アララト (アルメニアの都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯39度48分34秒 東経44度42分52秒 / 北緯39.80944度 東経44.71444度 / 39.80944; 44.71444

アララト

Արարատ
アララトの位置(アルメニア内)
アララト
アララト
北緯39度48分34秒 東経44度42分52秒 / 北緯39.80944度 東経44.71444度 / 39.80944; 44.71444
アルメニアの旗 アルメニア
地方 アララト地方
建設 1929年
標高
825m
人口
(2008年)
 • 合計 20,480人
等時帯 UTC+4 (アルメニア時間)

アララトアルメニア語: Արարատ)は、アルメニアアララト地方にある都市。首都エレバンから北西42kmに位置する。建設業の中心地で、鉄道駅も置かれている。

1929年に入植地として開拓され、1935年にダヴァル村と合併した。現在では2つのセメント工場とアララト金再生会社の3つの主要な事業所がある。セメント工場から出る粉塵と金工場から出るシアン化合物のため、環境は汚染されている。2005年夏に行われた環境調査では、大気の汚染度が許容量の9.6倍にも達した。

アララト金再生会社をめぐる争い[編集]

アララトには多くの建材企業があるが、とりわけアララト金再生会社(AGRC)はセヴァン湖の東20kmに位置するソトク金山から産出される金を精製している[1]。精製では1トンにつき約0.46グラムの金が産出される。この精製作業の第一段階に「粉砕」があるが、その時浄化のため「シアン硝酸化学プロセス」が用いられる[1]。このプロセスにより、毒性、放射性のある副産物ができる。そのため、工場の近辺では多くの動物が死ぬ事件が多発した[1]。2003年から08年にかけて最低でも10件の事故が起きた。死んだ動物の中には牛や魚も含まれていたため、農業漁業にも影響が出ている[1]

スポーツ[編集]

サッカークラブのFCアラクス・アララトが本拠地としている。

姉妹都市[編集]

  • フランスの旗 ブュッシー=サン=ジョルジュ(フランス、2009年8月7日から[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Sargsyan, Emma (2008年5月19日). “Behind Gold’s Luster Lie Lands Torn Asunder and Urgent Questions”. Hetq. http://hetq.am/eng/news/40198/behind-golds-luster-lie-lands-torn-asunder-and-urgent-questions.html 2015年10月7日閲覧。 
  2. ^ Armtown.com”. 2010年6月24日閲覧。[リンク切れ]