アリオラジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アリオラジャパン
Ariola Japan
親会社ソニー・ミュージックレーベルズ
設立2009年6月1日
販売元ソニー・ミュージックソリューションズ
ジャンルJ-POP
日本の旗 日本
公式サイトhttps://www.ariola.jp/

アリオラジャパンAriola Japan)は、ソニー・ミュージックレーベルズ社内レコードレーベル

概要[編集]

2009年6月1日BMGジャパンの国内制作部門のレーベルとして発足。2009年10月1日にアリオラジャパンが新設分割により設立され、事業を継承した。規格品番が「BV」から始まる理由はその名残である。

アリオラの名称は1958年ドイツに本社をおくベルテルスマンにより設立されたアリオラ・レコードに由来する。日本では1975年日本ビクター(現・JVCケンウッド。規格品番の"V")とRCAの合弁で出資したRCAレコードの日本法人『RVC株式会社』まで歴史を遡る。ベルテルスマンは1979年アリスタ・レコード1986年にRCAレコード/RVCを買収し、アリオラはBMG(Bertelsmann Music Group。規格品番の"B")内のレーベルになる。日本では子会社であるBMGジャパン(買収した当時はBMGビクター)が同レーベル音源を扱っていた。 1998年夏にRCAアリオラジャパン[1]アリスタジャパン[2]という名の邦楽レーベルが存在していたことがある。

以上の経緯からSME傘下の会社であるが、かつてはBMG時代の流れでmora以外の音楽配信サービス(iTunes Store、MUSICOなど)にも参加している異色の会社となっていた(現在はSMEグループ全体がiTunes Storeに配信を提供)。また、SME傘下となったことで楽曲のタイアップの幅が広がり、SMEの関わるアニメ等に起用されている。初期のB'z西城秀樹山下達郎竹内まりや山本陽一オフコース岡村孝子辛島美登里小林明子、初期の大事MANブラザーズバンドシャ乱Q福山雅治グレートチキンパワーズブラックビスケッツキンモクセイ坂本九懐しきlove-song/心の瞳」、arp倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンス[3]B.B.クィーンズおどるポンポコリン」、加山雄三谷村新司サライ」、キティ&ダニエル「恋しちゃいなタウン/もう泣かないよ」や演歌・歌謡曲系統の歌手等、RVC時代及びBMG時代やファンハウス時代やゾンバ時代等に在籍していたアーティストの数々の多くの楽曲の原盤権も所持している。

沿革[編集]

所属歌手/グループ[編集]

RVC時代、BMG時代、ファンハウス時代、ゾンバ時代等からの年数も含む

Ariola Japan[編集]

メインレーベル

iDEAK[編集]

角松敏生のプライベートレーベル。

  • 角松敏生(1981年〜)

Little Tokyo[編集]

小田和正のプライベートレーベル。規格品番はファンハウスFUN HOUSE)の「FH」。

  • 小田和正(1986年〜)

Rhythmedia Tribe[編集]

Rhythmedia Tribeは、Rhythmedia所属アーティスト専用レーベル。元々はMISIAエイベックス移籍時、エイベックス傘下のレーベルとして2002年に設立されたが2007年に古巣復帰によりBMG JAPANへ移行された。

  • MISIA(1998年〜2001年、2007年〜)

HAPPY SONG RECORDS[編集]

ザ・クロマニヨンズのプライベートレーベル(ザ・ハイロウズとして2004年6月発売のシングル『荒野はるかに/ズートロ』より所属)。

  • ザ・クロマニヨンズ(2006年〜)

バイタリティレコード[編集]

原盤制作、マネージメントを担当。

旧所属アーティスト[編集]

2009年10月1日以降。それ以前はBMGジャパン参照。

オーガスタレコード[編集]

オフィスオーガスタ所属アーティスト専用レーベル。規格品番はオーガスタ(Augusta)の「AU」。
2017年初頭にオフィスオーガスタがユニバーサルミュージックの傘下になったのに伴い、2017年3月を以てユニバーサルミュージック内にレーベルごと移管。[9]
2018年1月3日に一部シングルとアルバムの旧譜51タイトルがユニバーサルから再発売されたが、映像作品は含まれておらず入手困難となっている。
尚、オーガスタレコードから発売されたkokuaの「Progress」は、原盤権がオフィスオーガスタからアリオラジャパンへ移管された為、廃盤にはなっていない。現在もアリオラジャパンのカタログとして残されている。

