アラン・ジェームズ (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アラン・ジェームズ(Alan James, 1933年 - )は、イギリス国際政治学者で、キール大学名誉教授。英国学派の一人。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で、チャールズ・マニングの下で学ぶ。LSE講師を経て、キール大学に開設された国際関係学部の初代学部長として赴任。以来25年にわたりキール大学で教鞭をとる。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Politics of Peace-keeping, (Praeger, 1969).
  • Sovereign Statehood: the Basis of International Society, (Allen & Unwin, 1986).
  • Peacekeeping in International Politics, (St. Martin's Press, 1990).
  • Britain and the Congo Crisis, 1960-63, (Macmillan, 1996).
  • Keeping the Peace in the Cyprus Crisis of 1963-64, (Palgrave, 2002).

編著[編集]

  • The Bases of International Order: Essays in Honour of C. A. W. Manning, (Oxford University Press, 1973).

共編著[編集]

  • States in a Changing World: A Contemporary Analysis, co-edited with Robert H. Jackson, (Clarendon Press, 1993).
  • A Dictionary of Diplomacy, with G. R. Berridge, (Palgrave, 2001, 2nd ed., 2003).