アラウンド・ザ・ワールド (加藤和彦の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラウンド・ザ・ワールド
加藤和彦シングル
初出アルバム『パパ・ヘミングウェイ
B面 ジョージタウン
リリース
規格 シングルレコード
録音 1979年7月 – 8月
ジャンル スカ
AOR
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
K-19W
作詞・作曲 安井かずみ、加藤和彦
プロデュース 加藤和彦
加藤和彦 シングル 年表
シンガプーラ
(1976年)
アラウンド・ザ・ワールド
(1979年)
ソルティ・ドッグ
(1980年)
パパ・ヘミングウェイ 収録曲
  1. スモール・キャフェ (SMALL CAFÉ)
  2. メモリーズ (MEMORIES)
  3. アドリアーナ (ADRIANA)
  4. サン・サルヴァドール (SAN SALVADOR)
  5. ジョージタウン (GEORGETOWN)
  6. レイジー・ガール (LAZY GIRL)
  7. アラウンド・ザ・ワールド (AROUND THE WORLD)
  8. アンティルの日 (THE DAY OF ANTILLES)
  9. メモリーズ(リプライズ) (MEMORIES-REPRISE)
テンプレートを表示

アラウンド・ザ・ワールド」(AROUND THE WORLD)は1979年10月21日に発売された加藤和彦のソロ名義による6枚目のシングルである。

解説[編集]

「アラウンド・ザ・ワールド」は加藤和彦が制作した両A面シングルで、1979年7月にバハマナッソーで録音された。当初は「ジョージタウン」をA面として、ワーナー・パイオニア移籍第1弾アルバム『パパ・ヘミングウェイ』の先行シングルとして発売されたが、のちにカップリング曲扱いだった当曲もA面扱いとなり、カバーのタイトル表記も変更された。歌詞は安井かずみが手がけ、世界旅行をするカップルが、リオデジャネイロニューヨークニューポートバンコクボンベイモンテカルロアラスカを巡る内容となっている(「ジョージタウン」も帆船旅行について歌われている)。サウンド面ではスカが採り上げられ[1]、ヴォーカルはダブルトラックで録音された。また、音楽評論家の渡辺亨によれば、当曲にはアーヴィング・バーリン作曲の「踊るリッツの夜」(Puttin' On the Ritz)が引用されているという[2]

アートワーク[編集]

カバーにはトシ矢嶋が撮影したバハマ滞在時のスナップが使用された。カバーには以下のキャッチコピーが記されている。

ポップ感覚溢れる加藤和彦の移籍第1弾シングル。
録音はナッソー、コンパス・ポイント・スタジオマイアミクライテリア・スタジオ

ダブ・ミックス[編集]

加藤の1980年発表のアルバム『うたかたのオペラ』の初回プレス分には当曲のダブ・ミックスを収録したボーナスEPが付けられた。このヴァージョンではシングル/アルバム・ヴァージョンにはないサックスが聴かれる。

収録曲 / パーソネル[編集]

全曲作詞:安井かずみ、作編曲:加藤和彦
収録時間はオリジナル・シングルレコードの表記に基づく。

SIDE 1[編集]

  1. アラウンド・ザ・ワールド (AROUND THE WORLD) - (4:26)
    加藤和彦 - ヴォーカル、ギター、ウッドブロック
    大村憲司 - ギター、ヴィブラスラップカバサ
    小原礼 - ベース
    高橋幸宏 - ドラムス、ベル、タンバリン
    坂本龍一 - フェンダー・ローズウーリッツァー、シンセサイザー

SIDE 2[編集]

  1. ジョージタウン (GEORGETOWN) - (4:54)
    加藤和彦 - ヴォーカル、ギター
    大村憲司 - ギター
    小原礼 - ベース
    高橋幸宏 - ドラムス
    坂本龍一 - ピアノ、ウーリッツァー、ヴォコーダー
    マーク・コルビー - テナーサックス

脚注[編集]

  1. ^ 『バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦 ヨーロッパ3部作』p.20
  2. ^ ミュージック・マガジン』 2009年12月号 p.41

参考文献[編集]

  • POPEYE 1980年12月10日号』平凡出版、1980年12月。
  • 『加藤和彦スタイルブック あの頃、マリー・ローランサン』CBSソニー出版、1983年11月。ISBN 978-4-78-970111-2。
  • 『ミュージック・マガジン 2009年12月号』株式会社ミュージック・マガジン、2009年12月。
  • 『バハマ・ベルリン・パリ〜加藤和彦 ヨーロッパ3部作』牧村憲一 (監)、リットーミュージック、2014年3月。ISBN 978-4-84-562367-9。
  • 『大村憲司のギターが聴こえる』ギター・マガジン (編)、リットーミュージック、2017年2月。ISBN 978-4-84-562991-6。