アラブ連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アラブ連合( - れんごう)とは、統一されて独立したアラブ国家の樹立をイギリス帝国アラブ人に約束したフサイン=マクマホン協定などに初めて使用された用語であり、その実現が後のサイクス・ピコ協定によって不可能となって以降のアラブ人は、ガマール・アブドゥル=ナーセルエジプトアラブ首長国連邦チュニジアリビアイラクシリアヨルダンスーダン北イエメンなどのアラブ諸国と複数回に亘ってアラブ連邦国家の樹立を試みるなど、アラブ連合の実現を目指して来た。

2004年エジプトカイロで開かれたアラブ連盟首脳会議においてイエメン大統領アリー・アブドッラー・サーレハは、政治的な主体としても地理的な主体としても今よりも強力になることができ、世界的な問題にも対応できる能力を得られるとして、アラブ連盟の後継としてのアラブ連合の創設を提案した。しかしながら、この提案は、首脳会議のアジェンダに盛り込まれるまでに至らなかった。しかし、2009年カタールドーハで開かれた首脳会議においては、アジェンダに盛り込まれ、この構想が検討・議論されることに決まった[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yemen Proposes Replacing Arab League With Arab Union, Agence France-Presse, 11 February 2004