アラモード (フジファブリックのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラモード
フジファブリックEP
リリース
ジャンル J-POP
レーベル Song-Crux
フジファブリック 年表
アラカルト
2002年
アラモード
2003年
アラモルト
2004年
テンプレートを表示

アラモード』は、2003年6月21日に発売されたフジファブリックの2ndミニアルバムである[1]

概要[編集]

インディーズよりリリースされた通算2枚目のアルバム[1]。金澤ダイスケと加藤慎一がメンバー加入後初のアルバムであり、また初代ドラマー渡辺隆之が参加した最後のアルバムでもある。帯のコメントは当時出演していたFM802ラジオ番組MIDNIGHT GARAGEDJ土井コマキによるもの。

収録曲[編集]

  • 全作詞/全作曲:志村正彦、全編曲:フジファブリック
  1. 花屋の娘
    • PVも製作されている。志村曰く「今後やらないだろうという、演技を頑張っているPV」。 『アラモルト』の楽曲としてリメイク。
  2. 追ってけ追ってけ
  3. お月様のっぺらぼう
    • キーボードのテイクは、金澤が39度の高熱を出して「意識が朦朧としていた」中で録られた。
      解熱後に録り直すつもりだったが、「どうやってもこの感じが出せなかった」ことにより、このテイクがそのまま採用された。
  4. 消えるな太陽
    • 『お月様のっぺらぼう』『消えるな太陽』は、メジャーデビュー後のリテイクがされていない。
  5. 環状七号線
    • 後にプレデビューアルバム『アラモルト』の楽曲として再びリメイクされる。
  6. 笑ってサヨナラ
    • 後にプレデビューアルバム『アラモルト』の楽曲として再びリメイクされる。

演奏[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b フジファブリック、メジャー・デビュー盤発表”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2003年12月10日). 2018年9月29日閲覧。