アラントインラセマーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
アラントインラセマーゼ
識別子
EC番号 5.1.99.3
CAS登録番号 56214-40-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB structures
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

アラントインラセマーゼ(Allantoin racemase、EC 5.1.99.3)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

(S)(+)-アラントイン \rightleftharpoons (R)(-)-アラントイン

従って、この酵素の基質は(S)(+)-アラントイン、生成物は(R)(-)-アラントインである。

この酵素は、異性化酵素、特にその他の物質に作用するラセマーゼ及びエピメラーゼに分類される。系統名は、アラントインラセマーゼ(Allantoin racemase)である。この酵素はプリン代謝に関与している。

出典[編集]

  • Van der Drift L, Vogels GD, Van der Drift C (1975). “Allantoin racemase: a new enzyme from Pseudomonas species”. Biochim. Biophys. Acta. 391 (1): 240–8. PMID 237557.