アユタヤ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アユタヤ駅
アユタヤ駅
アユタヤ駅
อยุธยา
Ayutthaya
バンポー (8.33km)
(3.61km) バンマ
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
アユタヤ県
プラナコーンシーアユッタヤー郡
駅番号 1031
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 一等駅
所属路線 北本線
東北本線
キロ程 71.08km(クルンテープ駅起点)
電報略号 อย.
駅構造 地上駅
ホーム 3面4線
開業年月日 1897年3月26日
テンプレートを表示

アユタヤ駅(アユタヤえき、タイ語:สถานีรถไฟอยุธยา)は、タイ王国中部アユタヤ県プラナコーンシーアユッタヤー郡にある、タイ国有鉄道北本線である。

概要[編集]

アユタヤ駅構内

アユタヤ駅は、タイ王国中部アユタヤ県県庁所在地であり、人口14万人が居住するプラナコーンシーアユッタヤー郡にある。市街の中心部に位置するため、利便性が良い。駅の正面側は西口であるが、両側とも市街地でありにぎやかである。

アユタヤ駅は、ユネスコ世界文化遺産に「古都アユタヤ」として登録されているアユタヤ歴史公園の最寄り駅であり、タイ王国の中でも屈指の観光地である。このため、観光客の列車利用も多く、クルンテープ駅(バンコク駅)から当駅の乗車率はかなり高くなっている。バンコク駅からの距離は71.08kmで、特急で約1時間半、普通列車で約2時間で結んでいる。普通列車利用の場合の運賃は、3等車で15バーツ(約45)で、特急列車利用の場合は、指定席で315バーツ(約945円)で、昼食のサービスがある。

また、一等駅であり、特急の停車駅でもある。当駅はタイ国鉄北本線東北本線の共用区間に位置する。このため、この区間は列車の運転頻度が高く、1日当たり78列車(39往復)の発着があり、当駅を含むランシット駅-バーンパーチー分岐駅が3線区間でもある。

歴史[編集]

タイ最初の官営鉄道としてバンコク - ナコンラチャシーマ間が建設される事になり、その最初の開通区間としてクルンテープ駅 - アユタヤ駅間が、1897年3月26日に開業した[1]。この時点で当駅は終着駅であったが約1ヶ月後にケンコーイ駅まで延伸開業された事により途中駅となった。目標のナコンラチャシーマまで開通後北本線を建設する事になり、当駅より18.87km北にあるバーンパーチー駅より分岐してチエンマイまでの工事が開始された。

  • 1897年3月26日 【開業】クルンテープ駅 - アユタヤ駅 (71.08km)
  • 1897年5月1日 【開業】アユタヤ駅 - ケンコーイ駅 (54.02km)

駅構造[編集]

単式ホーム及び島式ホーム2面の複合型ホーム3面4線をもつ地上駅であり、駅舎と改札口は、西口のホームに面している。駅舎と各ホームは踏切で連絡しているが、東西の自由通路はない。

駅周辺[編集]

ワット・プラシーサンペット(アユタヤ歴史公園)

駅前にレンタサイクルやバイクの店があるので観光に適している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.25

参考文献[編集]

  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]