アラベラ・ステュアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レディ・アラベラ・ステュアート
Lady Arabella Stuart
Lady Arabella Stuart.jpg
晩年のアラベラ
出生 1575年
イングランド王国の旗 イングランド王国ノッティンガムシャーまたはハックニー
死去 1615年9月25日 
イングランド・ ロンドン塔
埋葬 1615年9月29日
ウェストミンスター寺院
配偶者 ビーチャム卿ウィリアム・シーモア
父親 初代レノックス伯チャールズ・ステュアート
母親 エリザベス・キャヴェンディッシュ
テンプレートを表示

レディ・アラベラ・ステュアート(Lady Arabella Stuart, 1575年1615年9月25日アーベラ・ステュワート( Arbella Stewart)とも表記)は、しばしばイングランド女王エリザベス1世の有力な後継者とみなされたイングランドの貴族女性。

アラベラは、第3期初代レノックス伯チャールズ・ステュアートとその妻エリザベス・キャヴェンディッシュの唯一の子供だった。 彼女は第2期第4代レノックス伯マシュー・ステュアートレディ・マーガレット・ダグラスの孫娘であり、祖母マーガレットはイングランド王ヘンリー7世の娘でスコットランドジェームズ4世の未亡人であるマーガレット・テューダーとその2番目の夫第6代アンガス伯アーチボルド・ダグラス英語版の娘だった。アラベラはヘンリー7世玄孫であるがゆえに、彼女自身が望まずとも、イングランドの有力な王位継承権者であった[1]

父方の祖父母、第4代レノックス伯とマーガレット・ダグラスは8人の子をもうけたが、幼少期を生き延びたのは、アラベラの父チャールズと、その兄でスコットランド女王メアリーの2番目の夫となるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの2人の息子だけだった。アラベラの父方の従兄はスコットランド、イングランド、アイルランドの王ジェームズ6世/1世だった。彼女の母方の祖父母はサー・ウィリアム・キャヴェンディッシュとその妻で「ハードウィックのベス」としてよく知られたエリザベス英語版だった。

ロンドン塔の囚人としての末期、アラベラ・ビーチャム(彼女の結婚後の名前)は食べることを拒否して病に倒れ、1615年9月25日に亡くなった。彼女は1615年9月29日ウェストミンスター寺院に埋葬された。19世紀、ジェームズ6世/1世の墓を探していたところ、スコットランド女王メアリーの棺保護容器から、メアリー女王の棺の上に直接置かれたアラベラの鉛棺が発見された[2]

幼少期[編集]

幼少期のアラベラ・ステュアート

1576年にアラベラの父が死去した時、彼女はまだ乳幼児だった。1582年までは母であるレノックス伯爵夫人エリザベス・キャヴェンディッシュに育てられた[3]。母の死により7歳でアラベラは孤児となり、その後、期待されたCourt of Wardsの長官のバーリー卿ウィリアム・セシルではなく、母方の祖母ベス英語版の後見を受けることとなった[4]

幼少期のほとんどの間、アラベラは、1568年第6代シュルーズベリー伯ジョージ・タルボット英語版と再婚していた祖母とダービーシャーにあるハードウィック・ホール英語版で保護的隔離されたなかで暮らした。アラベラは1587年1588年の夏と1591年11月から1592年7月まで宮廷を含むロンドンへの定期的な訪問を楽しんだようである[5]

ハードウィックのベスからバーリー卿への1592年9月21日付の急使で報告されたように、“とあるモーリーが...アラベラに仕え、彼女に読み聞かせる”ことが1589年初頭またはその頃に始まっていた[6]。ベスはモーリーのアラベラへの奉仕が“3年半”超にわたると詳述した。ベスはまた、彼が“大学を離れることによって大きな損害を与えた(すなわちそれほどに金がない)”という事実に基づき、彼がアラベラから年£40(2018年時点の£10,900と同等)の年金を期待していることに気づいた。これがモーリーが詩人クリストファー・マーロウ[7]ではないかという憶測につながった(彼の名前(Marlowe)は時折そのよう(Morley)に綴られた)。

イングランド王位の女子相続人[編集]

1592年以前のしばらくの間、アラベラは父方の祖母マーガレットの従妹である女王エリザベス1世の後継候補の適任者の一人であるとみなされた[8]。しかしながら、1592年末から1593年春までの間に、影響力のあるセシル親子(エリザベス朝大蔵卿英語版バーリー卿とその息子で国王秘書長官英語版サー・ロバート・セシル)は、アラベラから彼女の従兄にあたるスコットランド王ジェームズ6世へと関心を逸らし、彼の方が好ましい継承者とみなした[9]

