アラン・ゴーウェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラン・ゴーウェン
Alan Gowen
生誕 (1947-08-19) 1947年8月19日
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドンハムステッド
死没 (1981-05-17) 1981年5月17日(33歳没)
ジャンル カンタベリー・ロック
プログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 キーボード
共同作業者 ギルガメッシュ
ナショナル・ヘルス
ソフト・ヒープ

アラン・ゴーウェン[1]Alan Gowen、1947年8月19日 - 1981年5月17日)は、フュージョンプログレッシブ・ロックのキーボード奏者である。ギルガメッシュナショナル・ヘルスでの仕事でよく知られている。

略歴[編集]

ゴーウェンは、ロンドン北西部にある北ハムステッドで生まれた。ジェイミー・ミューア(ドラム、アサガイ出身)とローリー・ベイカー(ベース)と共に、1972年にサンシップ (Sunship)として知られるようになる以前の1971年、アサガイにゴーウェンは加入している。その頃のバンドには、ギターのアラン・ホールズワースもいた。

1973年、ギルガメッシュを結成。ハットフィールド・アンド・ザ・ノースとのコラボレーションを開始し、1975年にハットフィールド・アンド・ザ・ノースのキーボード奏者であったデイヴ・スチュワートと共にナショナル・ヘルスを結成した。1977年、ナショナル・ヘルスを脱退。

1978年、ゴーウェンはエルトン・ディーンヒュー・ホッパーピップ・パイルソフト・ヒープを結成した。デイヴ・シーンがパイルの後釜に座った1978年夏、バンドはソフト・ヘッドと名を変えてツアーを行った。その年のうちに2枚目のギルガメッシュのアルバム『アナザー・ファイン・チューン・ユーヴ・ゴット・ミー・イントゥ』もレコーディングした。

ゴーウェンは1979年から1980年にナショナル・ヘルスへ復帰した。同時にソフト・ヒープでの活動も続けていた。リチャード・シンクレア(ベース、一時期ギルガメッシュに在籍)、フィル・ミラー(ナショナル・ヘルスのギター)、トレヴァー・トムキンス(ギルガメッシュ出身のドラム)と一緒にレコーディングされたアルバム『ビフォー・ア・ワード・イズ・セッド』は、ゴーウェンが1981年に白血病で死去する前に発表された最後のアルバムとなった。

ディスコグラフィ[編集]

ギルガメッシュ[編集]

  • 『ギルガメッシュ』 - Gilgamesh (1975年)
  • 『アナザー・ファイン・チューン・ユーヴ・ゴット・ミー・イントゥ』 - Another Fine Tune You've Got Me Into (1978年)
  • 『アライヴィング・トゥワイス』 - Arriving Twice (2000年) ※1973年-1975年音源

ナショナル・ヘルス[編集]

  • 『ナショナル・ヘルス』 - National Health (1978年)
  • 『D.S.アル・コーダ』 - D.S. Al Coda (1982年) ※ゴーウェン作品を収録したトリビュート・アルバム
  • 『オリジナル・ナショナル・ヘルス』 - Missing Pieces (1996年) ※1975年-1976年音源
  • 『プレイタイム』 - Playtime (2001年) ※1979年ライブ音源

ソフト・ヒープ / ソフト・ヘッド[編集]

  • 『ローグ・エレメント』 - Rogue Element (1978年) ※ソフト・ヘッド名義
  • 『ソフト・ヒープ』 - Soft Heap (1979年)
  • 『アルデンテ』 - Al Dente (2008年) ※1978年ライブ音源

その他の参加アルバム[編集]

  • ヒュー・ホッパー&アラン・ゴーウェン: 『トゥー・レインボウズ・デイリー』 - Two Rainbows Daily (1980年)
  • ゴーウェン、ミラー、シンクレア、トムキンス: 『ビフォー・ア・ワード・イズ・セッド』 - Before A Word Is Said (1981年)
  • ヒュー・ホッパー&アラン・ゴーウェン: Bracknell-Bresse Improvisations (1996年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アラン・ゴウエン」「アラン・ガウエン」の表記もある。