl. 2012年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月23日閲覧。
  10. ^ Ajax en Barcelona gaan samenwerken” (Dutch). Soccernews.nl. 2013年5月1日閲覧。
  11. ^ Ajax en FC Barcelona gaan samenwerken” (Dutch). Voetbalcentraal.nl. 2013年5月1日閲覧。
  12. ^ Komst Jonathas en Anderson startpunt van samenwerking met Cruzeiro” (Dutch). Soccernews.nl. 2013年4月30日閲覧。
  13. ^ Ajax proud of unique collaboration”. Ajax.nl. 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月24日閲覧。
  14. ^ Palmeiras: "Zoveel mogelijk uitwisselen met Ajax"” (Dutch). Goal.com. 2013年5月2日閲覧。
  15. ^ AS Trenčín gaat definitief samenwerken met Ajax” (Dutch). Ajax1.nl. 2012年12月9日閲覧。
  16. ^ Ajax Announce 5-Year Partnership With Chinese Super League Club Guangzhou R&F”. Sports Illustrated. 2017年11月27日閲覧。
  17. ^ Ajax gaat samenwerken met Sagan Tosu”. Ajax Showtime. 2018年1月26日閲覧。
  18. ^ Sydney FC sign historic partnership with Ajax” (English). sydneyfc.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  19. ^ Ajax investeert in jeugdopleiding Sparta”. AD.nl. 2019年3月20日閲覧。

関連項目[編集]