時折アラベラはエリザベス1世の宮廷に招かれたが、しかしほとんどの時間を母方の祖母ベスと暮らして過ごした。 彼女の教育は20代まで続き、彼女はいくつかの言語を学び、リュートヴァイオルヴァージナルが演奏できた[10]

1603年、スコットランド王ジェームズ6世のジェームズ1世としてのイングランド王位継承後、メイン陰謀事件英語版の関係者は彼を打倒してアラベラを王位に就ける陰謀を企てたと言われている。アラベラはスペインフェリペ3世から書面で同意して参画するよう誘いかけられたが、しかし、彼女はすぐに勧誘の件をジェームズ1世に報告した[11]

結婚交渉[編集]

王位継承権者としてのアラベラの立場のために、彼女の幼少期から適切な結婚についての議論があった。

1588年、スコットランド王ジェームズ6世は父方のはとこにあたる第2代レノックス公ルドヴィック・ステュワート英語版とアラベラが結婚すべきだと提案したが、しかしこの提案は何ももたらさなかったようである[12]。ほかの可能性のある組み合わせには、ジョン・オブ・ゴーントの子孫としてイングランドの王位を請求できたパルマ公アレッサンドロ・ファルネーゼの息子たちがいた。この考えはイングランドのカトリック教徒への寛容の確保、またはアラベラのカトリック信仰を得ることだった。しかし長男のラヌッチョはすでに結婚していたし、弟のオドアルド英語版枢機卿だった。ローマ教皇はオドアルドを彼の義務から免除する準備ができていると伝え聞いていたが、しかしこのような結婚はエリザベス1世の抵抗によっておそらくアラベラに持ちかけられる前に計画を差し止められた。

エリザベス1世の治世末期の数ヶ月、アラベラは著名なシーモア家の一員であるエドワード・シーモアと結婚するつもりであるという報告書によって苦境に陥った。これは噂の新郎の祖父である初代ハートフォード伯エドワード・シーモアによって女王に報告された。アラベラは女王の許可なく如何なる結婚もするつもりはないと否定した。1604年にはポーランドジグムント3世がアラベラを彼の妻に求める使節をイングランドに送ったが、この申し入れは拒否された[13]

ウィリアム・シーモアとの結婚[編集]

アラベラ・ステュアートとウィリアム・シーモアの逮捕令状、1611年

1610年、イングランド王位継承順位4位のアラベラは、当時ビーチャム卿として知られ、のちに第2代サマセット公となるウィリアム・シーモアとの結婚を計画したことで再び苦境に陥った。ウィリアムは先年問題になったエドワード・シーモアの弟で、ジェーン・グレイの妹キャサリン・グレイ英語版の孫であり、キャサリンはヘンリー8世とアラベラの曽祖母マーガレット・テューダーの妹メアリー・テューダーの孫であることから、ウィリアムはヘンリー7世の来孫にあたり王位継承順位6位だった。このような状況下で、国王ジェームズ1世はこの結婚が王位を奪う試みの前触れではないかと疑念を抱いた。

当初2人は彼らの間にあるどんな取り決めも否定していたが、その後1610年6月22日グリニッジ宮殿英語版で秘密結婚した。国王の許可を得ない結婚のため、ジェームズ1世はアラベラをランベスのサー・トマス・ペリー宅に監禁し、ビーチャム卿ウィリアムはロンドン塔に投獄した。2人はそれらの建物内ではある程度の自由があり、この時期のウィリアムとジェームズ1世宛てのアラベラの手紙がいくつか現存している。しかし、ジェームズ1世がウィリアムへのアラベラの手紙のことを知ると、王はアラベラをダラム司教英語版ウィリアム・ジェームズ英語版の監督下に移すよう命じた。アラベラが病気であると主張したため、ダラムへの出発は延期された。

