アラスカ (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラスカ
Gthumb.svg
画像募集中
基本情報
種別 ショートドリンク
作成技法 シェイク
淡黄色透明
グラス Cocktail Glass (Martini).svg   カクテル・グラス
アルコール度数
度数 35度[1] - 43度[2]
レシピの一例
ベース ドライ・ジン
材料
ドライ・ジン …… 3/4
シャルトリューズ・ジョーヌ …… 1/4
テンプレートを表示

アラスカ (Alaska Cocktail) とは、ショートドリンクに分類される、ジンをベースとしたカクテルの1種である。正式名称はアラスカ・カクテルであるが、通常、アラスカと省略するので以降もアラスカと記す。

スキニン・アンド・エディ・カクテルとも呼ばれる[3]

概要[編集]

1920年代に、アメリカ合衆国サウスカロライナ州で修行中だったハリー・クラドックが考案した[3][4]。クラドックは1930年に『サヴォイ・カクテル・ブック』を編纂し刊行するが、そこには「アラスカ原住民(Esquimoax)の愛飲酒ではない」「サウスカロライナ州で考案されたらしい」と考案者名を記していない[4][5]

アルコール度数の高いカクテルとして有名(35度[1]から43度[2]くらい)。

日本では、バリエーションとなるグリーン・アラスカのほうが人気が高くなっている[4]

標準的なレシピ[編集]

標準的なレシピを以下に示す[3][4][5]

作り方
材料をシェークし、カクテル・グラスに注ぐ[4][5]
ステアで作る場合もある[3]

グリーン・アラスカ[編集]

グリーン・アラスカは、アラスカのバリエーションでシャルトリューズ・ジョーヌ(黄)の代わりにシャルトリューズ・ヴェール(緑)を用いたもの[3][4]エメラルド・アイルとも呼ばれる[4]

アラスカよりもアルコール度数が高くなっている(39度[6]から49度[7]くらい)。

標準的なレシピ[4]
  • ドライ・ジン 3/4
  • シャルトリューズ・ヴェール 1/4
作り方
材料をシェークし、カクテル・グラスに注ぐ。

他のバリエーション[編集]

  • グリーン・アラスカの割合をそのままにして、シャルトリューズ・ヴェールと同量のレモン・ジュースを加えると、「スプリング・フィーリング」となる。ドライ・ジン : シャルトリューズ・ヴェール : レモン・ジュース = 2:1:1。
  • ドライ・ジンを半量とし、その減った分と同量のチェリー・ブランデーを使用すると、「ザンシア」となる。

出典[編集]

  1. ^ a b ホテルパシフィック東京監修 『カクテル大全1000』 永岡書店、2008年、83頁。ISBN 978-4-522-42269-4。
  2. ^ a b 稲保幸 『色でひけるカクテル』 大泉書店、2003年、163頁。ISBN 4-278-03752-X。
  3. ^ a b c d e アラスカ(alaska) (PDF)”. THE PLACE (2009年2月23日). 2019年3月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 『カクテル教室』 保育社、1996年、72頁。ISBN 9784586508877。
  5. ^ a b c The Savoy Hotel (2014). The Savoy Cocktail Book. Hachette UK. p. 18. ISBN 9781472114259. 
  6. ^ YYT project編 『おうちでカクテル』 池田書店、2007年、135頁。ISBN 978-4-262-12918-1。
  7. ^ 桑名伸佐監修 『カクテル・パーフェクトブック』 日本文芸社、2006年、36頁。ISBN 978-4-537-20423-0。