サウンドトラック[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2009年10月07日 ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 オリジナル・サウンドトラック BVCL-29
2009年12月16日 NHK教育テレビ アニメ「獣の奏者 エリン」オリジナル・サウンドトラック 2 BVCL-52
2009年12月09日 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」Original Sound Track BVCL-59
2010年03月03日 映画「スイートリトルライズ」オリジナル・サウンドトラック BVCL-86
2010年09月15日 BECK THE MOVIE Soundtrack BVCL-133
2010年12月22日 ドラマ「もやしもん」オリジナル・サウンドトラック BVCL-162
2011年09月28日 はやぶさ/HAYABUSA ORIGINAL SOUNDTRACK BVCL-260
2011年12月14日 friends もののけ島のナキ オリジナル・サウンドトラック BVCL-291
2014年11月26日 NHKドラマ10「さよなら私」 オリジナル・サウンドトラック BVCL-622
2015年12月09日 さらば あぶない刑事 オリジナル・サウンドトラック BVCL-689

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2009年09月30日 モンハン音楽部 〜MONSTER HUNTER 5th Anniversary〜 BVCL-26
2009年12月09日 THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM BVCL-50
2009年12月16日 冬ノうた AUCL-20007
2010年02月10日 RESPECT!!! THE BLUE HEARTS -A Reggae Tribute to THE BLUE HEARTS- BVCL-53
2010年03月03日 ありがとうのうた BVCL-78
2010年04月07日 Re:MUSIC!! -JAPANESE SAMPLING CLASSICS- BVCL-82
2010年05月26日 SPIRITS 30 ビッグコミックスピリッツ創刊30周年記念 TV & Movie テーマソング集 BVCL-97
2010年07月28日 熱闘甲子園のうた 〜夏の高校野球応援ソング BVCL-115
2010年12月01日 ロマンチスト〜THE STALIN・遠藤ミチロウTribute Album〜 BVCL-148
2011年01月26日 ぜんぶ恋がかなう歌 〜歌詞伝説〜 BVCL-170
2011年07月27日 情熱大陸 LIVE BEST BVCL-231
2011年12月21日 言葉にできない〜小田和正ベストカバーズ〜 BVCL-297
2012年02月22日 カノジョは嘘を愛しすぎてる MIX TAPE VOL,1 BVCL-214
2012年03月07日 KOBE COLLECTION×TOKYO RUNWAY The BEST BVCL-314
BVCL-316
2012年08月22日 Some Love 愛の唄 BVCL-417
2014年04月16日 島田印 -島田昌典ワークス・ヒットコレクション- BVCL-588
2014年04月23日 MOTHER 〜感謝〜 BVCL-589
2015年03月04日 龍が如く0 〜80's Hits!Collection〜 BVCL-632
BVCL-633

関連項目[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 規格品番がBV*Rに該当。尚、ファンハウスも同グループ。角松敏生・福山雅治・シャ乱Q・DEENらが所属。
  2. ^ 規格品番がBV*Sに該当。MISIA松たか子が所属。
  3. ^ 末期のバンド名は、「!wagero!」。
  4. ^ (株)ソニー・ミュージックエンタテインメントによる株式会社BMG JAPAN 完全子会社化 (PDF)
  5. ^ (株)BMG JAPAN 役員の変更、執行役員制の導入及び組織改正等について (PDF)
  6. ^ グループ会社の役員人事について (PDF)
  7. ^ グループ会社再編および商号変更に関するお知らせ (PDF)”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2014年2月17日). 2014年4月3日閲覧。
  8. ^ 平井堅 レーベル移籍のお知らせ - ソニー・ミュージックオフィシャルサイト
  9. ^ オーガスタレコードから発売されている作品の原盤権は、オフィスオーガスタが保有している。