2人はこの延期を彼らの逃亡に利用した。アラベラは男装してケントのリー(Lee)に逃亡したが、ウィリアムはフランス行きの彼らの逃亡船が出航するまでにアラベラに会えなかった。Sara Jayne Steen は、ウィリアム・シェイクスピア戯曲シンベリン(1610-1611)の高潔な男装のヒロイン・イモージェンが、時折参考としてアラベラに読まれたと書き記した[14]。ウィリアムはロンドン塔から脱獄したが、リーにたどり着いたその時にはアラベラは去っていたので、彼はフランドル行きの次の船をつかまえた。アラベラの船はフランスのカレーに到着する直前にジェームズ1世の追っ手に追い越された。彼女はイングランドに連れ戻され、ロンドン塔に投獄された。彼女は再び夫を見ることなく、彼女の拒食による病気の悪化のため、1615年9月25日にロンドン塔で死去した。

文学的遺産[編集]

アラベラによって書かれた100通以上の手紙が現存している。1993年、それらのコレクションがSara Jayne Steenによって編集、出版され、彼女の行動や考えの詳細を提供した。1948年、イギリスの小説家で歴史的伝記作家のDoris Leslieは『Wreath for Arabella』を著した。エミリア・ラニエ英語版の詩「Salve Deus Rex Judaeorum」はアラベラに捧げられた。ラニエは報われなかったアラベラとのかつての個人的な友好を思い起こし、"Great learned Ladie ... whom long I have known but not known so much as I desired"と彼女に呼びかけた。

フェリシア・ヘマンズ英語版の詩「Arabella Stuart」は、監獄で亡くなった彼女の想いをイメージしたアラベラについてである。2005年サラ・グリストウッド英語版は『Arbella: England's Lost Queen』を出版した。

系図[編集]

ジェームズ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー7世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ4世
 
マーガレット・テューダー
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー8世
 
 
 
 
 
メアリー・テューダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ5世
 
 
マーガレット・ダグラス
 
メアリー1世
 
エリザベス1世
 
エドワード6世
 
フランセス・ブランドン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メアリー
 
ヘンリー・ステュアート
 
チャールズ・ステュアート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェーン・グレイ
 
キャサリン・グレイ英語版
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード・シーモア英語版
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ6世/1世
 
 
 
アラベラ・ステュアート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム・シーモア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

祖先[編集]

参考文献[編集]

  • Cooper, Elizabeth, The Life and Letters of Lady Arabella Stuart (1866)
  • Blanche Christabel Hardy, Arbella Stuart: A Biography (1913)
  • P. M. Handover, Arbella Stuart: Royal Lady of Hardwick (1957)
  • Conyers Read, Lord Burghley and Queen Elizabeth (1960)
  • David N. Durant, Arbella Stuart: A Rival to the Queen (1978)
  • Ruth Talbot Plimpton, Mary Dyer: Biography of a Rebel Quaker (1994)
  • Sarah Jayne Steen, ed., The Letters of Lady Arbella Stuart (1994)
  • Sarah Gristwood, Arbella: England's Lost Queen (2003)
  • Terry Kilburn. Hardwick's Royal Princess: Arbella Stuart, 1575-1615 (2013, 2015)

脚注[編集]

  1. ^ Rosalind K. Marshall, Stuart , Lady Arabella (1575–1615), Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004 accessed 3 March 2008
  2. ^ Stanley, A. P. (1886). Westminster Abbey. London: John Murray. pp. 499. 
  3. ^ Antonia Fraser, Mary, Queen of Scots, p. 535
  4. ^ Sarah Gristwood, Arbella: England's Lost Queen, Bantam, 2003, p.49
  5. ^ David N. Durant, Arbella Stuart: A Rival to the Queen, 1978, pp.41, 51, 61
  6. ^ Blanche C. Hardy, Arbella Stuart: A Biography, Dutton, 1913, pp.64–67
  7. ^ Charles Nicholl, The Reckoning: The Murder of Christopher Marlowe, 1992, pp.340–342
  8. ^ Marshall, p.601
  9. ^ Handover, The Second Cecil, 55-6; 297; Read, Lord Burghley, 484
  10. ^ Lovell, Mary S. (2005). Bess of Hardwick, First Lady of Chatsworth. Little, Brown. pp. 408–409. 
  11. ^ Gristwood, pp. 267–269
  12. ^ Gristwood, p.109
  13. ^ Gristwood, p. 301–302
  14. ^ Steen, 96

参照[編集]

  • Marshall, Rosalind. "Arabella Stuart." Dictionary of National Biography. Oxford: Oxford University Press, 2004.
  • 『西洋人物レファレンス事典 女性篇』 日外アソシエーツ、2016年。ISBN 978-4-8169-2616-7。