アラン・シモンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アラン・シモンセン Football pictogram.svg
Allan Simonsen 20121027.JPG
2012年のシモンセン
名前
本名 Allan Rodenkam Simonsen
アラン・ロデンカム・シモンセン
ラテン文字 Allan Simonsen
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1952-12-15) 1952年12月15日(67歳)
出身地 ヴァイレ
身長 165cm
選手情報
ポジション FW (CF)
ユース
デンマークの旗 ヴェイレBK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1971-1972 デンマークの旗 ヴェイレ 42 (16)
1972-1979 ドイツの旗 ボルシアMG 178 (76)
1979-1982 スペインの旗 バルセロナ 98 (31)
1982-1983 イングランドの旗 チャールトン・アスレティック 16 (9)
1983-1989 デンマークの旗 ヴェイレ 166 (70)
通算 500 (202)
代表歴
1971-1972 デンマークの旗 デンマーク U-21 6 (0)
1972-1986 デンマークの旗 デンマーク 55 (20)
監督歴
1991-1994 デンマークの旗 ヴェイレ
1994-2001 フェロー諸島の旗 フェロー諸島
2001-2004 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
2011-2013 デンマークの旗 フレゼリシア (オーナー)
2013 デンマークの旗 フレゼリシア (暫定)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アラン・ロデンカム・シモンセンAllan Rodenkam Simonsen, 1952年12月15日 - )は、デンマークヴァイレ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはFW。現役時代にはボルシアMGFCバルセロナに在籍し、前者では1975年と1979年にUEFAカップを制した。後者では1982年にUEFAカップウィナーズカップ優勝を経験した。シモンセンはヨーロピアン・カップ、UEFAカップ、UEFAカップウィナーズカップそれぞれの決勝で得点を挙げた史上唯一の選手である。1977年には個人タイトルにおける最高の名誉であるバロンドールを受賞した。

デンマーク代表としては55試合に出場し、20得点を記録した。出場したメジャー大会は1972年ミュンヘンオリンピックUEFA欧州選手権19841986 FIFAワールドカップなどである。2008年11月、デンマークサッカー界殿堂入りを果たした。

クラブ経歴[編集]

デンマークヴァイレで生まれ、地元アマチュアクラブのヴァイレFCを経て1963年、ヴェイレBKの下部組織に加入した。1971年3月24日、3-1で勝利したKBカールスクーガFFとのホームゲームでプロデビューを果たした。ヴェイレでは1971年と1972年にデンマーク・スーペルリーガを2連覇し、1972シーズンにはデンマーク・カップも制してリーグ戦とカップ戦の2つに優勝し、ダブルを達成した。同年1972年に開催されたミュンヘンオリンピックでは6試合で3ゴールを記録し、その夏、シモンセンの才能に着目したドイツ・ブンデスリーガボルシア・メンヒェングラートバッハが彼を獲得した。

ボルシアMG[編集]

アラン・シモンセン (1976年)

ボルシアMGでの最初の2シーズンはシモンセンにとって厳しいものとなり、2シーズンで通算16試合出場3ゴールという記録に終わってしまった。しかし、クラブは1972-73シーズンにDFBポカールを制している。1974-75シーズンからはスタメンに定着し、このシーズンを34試合出場18ゴールという好記録で締めくくり、UEFAカップでは12試合で10得点を挙げて見せた。UEFAカップの決勝はオランダのFCトゥウェンテが相手だったが、この試合でシモンセンは2ゴールを挙げ、5-1での大勝に貢献している。翌シーズンもブンデスリーガで16ゴールを達成。クラブはリーグ2連覇達成。このシーズンに参加したヨーロピアン・カップでは準々決勝でレアル・マドリードに敗れるまでの6試合で4ゴールを記録している。

1977年はシモンセンにってキャリア最高の年となった。1976-77シーズンのヨーロピアン・カップでは、リヴァプールFCとの決勝にまでクラブを導いた。その決勝では先制されたものの、力強いミドルシュートで一時同点にまで試合を持ち込ませた。しかし、その後2失点を喫し、結果3-1で敗北した。ヨーロピアン・カップは準優勝に終わったが、同年にバロンドールを受賞。デンマーク人選手としては史上初の快挙であった。この年のバロンドールは接戦となっていて、2位のケヴィン・キーガンとは3ポイント差、3位のミシェル・プラティニとは4ポイント差とかなり僅差の勝負だった。

受賞後2シーズンも変わらず高い得点力を見せつけ、クラブも2位、8位と上位陣に留まっていた。1979年にはUEFAカップ優勝。この大会でシモンセンは8試合8得点という驚異的なペースで得点を量産していた。決勝ではセルビアのレッドスター・ベオグラードと対戦し、試合を決める決勝ゴールを挙げた。1978年、FCバルセロナからの関心が報じられ、翌年の1979年にユヴェントスFCハンブルガーSVからのオファーを断って、FCバルセロナに移籍した。

バルセロナ[編集]

シモンセンは3シーズンの輝かしいシーズンをバルセロナで送った。移籍後最初のシーズン、シモンセンはチームトップの10ゴールを挙げてクラブのリーグ4位フィニッシュに貢献した。翌シーズンはメンバーが大幅に入れ替わったが、安定した活躍を披露し、リーグ戦は準優勝、カップ戦ではバルセロナでの初タイトルとなるコパ・デル・レイを獲得した。シモンセンは2シーズン目も10ゴールを記録し、キニの20ゴール、ベルント・シュスターの11ゴールに次ぐ得点数だった。バルセロナでのラストシーズンとなった1981-82シーズン、クラブはUEFAカップウィナーズカップ決勝でベルギーのスタンダール・リエージュと対戦し、その試合で決勝ゴールを決めたシモンセンはバルセロナでの2つ目のタイトルを得た。

チャールトン・アスレティック[編集]

1982年にバルセロナにディエゴ・マラドーナが加入すると、当時スペインリーグが制定していたスタメン11人に立てる外国人選手は2人までという規則により、2つしかない枠をマラドーナ、シュスター、シモンセンの3人で争うこととなり、シモンセンはマラドーナとシュスターが優先されたことに不満を抱いた。新天地を求めるようになったシモンセンは、1982年10月、イングランド2部リーグチャールトン・アスレティックFCに移籍した。この時、レアル・マドリードトッテナム・ホットスパーFCからもオファーがあった。チャールトンで16試合9ゴールを記録し、チームの中心選手として活躍していたが、チャールトンは金銭面でトラブルを抱えるようになり、シモンセンを移籍市場に売り出すことでこの問題を解決しようと試みた。最終的には古巣ヴェイレBKがシモンセンを獲得した。

ヴェイレBK[編集]

ヴェイレBKでのシモンセン (2000年)

古巣に復帰したシモンセンは、1984シーズンの後半戦を怪我で棒に振りはしたが、クラブはリーグ優勝を果たした。しかし、それ以降、全盛期のプレーを見せられることなく1989年に39歳で現役を引退した。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]

代表歴[編集]