アラホウトク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラホウトク[1]
欧字表記 Ara Hotoku[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 1985年3月24日[1]
死没 1998年3月12日(14歳没・旧表記)
トウショウボーイ[1]
ビンゴモレロ[1]
母の父 デュール[1]
生国 日本の旗 日本北海道新冠町[1]
生産 アラキファーム[1]
馬主 (有)アラキファーム[1]
調教師 庄野穂積栗東[1]
厩務員 堀切広幸
競走成績
タイトル JRA賞最優秀4歳牝馬(1988年)[1]
生涯成績 10戦4勝[1]
獲得賞金 1億4818万2600円[1]
 
勝ち鞍
GI 桜花賞 1988年
GII サンスポ賞4歳牝馬特別 1988年
テンプレートを表示

アラホウトク1985年 - 1998年)とは日本競走馬繁殖牝馬である。1988年の桜花賞優勝馬で、同年のJRA賞最優秀4歳牝馬を受賞している。馬名の由来はアラキファームの冠名「アラ」+兵庫県高校野球名門校である報徳学園のホウトク。主戦騎手は河内洋

半兄目黒記念勝ちのビンゴチムール、半弟に東京新聞杯2着のメイショウユウシがいる。

馬齢は旧表記で統一する。

戦績[編集]

1988年1月の新馬戦は2着に敗れるが、次走折り返しの新馬戦は9馬身差の圧勝。次の400万条件では芝レース初挑戦ながら、後にマイルチャンピオンシップを制するパッシングショットを抑えて連勝する。ここからクラシック戦線に乗り、4歳牝馬特別(西)では勝ったスカーレットリボンから2馬身半差の2着に入り、桜花賞への優先出走権を獲得する。そして本番の桜花賞では5番人気ながら直線でよく伸び1分34秒8のレースレコードで優勝、GI初制覇を飾った。2着にも庄野厩舎、堀切厩務員が担当するシヨノロマンが入り、同一厩舎、同一担当厩務員の珍しい1・2着独占となった。続く4歳牝馬特別(東)勝利を挟んで二冠に挑戦した優駿牝馬(オークス)に臨んだが、7着と大敗。秋は菊花賞トライアル神戸新聞杯からエリザベス女王杯へのトライアル・ローズステークスという前年の二冠牝馬マックスビューティと同じローテーションで走ったが、どちらも圧倒的1番人気で5着、6着と敗れ、エリザベス女王杯4着を最後にこの年限りで競走馬を引退した。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
(kg)
1着馬(2着馬)
1988.01.31 京都 4歳新馬 ダ1200m(良) 9 1 1 002.50(1人) 02着 01:15.9(39.8) -0.1 河内洋 53 ナムラスタリオン
0000.02.14 京都 4歳新馬 ダ1200m(良) 7 2 2 001.20(1人) 01着 01:14.0(37.3) -1.5 河内洋 53 (ダイイチハナヤマ)
0000.03.05 阪神 初雛賞 400 芝1600m(稍) 13 6 8 001.70(1人) 01着 01:36.7(36.1) -0.2 河内洋 53 パッシングショット
0000.03.20 阪神 報知杯4歳牝馬特別 GII 芝1400m(良) 16 4 8 008.10(4人) 02着 01:23.2(37.0) -0.4 河内洋 54 スカーレットリボン
0000.04.10 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(良) 18 2 4 006.90(5人) 01着 01:34.8(36.3) -0.3 河内洋 55 シヨノロマン
0000.05.01 東京 サンスポ賞4歳牝馬特別 GII 芝2000m(良) 16 2 3 005.00(3人) 01着 02:01.4(36.5) -0.2 河内洋 54 (シヨノロマン)
0000.05.22 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(良) 22 4 10 002.20(1人) 07着 02:29.5(37.9) -1.2 河内洋 55 コスモドリーム
0000.09.25 阪神 神戸新聞杯 GII 芝2000m(重) 10 1 1 001.90(1人) 05着 02:05.8(37.5) -0.7 河内洋 54 ヤエノダイヤ
0000.10.23 京都 ローズS GII 芝2000m(良) 14 2 2 002.40(1人) 06着 02:02.1(35.9) -0.5 河内洋 55 シヨノロマン
0000.11.13 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2400m(良) 18 3 4 005.30(2人) 04着 02:27.9(37.7) -0.7 河内洋 55 ミヤマポピー
  • 枠番・馬番の太字は単枠指定を示す。内容はnetkeiba.comおよびJBISサーチのほか、日本中央競馬会『中央競馬全重賞競走成績 GI編』(1996年)[4]に基づく。

繁殖牝馬として[編集]

産駒から重賞優勝馬こそ出なかったが、ラジオたんぱ杯3歳ステークス2着で東京優駿(日本ダービー)にも出走したオースミコンドル、目黒記念で4着したアラマサダンサーなどなかなかの活躍馬を送り出した。1998年3月12日フォーティナイナーとの交配中の事故により背骨などを骨折し、死亡した。

同期のパッシングショットも交配中の事故で死亡しているが、1頭も仔を残せなかったパッシングショットとは違いアラマサゴールド、アラマサダンサー、セタガヤウタヒメら5頭の後継牝馬を残している。

血統表[編集]

アラホウトク血統プリンスリーギフト系 / Nasrullah4×4=12.50% Hyperion4×5=9.38%) (血統表の出典)

トウショウボーイ
1973 鹿毛
父の父
*テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿毛
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Suncourt Hyperion
Inquisition
父の母
*ソシアルバターフライ
Social Butterfly
1957 鹿毛
Your Host Alibhai
Boudoir
Wisteria Easton
Blue Cyprus

ビンゴモレロ
1975 黒鹿毛
*デュール
Duel
1961 黒鹿毛
Round Table Princequillo
Knight's Daughter
Lea Moon Nasrullah
Lea Lark
母の母
フラワースウィース
1966 鹿毛
*パーソロン
Partholon
Milesian
Paleo
*トリーテイ
Treaty
Pipe of Peace
No Risk F-No.4-l

母は皐月賞優勝馬ビンゴガルーの全姉。従兄弟には日本ダービー3着、菊花賞2着のビンゴカンタ、クイーンステークス2着のアラマサキャップがいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p アラホウトク”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月21日閲覧。
  2. ^ アラホウトクの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月21日閲覧。
  3. ^ アラホウトク 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月21日閲覧。
  4. ^ 『中央競馬全重賞競走成績集 GI編』日本中央競馬会、1996年。 490-491頁。