アラクニー・ソラーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アラクニー・ソラーラ(Arachne Solara)は『ルーンクエスト』の背景世界グローランサに登場する架空の神性。他の神性のセクションなどでも言及されることがある「大いなる盟約(時とも呼ばれる)」の母であり、現在のグローランサを統べる、もっとも強大な女神であるにもかかわらず、ほとんどルール上での言及がされない謎の存在。自身と同様に謎に満ちた「無限」のルーンを所有する。この女神を組織的に信仰しているものはいない。

神話[編集]

蜘蛛の姿で描かれる女神であるが、グローランサの蜘蛛の女神はアラネアと呼ばれる別の神性である。 大暗黒の終わりに、地界においてエントロピーと虚無と滅びの混沌神“神殺し”カージャボールを生きたまま貪り喰らい、「実在」と「エントロピー」、そして「法」と「混沌」とを組み合わせ、「時」と呼ばれる新しい神を生んだ[1]。大暗黒のさなかの大破壊でグローランサは「壊れて」おり、アラクニー・ソラーラは294柱(グローランサの一年の日数と同じである)の僕とともに自らの網で世界をつなぎとめ、編み上げたとされる。

こうしてつぎはぎになったグローランサは大変もろくなっており、神々がその力を自由に揮える場所ではなくなってしまった。その様なことをすれば世界をつなぎとめる糸がほつれ、世界に混沌が侵入するきっかけとなるのである。混沌との戦いに倦んだ神々は「時」の支配を受け入れ、神代に行った行為を通じてしか世界に干渉できなくなった。太陽が昇り沈むのも、季節が巡るのも、全て「時」の力である。「時」の到来して以後を「歴史時代」、それ以前を「神話時代」と区別する。

関連する神[編集]

グローランサに存在する神は全て「大いなる盟約」の支配を受け入れており、明確な敵対神を持たない。

赤の女神
ルナー帝国の守護女神の再生は「大いなる盟約」の修正事項として神々に受け入れられた。彼女はアラクニー・ソラーラの時の力の秘密を知っていると自称している。
アラネア(aranea)
グローランサの蜘蛛の女神。アヴァロンヒル版サプリメント“Troll Gods(未訳)”の記述内に友好カルトとしてわずかにアラクニー・ソラーラの記述がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イサリーズ社のサイトのKajaboorの項目より。なお、カージャボールが地界にやって来たのは、混沌の首魁“悪魔”ワクボスとの仲間割れの末に殺されたためだが、神話によってはカージャボールではなくワクボスが喰らわれたことになっている場合もある。