アラベラ・エリザベス・ルーペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Arabella Elizabeth Roupell13.png

アラベラ・エリザベス・ルーペル(Arabella Elizabeth Roupell、1817年3月23日 - 1914年7月31日)は、イギリス植物画家である。匿名で出版された、『女性の描いた南アフリカの花』("Specimens of the flora of South Africa by a Lady")で知られる。

略歴[編集]

シュロップシャーの教区牧師で大地主の娘に生まれた。1840年にイギリス東インド会社の士官のトーマス・ボーン・ルーペルと結婚した。1843年に子供が生まれた後、夫がケープ植民地に派遣され、夫とともにケープに渡った.[1]。2年間の南アフリカ滞在中に、余暇に目に付いた現地の花の絵を描き始めた。ケープを訪れ、同じホテルに滞在していたカルカッタ植物園ナサニエル・ウォーリッチがルーペルの絵のすばらしさに驚き、一緒に植物採集し、家族をケープに滞在する天文学者のトーマス・マクレア夫妻に紹介し、メアリー・マクレアと生涯の友人となった。実業家でケープタウン植物園を創立したフォン・ルドヴィヒ(Carl Ferdinand Heinrich von Ludwig)やキューガーデンから派遣されたプラントハンターのジェームズ・ボウイ などとも親しくなった。

1945年にマドラスに戻り、植物画を描き続けた。ウォーリッチが植物園を退職し1846年にロンドンに戻ると、ルーペルの絵をキューガーデン園長のウィリアム・ジャクソン・フッカーに見せた。出版されることが決まり、義理の兄弟の植物学者ジョージ・ルーペルと10点の絵が選ばれ、有名な版画家、ポール・ゴーチ(Paul Gauci)が版を製作し、アイルランドの植物学者、ウィリアム・ヘンリー・ハーヴィーが解説を担当した。アトラスフォリオ版の豪華本は貴族・上流階級むけに100部限定で販売され、べつにヴィクトリア女王アルバート王子、東インド会社総督に献じられた.[2]。イギリス内外で好評であり、コレクションの対象となった。

1858年に夫は東インド会社を退職するまでに、インドのコインバトールやカッダロールの民事裁判所判事(sessions judge)を務めた。アラベラは庭園の世話をしたり、父親の遺産で受け取った屋敷などで過ごした。

出版されなかったアラベラの原画は1950年にIlltyd Pole-Evansによって発見され、1951年にヨハネスブルグ・パブリック・ライブラリで展示された後、ケープタウン大学に寄贈され、ボルス標本館(Bolus Herbarium)に収蔵された。1964年にそのうちの11点が『続女性の描いたケープの花』("More Cape Flowers by a Lady")の表題で刊行された。

ヤマモガシ科の種、Protea roupelliae献名された。

ルーペルの植物画[編集]

Roupellは、植物の学名命名者を示す場合にアラベラ・エリザベス・ルーペルを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

評伝[編集]

  • Arabella Roupell: Pioneer Artist of Cape Flowers – Allan Bird (Johannesburg: The South African Natural History Publication Company, 1975) ISBN 0-620-01917-4

参考文献[編集]

  1. ^ Botanical Exploration of Southern Africa – Mary Gunn & L. ;E. Codd (1981)
  2. ^ http://www.botanicus.org/item/31753002794540