アライド・エア111便着陸失敗事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アライド・エア 111便
Allied Air Cargo Boeing 727-200F Iwelumo-1.jpg
事故機のボーイング727
事故の概要
日付 2012年6月2日
概要 滑走路のオーバーラン
現場 ガーナの旗 コトカ国際空港
乗客数 0
乗員数 4
負傷者数
(死者除く)
不明
死者数 12 (地上)
生存者数 4 (乗員全員)
機種 ボーイング 727-221F Adv
運用者 ナイジェリアの旗 アライド・エア
機体記号 5N-BJN[1]
出発地 ナイジェリアの旗 ムルタラ・モハンマド国際空港
目的地 ガーナの旗 コトカ国際空港
テンプレートを表示

アライド・エア111便着陸失敗事故 (アライド・エア111びんちゃくりくしっぱいじこ)[1]とは、2012年6月2日に発生した航空事故である[2] 。この事故で、地上の12人が死亡した[3]

事故機[編集]

事故機のボーイング 727-221F Advプラット・アンド・ホイットニーJT8D-17Aエンジンを3基搭載していた。初飛行は1982年4月16日で、1991年12月4日には破産したパンアメリカン航空の最終便として運航された機体であった[1]。2006年にアライド・エアが同機を購入した。

事故の経緯[編集]

111便はDHL便として運航されていた貨物便だった[1] 。111便は現地時間19時15分頃にコトカ国際空港の滑走路21に着陸した[2]。しかし滑走路を突き抜けて外周フェンスを壊し、道路を走っていたタクシーとミニバスに衝突した[1] 。乗員4人は無事だったが、ミニバスに乗っていた10人全員とタクシーに乗っていた1人と自転車に乗っていた1人が死亡した[3]。その他の被害も複数報告された。

事故調査[編集]

コトカ国際空港に111便が着陸した時、雨が降っていたことが判明している[2]。 空港筋によると、同機は滑走路の途中で滑走路21に着陸していたため、オーバーランが発生した[3]。 だが、事故原因は未だ不明のままになっている[4]

111便の事故はガーナ史上最悪の航空機事故となっている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

座標: 北緯5度36分 西経0度11分 / 北緯5.600度 西経0.183度 / 5.600; -0.183