アリスティエデ・ゾグボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アリスティエデ・ゾグボ Football pictogram.svg
名前
本名 アリスティエデ・ブノワ・ゾグボ
Aristide Benoît Zogbo
ラテン文字 Aristide Zogbo
基本情報
国籍 コートジボワールの旗 コートジボワール
生年月日 (1981-12-30) 1981年12月30日(36歳)
出身地 アビジャン
身長 184cm
ユース
-2004 コートジボワールの旗 Issia Wazy
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2007 コートジボワールの旗 Issia Wazy 55 (0)
2007-2009 エジプトの旗 イテハド・エル・ショルタ 45 (0)
2009-2010 イスラエルの旗 マッカビ・ネタニヤFC 24 (0)
2012- コートジボワールの旗 ES Bingerville
代表歴
2008-2010 コートジボワールの旗 コートジボワール 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2010年5月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アリスティエデ・ゾグボ(Aristide Benoît Zogbo,1981年12月30日 - )は、コートジボワールアビジャン出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ゾグボは25歳になるまで高サッサンドラ州のIssia Wazyでプレーしていた。2006年にコートジボワール・カップを優勝し[1]、2007年にも決勝に進出したが、AESCミモザに0-3で敗れた[2]

2007年7月1日、コートジボワールのクラブのIssia Wazyからエジプトのイテハド・エル・ショルタに移籍した。2009年9月3日までイテハド・エル・ショルタでプレーし、マッカビ・ネタニヤFCに1年契約で移籍した。2010年夏に契約を満了し、コートジボワールに戻りES Bingervilleと契約した[3]

代表[編集]

エジプトでの活躍を評価され、2007年以降コートジボワール代表に召集された。ヴァヒド・ハリルホジッチ監督の下、2008年5月24日の日本代表戦、ワールドカップ予選ギニア代表戦やドイツ代表との親善試合に出場した。正GKのブバカル・バリーに次ぐ第2GKとしての地位を確立し、アフリカネイションズカップ2010のメンバーに選出されたが、出場機会は無かった。スヴェン・ゴラン・エリクソン監督が率いる2010 FIFAワールドカップに向けたコートジボワール代表にも選出されたが、この大会でも出場機会は無かった。

タイトル[編集]

Issia Wazy
  • コートジボワール・カップ英語版:1回 (2006)

脚注[編集]